産後の汗っかきの原因と対策法まとめ

妊娠、出産によって体質が変わるとはよく聞きますよね。
産後やたらと汗が出る女性、汗っかきになる女性は、かなり多いんです。

 

私も産後の吹き出る汗には悩まされました。
涼しいところにいても自分1人だけ大量に汗をかいてしまうと、なんとなく恥ずかしいし気になりますよね。

 

産後に汗っかきになる原因

産後の汗っかきの原因は2つあるんですね。
1つは、ホルモンバランスの乱れによって起こる『産褥(さんじょく)期多汗』と呼ばれる一時的な汗。
もう1つは、汗っかきを気にしてしまうことで、さらに汗が出てしまう『精神的発汗』と呼ばれる汗。

 

産後でなくても、緊張したり気にしすぎたりすると汗は増えますよね。
どちらにしても産後の一時的な汗だと思えば、少し楽になると思います。

 

産後に汗っかきになるのは病気?

もう滝のように汗が流れるんだけど・・・と思って病気かなと悩んでしまう方もいるかと思います。
体に異常にあるのではと心配になりますよね。

 

でも大丈夫!!それは病気ではありません。

 

先ほど、お話したように産褥期多汗という、ホルモンバランスの乱れや変化によって起きています。
病気でも珍しいものでもありませんよ。

 

女性は妊娠すると女性ホルモンがどんどん増えますよね。
そして出産が終わると、今度は女性ホルモンが急激に減少し始めて、男性ホルモンが優位になってきます。
一時的に更年期のような症状になり、汗腺機能の調節や体温調節がうまくできなくなってしまうのです。

 

あくまでも一時的なもの!気にしないで!

はじめの方にも言いましたが、産後の汗っかきの症状は基本的に一時的なものです。
気にしてしまうと、余計に汗は吹き出てしまいますよ。

 

体がほてったり、ポッポとして温まってくるのも病気ではないので、
気にしないように・・・そして自分が快適に過ごせるようにしましょう。

 

産後の子育て中の汗っかきの簡単対策

ここまで一緒に見てきた通り、産後の子育て中(特に産褥期は)に
汗っかきになってしまうのは特別な病気とかではないので、気にしすぎない事がいちばんです。

 

でも、汗をそのままにしておくと、皮脂の出過ぎで肌荒れや
汗疹、湿疹などの肌トラブルが起こりやすいのも事実。

 

なので、簡単な対策としては、『ワキ汗パッド』を使ったり、
小まめにタオルで汗を拭き取ってあげたりという対策をしてあげてくださいね。

 

こういったシンプルな対策は、ちょっと面倒に感じるかも知れませんけど、
市販の制汗剤(8&4とかね)は爽快感を出すためにアルコールが使われていたりするんです。

 

産後の授乳中とか、赤ちゃんとのスキンシップを優先したい時に、
アルコール系の『ツンとしたニオイ』がしてしまったりすると、赤ちゃんがかわいそうです。

 

まだ身体の調子が本調子になっていない肌が
弱っている時期でアルコール系の刺激に『肌が負けてしまいやすい』こともあり得るんです。

 

なので、面倒がらずに汗を小まめに拭き取ってあげたり、
パッドを使ってみたりシンプルな対策が無難です。

 

腸内環境を整えると汗が臭くならない!?

実は汗にも臭くなりやすい汗と、そうでない汗があるんです。
それには汗に含まれている目に見えない成分が関係しています。

 

というのも、仮に腸内環境が悪く便秘が続くような状態だとします。
このような状態だと本来排出されるはずの老廃物が腸内にとどまってしまい、それがやがて汗を臭くさせる臭い物質に変化します。

 

それがやがて腸内から血液中に溶け込み、汗をかいた時に毛穴から体の外へと出て行きます。

 

便は誰でも臭いものですが、その便がある空間にあったものが血液中に
溶け込んで汗とともに放出されるとなると、その汗がどうしても臭くなってしまうのは簡単に想像がつくかと思います。

 

だからこそ、腸内環境が悪い状態だとどうしても汗が臭くなりやすいんです。
つまり、腸内環境をきちんと整えておくことによって、
汗をかきやすい産褥期の時期でも汗臭くなりにくい状態を作る事が可能になるんですよ♪

 

なお、今回は産後の汗臭さ対策としてこの話をお伝えしましたが、
腸内環境改善して大衆を防ぐと言うのは、今後も役に立つ知恵です。
これをきっかけに、今後にもいかしていきたいところですね♪

 

腸内環境整えるには

腸内環境を整えると言うと、ヨーグルトなどに含まれる乳酸菌をたくさん摂取するイメージがあるかと思います。
確かに乳酸菌をたくさん摂取することは腸内環境整えるためには非常に効果的な手段です。

 

…ただ1つ問題があるんです。

 

ヨーグルトに含まれる動物性の脂肪は、摂取しすぎると乳腺に詰まりやすく、母乳に悪影響が出る可能性が考えられるんです。
母乳育児をされているままさんにとっては、母乳トラブルはできれば避けたいことの1つではないかと思います。。

 

腸内環境を整えるためにたくさんヨーグルトを食べたいのに、母乳に影響が出るのでは中々気が進みませんよね…。

 

ただ乳酸菌はヨーグルトしか摂取することができないわけではないので、
その他にも乳酸菌が多く含まれている食べ物を食べることで腸内環境整える効果を期待することができるでしょう。

 

知っておきたい!サプリで乳酸菌を取ることの魅力

選択肢を広げるつもりで、もう一つ知っていただきたい効率の良い乳酸菌摂取方法があります。

 

それは、健康サプリメントを使った乳酸菌摂取方法です。
「身の回りにある食物から乳酸菌を摂取できるのに、わざわざサプリメントなんて買う必要ないよー。。」
と思ってしまう方も少なくないかと思います。

 

ですが、実際に腸内環境整えることに大きなメリットがあるということをご存知の妊娠中の方や授乳中のママさん達から、“安全に効率よく乳酸菌を摂取することができる方法”として選ばれている方法がサプリメントなんです。

 

そして、腸内環境が整うと以下のような美容と健康に良いメリットがあるといわれています↓

  • 下痢・便秘が改善
  • ニキビ・肌荒れなどの肌トラブルが改善
  • 汗の臭いなどの体臭が改善
  • 口臭改善
  • 便・おならが臭くなくなる
  • アンチエイジング効果
  • 太りにくく痩せやすくなる
  • 免疫力が向上
  • 疲れにくくなる
  • 代謝が向上
  • 大腸がん、脳卒中、糖尿病、高血圧などの重い病気のリスクが減る
  • アレルギー改善効果

 

腸内環境を整えることでコレほどにも嬉しい健康効果があることをご存知でしたか?^^

 

なお、以下のページでは、少し頑張って手を伸ばしてでもサプリを使いたくなるような、乳酸菌サプリのメリットがわかりやすくまとめてあります。
ちょっとでも気になるという方は、一度このページをチェックしてみてはいかがでしょうか?

 

産後の腸内フローラについての特集ページ

 

まとめ

汗が大量に出ても、汗っかきの自分を気にしないように、一時的なものと割り切って快適に過ごしましょう。
赤ちゃんが泣いていても、過敏に反応しないことも大切です。

 

なぜなら、赤ちゃんのお世話、育児で疲れ切ってしまうと、ホルモンバランスの乱れや変化から立ち直るのも遅くなってしまいます。

 

そうなると多汗も治まりにくくなりますよね。

 

赤ちゃんの心配はほどほどに・・・度が過ぎると産後うつにもなりかねませんよ。

スポンサードリンク