ユッキーナの産後ダイエットのやり方は何が違うの?

2012年の8月6日に無事女児を出産した木下優樹菜さんの産後ダイエットを参考にしてみましょう。

 

木下優樹菜さんは集英社のファッション雑誌『PINKY』や講談社の『ViVi』などの専属モデルを務め、テレビ番組のクイズヘキサゴンなどでもブレイクをはたし、有名人の仲間入りを果たした彼女は、お笑い芸人のフジモンこと藤本敏史さんとの結婚、そして出産と素敵な人生を歩んでおられます。

 

現在もテレビで活躍される彼女には、出産したことなど想像もできないほど、きれいな体型を維持されており、このページでは木下優樹菜さんが出産ダイエットで行った方法を特集してみようかと思います。

 

木下優樹菜さんの産後ダイエットのやり方

木下優樹菜さんは「ユキナ産。」という彼女の著書で、産後ダイエットに関して骨盤矯正にために「磯部整体Vセンター」を利用している事や、日頃から炭水化物を減らす事を意識して、マッシュポテトなどで代用している事、バナナ、豆乳or牛乳、バニラエッセンス一滴黒ゴマなどを入れた特性スムージーで食事を代用している事を書かれています。

 

これらはつまり特殊なダイエットをしたということよりも、当たり前の産後の生活にちょっとした工夫を行ったことを意味したりするんですね。
また、これらと同時に母乳育児を行ったこともいわれています。

 

海外でも母乳育児を行って自然に産後ダイエットを行う方が多くおられて、現在は母乳育児が見直されていることも起因するでしょう。
また、ユッキーナが朝食にスムージーダイエットを常日頃から行って、体の健康管理をされていることも産後ダイエットの成功にひとつ重要なこととしてつながっているんだと思います。

 

母乳育児のダイエット効果

母乳育児をされている方に該当する話になりますが、木下優樹菜さんが有効活用していたように、授乳期間と言うのはダイエットをするのに非常に有効的な期間だと言われています。

 

そこで、母乳ダイエットについて少しお話しをしていきたいと思います。
そもそも、母乳育児だとなぜそこまで痩せることができるのか気になりませんか?

 

なんと母乳育児を続けていると、総合的に見ていちにちあたり500キロカロリーを消費すると言われています。

 

この数字は1時間以上ジョギングをしないと消費できないカロリー量だと言われています。
1日赤ちゃんにおっぱいをあげていると、運動もせずに体に負担をかけない状態であっても、これほどにもたくさんのカロリーを消費することができるんです。

 

木下優樹菜さんは、こういった母乳育児のときのカロリー消費量を最大限に生かしてダイエットをされていたんです。

 

母乳ダイエットを成功させるためには

先程の内容から、母乳育児をしているといちにちあたりの消費カロリーがとても大きいということがわかりました。

 

だからといって普段の食事やおやつの時間などでたくさんカロリーを摂取してしまって良いではあまり効果がないのは当たり前のことです。
かといって母乳育児をしている最中はすごくお腹が空いてしまいますよね?

 

そこでポイントになってくるのが、母乳育児中の空腹をどのようにして攻略するかという部分です。

 

ポイントはいくつかありますが、最も効果的な手段として選ばれているのが食事を和食中心にすることです。
和食といっても揚げ物等ばかりを使っていてはあまり意味がありません。
豆腐、鶏肉などの低カロリーで高タンパクの食品や、体を温めるような効果が高い野菜等をバランスよく和食のメニューとして取り入れることが大切です。
カロリーを抑えながらも必要な栄養分を摂取し、なおかつ満腹感もそれなりに得ることができます。

 

そして間食の際のおやつは、洋菓子ではなく和菓子を選ぶことです。
母乳育児をしていると糖質が低いものがいいとはわかっていても甘いものが欲しくなってしまう気持ちはよくわかります。

 

そういったときは質が低い和菓子がお勧めです。ただ私の中でもお餅はとてもカロリーが高いため母乳を詰まらせてしまう原因となります。
オススメなのは食物繊維が豊富な寒天ゼリーです。

 

産後のスムージーダイエット

今や聞いたことがない方はほとんどいないくらい有名になったスムージーダイエットですが、スムージーダイエットというと極端なファスティングをしたりなど、出産後の授乳中の方にはあまりオススメされなそうなイメージをお持ちの方もたくさんいらっしゃるかと思います。

 

ですが、スムージーの中でも、グリーンスムージーは特に授乳中の方にこそ飲んで欲しいドリンクとして知られていることをご存知でしょうか?

 

インターネットでは授乳中に果物をたくさん摂取すると乳腺が詰まりやすくなってしまうため授乳中は果物の取りすぎを控えるようにとも言われていますが、果物の様々な栄養が含まれているグリーンスムージーを授乳中の方が飲んでも乳腺炎になった事は1度もないと言う方がほとんどです。

 

また、グリーンスムージーの原材料では果物がたくさん使われているため、糖分を心配される方もいらっしゃるかと思いますが、間食がてらチョコレート焼く、ケーキなどを食べてしまうよりもよっぽどマシだと言われています。

 

さらに、グリーンスムージーを飲み始めると、野菜や果物の酵素または栄養分などで体内が満たされて、必要以上にお菓子を食べたくなると言う衝動が減ったと言う方もいらっしゃるようです。

 

なお下のボタンからチェックできるページでは、授乳中の方でも安心して飲むことができる上にダイエット効果が非常に高いとして評判のスムージーを紹介しています。

 

木下優樹菜さんも出産後のダイエットに実際に取り入れていたスムージーダイエットをあなたも挑戦してみませんか?

 

スポンサードリンク