ココナッツオイルって産後ダイエットにどうなの?効果や安全性、使い方まとめ

「産後ダイエットにココナッツオイルを使って効果あるの?」と疑問に感じていらっしゃる育児中のママさんも多いのではないでしょうか。
また、「ココナッツオイル授乳中の場合に赤ちゃんへの影響はないの?」とか、
「ココナッツオイルで便秘を解消したという人が下痢になったなんていう話を聞くけど
授乳中でも大丈夫なの?」といった疑問を持ってらっしゃる方も多いかと思います。

 

結論から言うと、ココナッツオイルは授乳中の方でも安全で、高い脂肪燃焼効果、整腸作用からの便秘改善効果などが期待できるものです。
・・・ですが、ココナッツオイルの魅力はそれだけではありません。ココナッツオイルには、授乳中に使うことで愛しい赤ちゃんに対しても嬉しい健康メリットが期待できます。
そこでこのページでは、産後の授乳中ダイエットでのココナッツオイルの安全性や効果、使い方、様々なメリットなどを詳しく見ていきたいと思います。

ココナッツオイルのダイエット効果

産後のココナッツオイルのダイエットの効果は、“脂肪燃焼サポート効果”です。
多くの方がダイエットをする際、体脂肪をどうにかしたいと思うはずです。その体脂肪をどうにかするのに強力なサポート効果を発揮してくれるのが、ココナッツオイルです。

 

また、産後の授乳中に子育ての大変さでストレスを溜めてしまったり、それがきっかけで病気になったり、もっと酷ければ『産後うつ』になってしまう可能性もあります。
そういったことを防ぎながら健康的に産後の体型戻しを行っていける可能性があるのがココナッツオイルとも言われています。

授乳中の産後ダイエットにココナッツオイルはどう?

ココナッツオイルのダイエット効果以外のメリット

ココナッツオイルと言えばダイエット効果が有名ですが、大人から赤ちゃんまで体のマッサージにも使われたり、ホワイトニングに使われたりもします。
このように高いポテンシャルを持つココナッツオイルは、脂肪燃焼をサポート効果のようなダイエット効果以外にも、様々な嬉しいメリットが期待できます。

腸内環境が整う

授乳中のママさんにとって、腸内環境整えると言うのは非常に大切なことなんです。
腸内環境整えると便秘の改善・予防ができ、そうすることで血液の質が高まります。赤ちゃんに与える母乳は血液から作られますので、血液の質が高まれば当然母乳の質にも良い影響が出ます。
そうなると授乳中の産後ダイエットでココナッツオイルを活用する習慣と言うのは、間接的に赤ちゃんにとっても嬉しいメリットになるんですよ♪

美肌効果

先ほど腸内環境が整うと言う話がありましたが、腸内環境が整ってくると美肌効果が期待できます。
また腸内環境は別として、ココナッツオイル自体に美肌づくりに欠かせないビタミンEが豊富に含まれています。なので高い美肌効果が期待できます。ちなみにただただお肌に良いと言うだけでなく、アンチエイジング効果やSPF効果まであるため、紫外線に強い肌づくりをすることもできるんです。
特に授乳期は、ホルモンのバランスが完全に戻りきっていないため、さまざまな肌トラブルが発生しやすい時期です。そんな産後のお肌に対して強力なカバー効果も期待できます。

免疫力向上効果

ココナッツオイルによって腸内環境が整うことで免疫力が高まりますが、こちらもまた別でココナッツオイルのラウリン酸と言う成分が働き、免疫力が高まると言われています。ラウリン酸と言えば、あまり聞きなれないため危険な成分に思えてしまうかもしれませんが、もともと母乳にも含まれている成分ですので一切危険なものではありません。またラウリン酸を積極的に摂取した状態で母乳を与えることで、赤ちゃんに対しても免疫力を高める効果が期待できます。

ココナッツオイルから得られるメリットまとめ

授乳中にココナッツオイルを摂取する習慣をつけると、自分だけでなく赤ちゃんにも嬉しいメリットがたくさんあることがわかりました。

 

ただ、ココナッツオイルをダイエットに取り入れようとなると、少しお金がかかってしまうため他の方法を考えてしまう方も中にはいらっしゃかもしれません。
しかし、このようにして見てみると、ダイエット効果異常に多少お金をかけてでもココナッツオイルを摂取してもいいかも!と思えるような嬉しいメリットがたくさんあるので、個人的には価格以上の魅力があるのではないかとも思っています。

ココナッツオイルは授乳中でも安全なの?

ココナッツオイルは、産後の授乳中でも安全といえます。というのも、ココナッツオイルに含まれる成分は、オーガニックなエキストラバージンココナッツオイルの場合は、中佐脂肪酸が50%以上、ラウリン酸90%、飽和脂肪酸が数%という具合で、そのほとんどすべてを脂肪酸が占めているからです。
ですが、今ご紹介した通りあくまでもこれは無精製の「エキストラバージンココナッツオイル」だけです。
ココナッツオイルには、正確には3段階のグレードがあります。
品質が高いものから順にご紹介していくと…

  • エキストラバージンココナッツオイル
  • バージンココナッツオイル
  • ココナッツオイル

という3つの順番になっています。
この中で、ココナッツの味の中からココナッツオイルを絞り出す際に、溶剤を使って少しでもよりたくさんのオイルを絞り出そうとした物が1番グレードの低いココナッツオイルになります。
そして、溶剤を使って取り出されたココナッツオイルは、その影響で薄く茶色に色づいてしまったり、風味が悪くなってしまったりするんです。
この時に色を完全な透明にするために使われるのが漂白剤なんです。つまりグレードが低いココナッツオイルは溶剤や漂白剤などの添加物まみれということが言えるんですね。
もちろんこんなオイルははっきり言って品質は最悪。とても妊娠中や授乳中のママに勧められるものではありません。

もしココナッツオイルを選ぶなら“エキストラバージンココナッツオイル”

もしココナッツオイルをご購入される場合はボトルのパッケージに書かれてあるココナッツオイルのグレードを確認して、もし透明のガラス瓶に入っているものなら色も確認しましょう。
本当に品質の良いココナッツオイルなら低音圧搾と呼ばれるコールドプレス製法という絞り方でココナッツオイルをココナツの実から抽出しています。
なので、ココナッツの味の中にある「コプラ」という白い部分からは、まだオイルが絞り出せる(薬品や高圧窯等の機材を使えば)の状態のところであえて止めるのがエキストラバージンココナッツオイルなんですね。

 

本当のエキストラバージンココナッツオイルは、中佐脂肪酸というケトン体ダイエットのもとになる成分が含まれていて、最近ではダイエット総選挙で一躍注目を浴びている「MCTオイル」で注目されている成分です。
このオイルは、体の中に吸収されてエネルギーとして使われていくまでの間に、体に余分についてしまった脂肪分を一緒に巻き込みながら分解燃焼していってくれるという嬉しい特性があります。
このため「ダイエットにとても効果的」と言えるのがココナッツオイルなんですね。

産後の授乳中ダイエットのココナッツオイルの使い方

産後の授乳中は、母乳を通して赤ちゃんにその成分が届くことになります。
そのため本当に体に良いものやストレスを解消できる使い方を選びたいですよね。
そこで、ココナッツオイルを今まで使ったことがないという事でも安心して使い始められる方法からまずご紹介していきたいと思います。

 

ココナッツオイルは、初めて使う方がいきなりたくさん使い始めると、お腹を壊してしまうこともあり得ます。というのはココナッツオイルの中に含まれているラウリン酸という殺菌、消毒効果が高い成分が腸内細菌を一時的に減らしてしまうからなんですが、これを防ぐためにはココナッツオイルを使い始める時に、ちょっとずつ使い始めることがオススメなんです。
今までココナッツオイルを使ったことがないということにお勧めする正しい使い方としては、ココナッツオイルを『いきなりティースプーン一杯』とかから使うのではなく、もっと量を減らして半分くらいから始めていくことです。
そうすることで少しずつ体が慣れていくので、1週間もやり続ければ、お腹を壊してしまうといった心配はなく、ココナッツオイルダイエットを始めることができるはずです。
また、ココナッツオイルは基本的に味がないのに香岳はほんのり甘い香りがするという日本人の私たちにとってはちょっと違和感がある食感がします。

 

なので、海外セレブのミランダカーさんのように4歳の頃からずっとココナッツオイルを使い続けていたというような人でもない限りは、ココナッツオイルの特有の『クセ』にちょっと戸惑ってしまう方もおられると思います。

ココナッツオイルダイエット用のレシピ

産後の便秘解消対策にも役立つココナッツオイルダイエット用のレシピを一品だけご紹介します。
そのレシピは、次の通りです。

  • ココナッツオイル大さじ一杯
  • 市販の無糖ヨーグルト150グラム
  • オリゴ糖シロップお好みで少々

といった具合で作ってきます。
よくインターネット上で目にする情報の中でココナッツオイルとヨーグルトを混ぜたレシピは目にするかと思いますが、そのほとんどがただヨーグルトで乳酸菌をお腹に入れるだけという説明で終わっているはずです。
ですが、実際にはヨーグルトで乳酸菌を取ったとしても効果が一時的なものに終わってしまうことがほとんどなんです。
そうならないためにはヨーグルトで撮った乳酸菌をオリゴ糖で育てていくという2段階の取り組みが必要です。
そのため、カロリーも意識したい産後ダイエットのために市販のヨーグルトの中でも無糖のヨーグルトを選ぶことと、オリゴ糖を加える事が大切なココナッツオイルダイエットのアイテムになるんですね。

 

ココナッツオイルダイエットに使い始めたら、夕食をココナッツオイルとヨーグルトを混ぜた物に置き換えていくことで、ココナッツオイルダイエットの効果の効果を引き出すことが出来るでしょう。

せっかくダイエットにお金をかけるなら「MCTオイル」がおすすめ

このページをご覧の方の中には、現在授乳中でココナッツオイルを使った産後ダイエットを検討している、もしくはココナッツオイルが気になっている方もいらっしゃるかと思います。
ここでご紹介したように、ココナッツオイルは産後ダイエットをする上で非常に魅力的なダイエットサポートアイテムです。
しかし、せっかくお金をかけて本格的な産後ダイエットをしようと言うのであれば、ココナッツオイルのほかにもう一つ知っていただきたいものがあります。
それが、MCTオイルです。

MCTオイルって何?

これは何も危険なものではなく、母乳にも含まれる中鎖脂肪酸が100%使われている食用オイルです。なので、もちろん赤ちゃんにとっても安全なものです。
ここでご紹介したココナッツオイルの脂肪燃焼をサポート効果は、ココナッツオイルに約50%程含まれる中鎖脂肪酸によるものです。
しかし、先ほどもお伝えしたように、MCTオイルは中鎖脂肪酸が100%のオイルになります。
鋭い方は既にお気づきになられたかと思いますが、中身を見るとココナッツオイルよりもMCTオイルの方がダイエットサポート効果が優れていると言われています。
それに対してコスパの面で見ても、ココナッツオイルがおよそ3,000円前後するのに対して、MCTオイルは少しだけ値段が上がりますが、家計に大打撃を与えるほど大きな値段の差はありません。
MCTオイルの魅力やコスパ等についてこちらで詳しく特集されていますので、
今現在授乳中でココナッツオイルを使った産後ダイエットを検討されている方は、ココナッツオイルを購入される前に一度目を通してみてはいかがでしょうか?

 

MCTオイルダイエットの特集ページ

 

 

スポンサードリンク