失敗体験談!なんでも急にやってはダメ!!

妊娠中、辛い悪阻がやっと終わったと思うと空腹が耐えられない!
甘い物がやたらと食べたくなり、案の定ぶくぶくと太ってしまいました…。

 

元々やせ型だった体型はどっしりとした「母の体」に。妊娠中でトータル18キロ以上増えてしまいました。
ウエストは仕方ないにせよ、脚がガッシリとしてしまい、ものすごくショックで。

 

陣痛を乗り越え、我が子を産んでからの入院中、頭の片隅には「ダイエット」の5文字が浮かんでいました。

体重計に乗る女性

 

私は完全母乳で育てようと決めていたので、母や祖母から「母乳だと痩せるよ。」ときいていたのもあり、
また母乳の場合食事制限が出来ないのでとにかく授乳を頑張ろう!と慣れない育児に右往左往…1ヶ月が過ぎました。

 

出産直後、娘と胎盤やらなにやらで5キロちょっと、そして産後授乳のみで7キロ程減っていました!
よし、このまま…と思いきやここからがなかなか落ちません。
お風呂場で鏡を見ると、崩れきったボディライン。妊娠前とここまで違うのかと驚きました。

 

1ヶ月検診で母子共に異常なし。外出も少しずつ出来るようになったので、運動だ!とネットサーフィンを開始。ダイエット記事を見漁りました!
まず始めたのがウォーキング。赤ちゃんを抱いてのウォーキングは負荷も高く、
効果が期待できると思ったのです。それから追加で30日スクワットチャレンジも始めました。
垂れたヒップラインがあまりにも気になって…。思い立ったが吉日!同時並行で開始しました。

 

娘を抱いてのウォーキング(歩く速さでいうとお散歩?)は思った以上に辛く、9月だったからか汗はダラダラ、
これは効くな~と思いながら頑張りました!
スクワットも一日60回からスタート、とかなり負荷をかけて始めました。

 

一日2時間の散歩とスクワット。1週間過ぎたくらいから体が痛くなるようになりました。骨盤の辺り、腰、首、肩。産後の体が悲鳴をあげました。当たり前ですよね。赤ちゃんが出てきてたったの1ヶ月。体はまだ回復していませんでした。特に痛かったのが骨盤辺り。整体にいくと、「出産は体にとっては交通事故にあったくらいのダメージがあるんだよ。」「ずれてる骨盤に負荷をかけるのは絶対にダメ。」とお叱りを受けました…。

産後ダイエット…いきなりは禁物!

ウォーキング中も少し痛みがあったことを伝えると、お散歩は無理のない程度に、赤ちゃんとのリラックスタイムにすることを教わりました。
改めて調べてみた産後ダイエットのサイトにはやはり無理は良くないと。ですが、無理をしないと負荷が足りてないような、そもそも無理ってどのくらい?それがよく分からなかったんです。芸能人やモデルさん、ママタレントさん、皆さん産後まもなくでもとってもスタイルが良くて、やっぱりそんな素敵なママに憧れて無理をしすぎました。
そこからは私のペースで、私と赤ちゃんとのペースでダイエットを開始。それからも、ウォーキングのし過ぎで食欲をなくして遅い夏バテをしたり、スクワットの負荷を弱くしたけど腰痛が出たり…。失敗は数知れず。でも最初の時のような強い痛みになってしまうこともなく、マイペースに続けることが出来ました。体重の変化は母乳の効果ももちろんあり、ゆるやかに減っていきました。産後1ヶ月の体重から2ヶ月目にはさらに1キロ少し。
3か月目にはスルスルと減り、4ヶ月過ぎる頃にはほとんど妊娠前の体重に戻っていました!

 

ですが、気になっていたボディラインはそうそう戻ってはくれませんでした。
妊娠線は仕方ないにせよウエスト付近の皮の伸び…これは辛い。やっぱり脂肪を落とさなきゃ!と思いました。
食事制限は出来ないので置き換えダイエットを開始してみたのです。

 

ご飯のかわりにしらたき。パスタのかわりにしらたき。焼きそばのかわりにもラーメンのかわりにも。
味は申し分なし。作る手間もそこまでかからない。これは続くなー楽だなと始めて3日間ほどは思いました。
三日目までは。辛いなと感じたのがまず食感。プリプリくにゃくにゃした食感が炭水化物との違いを感じさせ、それによって満腹感がなかなかこない。
ずっとおかずを食べているような感じでした。
満腹感がない上に、やはり楽だと思ってた手間の面でも問題が。
そのままだと独特の風味は水っぽさが他の料理の邪魔をしてしまい、難しい。

 

そこでから煎りして水気を飛ばしてフリージング。使う時に解凍して料理する。この一手間が以外と面倒に感じ、だんだんと置き換える頻度も減っていき、満腹感もあまりないことから間食がしたくなってしまい…断念。続きませんでした。ウエストまわりは産婦の勲章!とでも思って気長に待たなくてはならないのかなと、思い始めています。
産後のダイエットは思った以上に制限が多く、そして思った以上に出産というのは重労働で無理は本当に禁物。体を労ることが大事なのだと、身をもって学びました。そしてなにより自分と赤ちゃんとの新生活を楽しむ余裕が持てなくては、意味がないなと。私はマイペースな産後ダイエット、これからも頑張っていきたいと思います。

スポンサードリンク