産後の乳首の黒ずみは治るの?

産後の乳首の黒ずみは、多くのママさんが抱える悩みの1つでもあります。
また、世の男性の中には“嫁の乳首が黒ずんでて正直幻滅してしまった”という方も少なくないようです。
こうしてセックスレスにも発展しかねない・・・。
産後の乳首の黒ずみはちゃんと治るの?

 

という部分もまた気になるところだと思いますが、そこは安心してください。
出産後の乳首の黒ずみは妊娠期間に増加した女性ホルモンのバランスが落ち着いてくることで、次第に薄くなってくると言われています。

 

しかしここで忘れてはいけないのは、何もせずに妊娠前の状態に戻るということではなく、妊娠前のきれいなバストトップの状態にもっていくには出産後に正しいケアをきちんと行っていく必要があるということです。

 

そこでこのページでは、出産後に乳首が黒ずんでしまう原因を始め、黒ずんでしまった乳首を薄いピンクの状態に戻すために必要な正しいケアの方法を紹介していきたいと思います。

 

産後の乳首の黒ずみの原因はなに?

出産後の乳首が黒ずんでしまう原因は、妊娠中に増加した女性ホルモンが大きく関係しています。
女性の体は妊娠すると女性ホルモンであるエストロゲンとプロゲステロンが分泌されていう特別な状態です。

 

特に黄体ホルモンと呼ばれるプロゲステロンは、黒ずみの元となるメラニン色素を多く発生させる働きを持ちます。

 

そして、メラニン色素が肌に色素沈着すると黒ずみとなります。

 

妊娠していなくても、紫外線を浴びたり肌に優しくない衣類が擦れあったりしまうと、乳首にメラニン色素が発生してしまいます。

 

こうして乳首にメラニン色素が発生してしまうことがあれば、乳首が黒ずんでしまう原因となります。
しかし、今お伝えしたように妊娠中は女性ホルモンの働きによってメラニン色素が発生しやすい状態です。
だからこそ妊娠中は通常よりも肌が黒ずみやすいのです。

 

そして、妊娠中に黒ずんでしまった乳首が出産後にも続いてしまい、出産後の悩みのタネを増やしてしまっていたんです。

 

産後の乳首の黒ずみ改善に出来ること

このページの冒頭では、出産後に女性ホルモンのバランスが安定してくると同時に、出産後の乳首の黒ずみも徐々に薄くなっていくという話がありました。

 

しかし出産後に適切なケアを行わなければ、乳首の色がきちんとピンクに戻らない場合もあるようです。

 

では、出産後の乳首の黒ずみを改善するためには何ができるのかについてみていきたいと思います。

  • 新陳代謝を上げる
  • 睡眠時間をしっかりとる
  • 女性ホルモンの増加を抑える
  • 活性酸素を抑える
  • 禁煙
  • 適度な運動
  • 食事に気をつける
  • 美白クリーム
  • ボディソープ
  • ブラジャーを変えてみる
  • 紫外線を浴びすぎない

それでは、それぞれの乳首の黒ずみケア方法について見ていきたいと思います。

 

新陳代謝を上げる

妊娠期間に黒ずんでしまった乳首をピンクの状態に戻すためには、肌のターンオーバーの活性化が必要不可欠になります。

 

肌の代謝のことをターンオーバーというのですが、このターンオーバーが活発に働き、黒ずんでいる黒い角質をどんどん皮膚表面から剥がしていき、新しい細胞に入れ替わる仕組みを作っていくことが大切です。

 

しっかり寝る

本来であれば、夜10時から深夜2時の肌のゴールデンタイムと呼ばれている時間帯にしっかり寝ていることが好ましいと言われています。

 

ただ出産後まもなくは特に、そのタイミングでしっかりと寝ること自体が困難な方も少なくないかと思います。
そういった場合は、日中も可能な限り昼寝の時間を確保するなどしてできるだけ睡眠時間をとります。

 

こまめに質の良い睡眠を繰り返すだけでも、肌のターンオーバーに良い影響を与えるといわれています。

 

女性ホルモンをコントロールする

原因の部分でお伝えしましたが、乳首が黒ずんでしまう原因は女性ホルモンが大きく関係しています。

 

出産後は女性ホルモンの分泌も減っていきだんだんと安定してくるのですが、
それに加えて食事によって女性ホルモンをある程度コントロールすることも黒ずみ改善で有効な手段だと言われています。

 

具体的には、大豆製品に豊富に含まれているイソフラボンを意識的に摂取していくことで女性ホルモンのコントロールが可能になります。

 

しかし、過剰摂取をしてしまうと体調不良にもつながってしまうため適切な摂取が大切です。

 

もし、お豆腐からイソフラボンを摂るなら『毎日食べるなら半丁(0.5丁)』くらいにするのが良いでしょう。

活性酸素を抑える

活性酸素は体の中をさびさせて、老化を加速させてしまうものです。

 

この活性酸素を抑えることで、黒ずみの原因となっているメラニン色素をを抑制できると言われています。

 

活性酸素を抑えるためには、βカロチンを含むにんじん、かぼちゃ、リコピンがたくさん取れるトマトを積極的に取ると効果的です。

 

また、食品添加物の多い食べ物を食べ過ぎてしまうと活性酸素が多く発生する原因となるようですので、できるだけ食品添加物が多い食べ物は避けたほうが良さそうです。

 

禁煙

タバコをすることによって活性酸素が多く生み出されると言われています。

 

つまり、喫煙をすると体内がさびつきやすくなってしまい、乳首の黒ずみ改善に必要な肌のターンオーバーを遅らせてしまうきっかけになります。

 

そのため、黒ずみ改善をできるだけ早く行いたいという方はタバコを控えた方が良さそうです。

 

適度な運動

育児自体がかなりの重労働ですし、それに加えて家事をこなしているままさんは、運動不足にはならないかと思います。

 

ただ、それに加えて空き時間などでストレッチやウォーキングなどの簡単な運動を日常的に行っていくことで、肌のターンオーバーを活発にすることができるようです。

 

食生活の改善

食生活を改善することで体の内側からキレイになっていく事は多くの方がご存知かと思います。
それには黒ずみも同じことが言えるようです。

 

具体的には、野菜の中でも美白効果のあるビタミンBやビタミンCを積極的に取るようにするのがオススメです。

 

なお、ビタミンBは大豆製品、果物類、卵、うなぎなど身近な食べ物から多く摂取することができます。

 

ビタミンCをたくさん含む食べ物には、赤ピーマン、黄色ピーマン、ゆず、アセロラ、レモン、ブロッコリー、カリフラワーなどがあります。

 

毎日忙しい中でこうした食生活の改善を行うのは簡単なことではありませんが、上記のような食べ物を意識的に取り入れられると良さそうです。

 

どうしても厳しい場合には、サプリメントを活用することも効果的です。

 

美白クリーム

どうしても黒ずみが改善されないという場合には、黒ずみ対策専用の美白クリームもあります。

 

これには肌の古くなった角質を取り除く働きがあります。

 

ただ、美白クリームは乳首に直接塗り込むものですので、母乳育児中の方は基本的に使用を控えるようにしましょう。
(乳首の黒ずみ改善は、卒乳後からでも遅くはありません)

 

ボディーソープ

美白クリームは授乳中の方にはお勧めできない乳首の黒ずみケアでしたが、授乳中の方には黒ずみ対策専用のボディーソープがお勧めです。

 

ボディーソープの場合入浴中に使用して洗い流してしまいますので、即効性は薄れてしまいます。
ですが赤ちゃんの口に触れることがなく安全性が高い改善方法ですので、授乳中の方には安心です。

 

ブラジャーを変える

乳首の黒ずみは衣類などの刺激によっても発生してしまいます。
そのため乳首にできるだけ刺激を与えないように硬い素材のブラジャーを避けて、天然素材の柔らかいものを選ぶのが効果的です。

 

また、乳首が擦れないように保護されているものもあり、そういったブラジャーを使うと皮膚への刺激が抑ええられるので新陳代謝の進みで自然に解消出来やすくなりますよ。

 

紫外線に気をつける

紫外線を浴びせてしまうとその部分の色素が活発になりさらなる黒ずみやとつながってしまいます。
なので胸をできるだけ紫外線に当てないように注意することも必要です。

 

外に出ていなくても、紫外線は窓からも入ってきます。
窓辺を避けて授乳することも乳首の黒ずみ予防に効果的です。

 

高齢出産の人は戻りにくい?

乳首に限らず肌の黒ずみは、ターンオーバーさえ正常になっていれば多くの場合自然と下の肌色に戻っていくと言われています。

 

近しい高齢出産の方の場合は、ターンオーバーにかかる時期が大きく遅れると言われています。
つまり、その分肌の黒ずみが元の状態に戻りにくいということです。

 

なので高齢出産の方の場合は、体の中のアンチエイジングをすることを第一に考えた方が良いと言われています。
そのためには生活習慣そのものを見直して体の若作りをしていくことが必要です。

スポンサードリンク