アルギニンを摂取しないとどうなるの?アルギニンの効果と副作用、摂取方法

アルギニンと言う名前を聞いても、あまりピンとこない方がほとんどだと思います。
また、名前は知ってるけどどんな働きや効果があるのかあまりわからない。と言う方もいらっしゃるかと思います。
アルギニンはアミノ酸の仲間です。
そしてなくてはならない栄養素であり、私たち人間にいろんなメリットをもたらす重要なものでもあります。

 

そこでここでは、アルギニンの基本情報や効果効能、もし不足してしまった際どんな悪影響が体に出るのか、逆に過剰摂取すると副作用等はあるのか、どんな食べ物に多く含まれるのか、どんな方法で摂取するのがオススメなのか、といった様々な視点からアルギニンに関する情報を特集していきたいと思います。

 

今現在特に興味がある方は、ぜひ参考にしてみてくださいね♪

 

アルギニンの基本情報を簡単におさらい

アルギニンはタンパク質を構成するアミノ酸の仲間です。
そのアミノ酸の中でも、体の中で作り出されるアミノ酸は通常のアミノ酸で、体の中で作り出すことができず食物から摂取するしかないアミノ酸は必須アミノ酸と呼ばれています。
アルギニンは体の中で作ることができるので、通常のアミノ酸になります。
そうともなれば、普段の食事で意識的に摂取する必要は無いのでは?
と思われがちですが、アルギニンを始めいろんな栄養素は、年齢とともに作られる量が減ってしまうものなのです。

 

そのため、サプリメントを活用してでもアルギニンを継続的に摂取される方もいらっしゃるんですよ。

 

そんなアルギニンは、ただ単にタンパク質を作るのに必要なもの。と言うだけでなく、私たちの体の中で様々な効果をもたらしてくれる重要な存在であることがわかります。

 

アルギニンは体の中でいろんな働きをする

それではアルギニンの効果効能についてお話ししていきたいと思います。
アルギニンの効果効能として最近注目されているのは健康力の促進や疲労回復効果です。
最近では年齢を重ねた方だけでなく、若い方も健康志向の方が増えてきていますよね。
また、忙しい現代人にとっては、いかに効率よく体の疲れを取り除くか。というのも日常のテーマの1つになっている方も少なくないと思います。

 

アルギニンは、今お伝えしたように健康のサポートや疲労回復効果が期待できるため、若い方から歳を重ねた方まで幅広く頼られている栄養でもあります。

 

実際に、アルギニンの働きによって後から侵入してくる細菌をブロックしたり、体の中で日々発生する癌細胞と戦ってくれたりしています。

 

そして、男性のいわゆる「男性力」もサポートしてくれるアミノ酸としても有名なんです。
性欲が衰えてしまっている方にも選ばれており、男性が原因の不妊症に対しても効果的とされているため、妊娠活動中の男性がアルギニンのサプリメントを摂取される場合もあるんです。

 

そして、アルギニンは大人だけにメリットがあるのではなく、子供に対してもメリットがあります。
それは成長ホルモンを助ける働きです。
アルギニンは成長ホルモンの生成を助ける作用も兼ね備えています。
成長期のお子さんの場合、成長ホルモンあっても体の成長ですので、それをサポートするアルギニンは不足することなく毎日摂取をし続けたいものになるでしょう。

 

このように、老若男女問わず多くのメリットをもたらしてくれる素晴らしいアミノ酸なんですね♪

 

アルギニンが多く取れる食べ物は◯肉

アルギニンがたくさん含まれている食べ物としては、肉類、魚介類、豆類など意外と幅広くあります。
その中でも特に多いとされるのはやはり肉類です。
肉類の中でも特に豚肉は1番多くアルギニンを摂取しやすい食品として有名です。

 

文部科学省の情報によると、豚肉を100グラム食べるとそれで7,900ミリグラムものアルギニンを摂取できることがわかっています。
なので、効率よくアルギニンを普段の食事で補給していきたいと言う形は豚肉を積極的に食べると良いでしょう。
一方、ベジタリアンもしくはヴィーガンの方の場合は、大豆をお勧めします。
豚肉よりは少し数が劣ってしまいますが、大豆でも100グラム摂取すれば6,700ミリグラムものアルギニンを補給することができます。
これは決して少ない数ではなく十分な数です。
ですので、ベジタリアンやビーガンの方だけでなく、ダイエッターの方も、日常的に大豆食品を摂取して行くのもいいですね。

 

その他には、卵、かつお、エビ、ホタテ、いわし、ニンニク、小麦、落花生など、私たちにとって身近で非常に様々な種類の食品にアルギニンがたくさん含まれています。
そのように考えると、和食をイメージして毎日食事をとればアルギニンが不足する事はあまり考えられないですよその他には、卵、カツオ、エビ、ホタテ、イワシ、ニンニク、小麦、落花生など、私たちにとって身近で非常に様々な種類の食品にアルギニンがたくさん含まれています。
そのように考えると、和食をイメージして毎日食事をとればアルギニンが不足する事はあまり考えられないので、和食を意識してみるのもありかもしれません。

 

アルギニンの摂取量の目安は?

アルギニンの1日の摂取量の目安は意外と大雑把です。
大体1グラムから8グラム程度摂取すればそれで良いとされています。
先程の話で行くと、豚肉を100グラム食べると約7,900ミリグラムものアルギニンが摂取できるわけですから、グラムに直すと7.9グラムのアルギニンが摂取できることになります。
このように考えると、極端に意識しなくても普通にバランスの良い食事が取れていればアルギニンの慢性的な不足を心配する必要もなさそうです。

 

アルギニンの過剰摂取は危険なの?

どれだけ良い栄養素でも、過剰に取りすぎると良くない栄養ってありますよね。
実はアルギニンもそのうちの1つです。
副作用としては、場合によっては下痢もしくは便秘になるなど、お通じトラブルや腹痛に発展することもあるようです。
しかし、アルギニンの過剰摂取は、ハンバーグを1日で50個も食べたり、そういった極端な食べ方をした場合に限るそうです。
ですので普通に食事をしていれば、たとえサプリメントで並行して補給していても、過剰摂取を心配する必要はなさそうです。

 

また、アルギニン自体はそもそも体で作られているものですので、たとえ出産後の授乳中の方がたとえ 摂取したとしても、成分的な害がないと言う事は覚えておきましょう。

 

なので、基本的にアルギニンは副作用の心配がゼロではないけれども、特に心配に及ぶものではないと言う認識で良いかと思います。

 

アルギニンが不足するとどんな悪影響があるの?

しばらく前の段落で、アルギニンにはどんな働きがありどんな体の効果をもたらしてくれるのかと言う話がありましたね。
わかりやすく言うと、アルギニンが不足すればその働きが弱くなるため体に不調が現れやすいと考えることができます。
免疫力が低下してしまったり、体が疲れやすくなってしまったり、そういった感じです。

 

また、これは余談になりますが、アルギニンにはお肌の潤いをもたらす働きもあります。
肌荒れには様々な原因がありますが、外側のアプローチはしっかりできているのになかなか肌荒れが治らない。と言う場合は、もしかするとアルギニンの不足が考えられるかもしれません。
心当たりのある方は、アルギニンの摂取を心がければ肌の状態も変わってくるかもしれませんね。

 

食事では厳しい方はサプリでアルギニンを摂取しよう!

記事内でもお話ししているように、アルギニンは普段の食事で摂取しやすいアミノ酸です。
しかし、一人暮らしの方や出産後の育児生活で毎日忙しい日々を過ごしている方など、状況によっては毎日バランスの良い食事を用意するのが困難な方もいらっしゃるでしょう。
とは言え、アルギニンは重要なアミノ酸ですから摂取しないわけにはいきませんよね。

 

そういった場合は、サプリを活用するのがオススメです。
基本的にはアルギニンがたくさん含まれているものであれば何でも良いので、関連して同時に補給できる栄養素や価格帯などを見て判断されると良いかと思います。

 

なお、何かオススメを1つ言うならば、個人的にはユーグレナのミドリムシサプリがお勧めです。
このサプリメントには、アルギニンを始めとして、何十種類もの体に必要な栄養を同時に補給できます。
まるでプロテインドリンクのように、アルギニン以外のたくさんのアミノ酸も補給することができますよ。

 

さらには、授乳中の方でも安心して摂取できるほど安全性が高いと言うこともあり、小さなお子様からお年寄りまで幅広い年代の方も服用できると言うメリットもあります。
先ほども言ったように、アルギニンの補給がメインなのであれば、基本的にはアルギニンだけでも十分含まれていればそれで良いですが、せっかくお金をかけるならばちょっとでもいいもの選んでいきたいですよね。
そういった場合は、ミドリムシサプリをいちどチェックしてみるといいかもしれません♪

スポンサードリンク