産後の白髪染めにトリートメントタイプが選ばれるのはなぜ?

産後の授乳中の方の多くにトリートメントタイプの白髪染めが選ばれていることをご存知でしょうか?
なぜ産後の白髪染めにトリートメントタイプのものが選ばれるのかと言うと、授乳中の白髪染めは特に安全性が求められます。
なので、危険性が高いと言われている通常の白髪染めは避けられる傾向にあるのです。

 

そこでこのページでは、通常の白髪染めが授乳中は危険な理由や、美容院での白髪染めはどうなのか?また、トリートメントタイプの白髪染めは何を使ったら安全なのか。

 

と言う部分についてみていきたいと思います。

 

目次

  • 産後の授乳期に市販の安い白髪染めが危険な理由
  • 産後のママにとっては美容院の白髪染めも100%安心ではない
  • 最近は安全な白髪染めトリートメントがたくさんある
  • 授乳中はもちろん、妊娠中でも安全な白髪染めトリートメントはコレ!
  • 産後の白髪を予防する方法
  • まとめ

 

産後の授乳期に市販の安い白髪染めが危険な理由

産後の授乳中に市販の手軽に手に入る通常の白髪染めが危険な理由は、その特徴に関係しています。

 

そういった白髪染めは多くの人が簡単に、尚且つ確実に白髪染め出来るように、美容院などで使われているカラー剤よりもはるかに強い刺激のある毒性の強い成分がたくさん使われているんです。

 

その毒性の強い成分と言うのは、例えば妊娠中の方が使うと頭皮から体内に吸収され、子宮に溜まっていき赤ちゃんに様々な悪影響を及ぼすと言われています。
授乳中の場合は少し状況が違ってきますが、頭皮からそのような成分が吸収され体内に入り込んでしまうと言うのには変わりありません。

 

もしそれが母乳を通して赤ちゃんに移ってしまったら。。

 

と思うと、多くのママさんがそれを避けるわけです。
このような理由から市販の安い白髪染めは危険だとされており、多くのママさんが安全性の高いトリートメントタイプの白髪染めを使うようになっているんです。

 

一方美容院では、自分の体質や髪の毛の質等に合わせてカラー剤を調整してくれます。
なので危険を最小限に抑えてくれると言うこともあって、市販の白髪染めを選ぶよりは断然美容院で白髪染めをした方が安全だといえます。

 

産後のママにとっては美容院の白髪染めも100%安心ではない

 

先程の段落で、市販の白髪染めを選ぶよりは美容院で白髪染めをしてもらったほうが安全だといえます。
そうお伝えしましたが、この段落のタイトルにもあるように100%安全だと言うわけではありません。

 

お伝えしたように、確かに市販のものよりはずっと安全だと言う捉え方ができます。

 

ですが美容院のカラー剤にも、物によっては先ほどお伝えした赤ちゃんにとって危険な成分であるジアミン系染料と言う成分が含まれているようです。
多かれ少なかれ、そういった成分は体内に吸収されて行きます。

 

ただ、最近ではそのような危険な成分が体内に吸収されたところで赤ちゃんに悪い影響は無い。
そのような意見を持つお医者さんがたくさんいらっしゃるのも事実です。

 

そういった考えが広まっているため、最近では妊娠中でも授乳中でも白髪染めを行っている美容院が増えているんです。

 

 

…とは言っても、少しでもそのような危険性のある成分が入ってるとなると安全性を重視したいママさんにとっては、不安な要素が残ってしまいます。

 

そんな中でも、授乳中のママさんが安心して白髪染めを行えるのが、先ほどお話しした白髪染めトリートメントです。

 

最近は安全な白髪染めトリートメントがたくさんある

 

最近では、授乳中や妊娠中でも安心して白髪染めを行いたい。
このようなニーズに合わせたトリートメントタイプの白髪染めがたくさん増えているんです。

 

そのような安全性を高めたトリートメントタイプの白髪染めは、先ほど紹介したようなジアミン系染料などの危険な成分が一切含まれていなかったり、無添加で天然成分の作りになっているものがたくさんあります。

 

だからこそ、授乳中の方でも危険な成分を気にせずに安心して白髪染めをすることができるんですよ!

 

授乳中はもちろん、妊娠中でも安全な白髪染めトリートメントはコレ!

 

授乳中はもちろん、妊娠中でも安心だよ!そう言われるとかなり心強く感じますね!
このページでお勧めしているトリートメントタイプの白髪染めは、利尻ヘアカラートリートメントです。

 

この白髪染めトリートメントは、ここ数年で妊婦さんや授乳中のママさん達から大変支持を集めているアイテムですので、中にはいちど耳にしたことがあると言う方もいらっしゃるかもしれません。

 

ですが、わたしはまだ聞いたことがない。という方もたくさんいらっしゃるかと思いますのでそういった方のために、簡単に利尻ヘアカラートリートメントの特徴を見ていきたいと思います。

 

利尻ヘアカラートリートメントは、自宅でシャワータイムの時に手軽に白髪染めができるアイテムです。
通常の白髪染めのように髪の毛を内側から黒く染めていくと言うわけではなく、髪の毛の外側から黒を足していくと言うようなヘアマニキュアタイプのとも言われている白髪染めです。

 

このタイプの白髪染めのメリットは、成分の分子が通常の白髪染めよりも断然大きくなっているため、頭皮から成分が吸収されにくくなっているという性質があります。
ただ、利尻ヘアカラートリートメントには元々毒性のある危険な成分が含まれていないため、そういった事は心配する必要はありません。

 

もちろんこちらは、ジアミン系染料のような人体や赤ちゃんにとって危険な成分は一切入っていません!

 

だからこそ、今現在授乳中で白髪に悩んでいるため、できれば染めたい。
…でも赤ちゃんが危険になるぐらいなら我慢する。

 

という方にオススメな白髪染めアイテムになります。

 

産後の白髪を予防する方法

できてしまった白髪染めに対しては、白髪染めトリートメントを使って対処することをお勧めします。
ですが、日常的に白髪ができにくい状態にもっていくコツがあるため、日常の中で何か白髪予防を行いたい。
と言う方は、以下のポイントを日常に取り入れてみると良さそうです。

 

栄養のバランスを見直す

多くの方が妊娠中はきちんと栄養バランスを気にすることができていても、産後の授乳中は育児や家事に追われるあまり、自分自身の栄養バランスをあまり気にしない方がとても多いようです。

 

実際に育児と家事の両立はとても忙しいため、自分のことを二の次にしてしまう気持ちはよくわかります。
しかし、健康的な黒くてしっかりした髪を育てるには、ミネラルやタンパク質をきちんと補給する必要があります。

 

授乳中はそういった重要な栄養素が赤ちゃんに優先的に渡っていくため、普通の食事をしていては自分自身に必要な栄養素が気づかないうちに不足してしまうこともあるんです。
なので、産後一気に白髪が増えた。という方は、ご自身の栄養バランスをいちど見直してみると良いかもしれません。
食事の見直しが厳しいと言う場合には、サプリメントで栄養補給をするという手段もあります。

 

ストレスと向き合う

同じく授乳中の時期は、睡眠不足や日常の忙しさなど、様々な要素からストレスをいつもより感じやすい状況にあります。
ですが、このような状況をそのままにしてしまうと、ストレスは蓄積される一方で、ストレスを常に感じているような状況は血管を収縮してしまう原因にもなります。

 

そうなると、髪の毛に必要な栄養素が十分に行き渡らなくなってしまうため、きちんと栄養補給をしていたとしても白髪が改善されない。ということになりうるんです。

 

・・・このような理由から、ストレスと向き合うことと、栄養バランスの見直しが白髪予防には必要になってきます。

 

まとめ

ここまでの要点を簡単に振り返っていきたいと思います。

 

  • 産後の白髪染めにトリートメントタイプのものが選ばれる理由は、通常のカラー剤より圧倒的に安全性が高いから。
  • 市販の安い白髪染めが危険な理由は、赤ちゃんに危険性のある成分がたくさん含まれているから。
  • 美容院の白髪染めも100%安全と言う確証はない。
  • 最近は授乳中でも妊娠中でも安全な白髪染めトリートメントが出ている
  • どんな白髪染めトリートメントを選べば良いか分からない方は利尻ヘアカラートリートメントがオススメ。
  • 白髪の予防には栄養バランスの見直しとストレスとの向き合い方が重要。

 

少々長くなってしまいましたが、これらの色々な理由から他のママさんの様に、授乳中の白髪染めはトリートメントタイプの白髪染めで安全に行う方が良いのではないかと思います。
少なくとも、危険性が高いと言われている市販の手ごろな白髪染めは避けた方がよさそうです。

スポンサードリンク