産後に骨盤を戻すことの体験談

36歳の主婦です。
3歳の息子と1歳の娘がいて、現在はまだ下の子に母乳をあげています。
息子が産まれたあとに早く元の体型に戻したくて慌ててダイエットしたのですが、うまくいかずにバカ食いして乳腺炎になってしまいました。

 

息子を妊娠中には食欲が止まらず15キロも太りました。
産院でも何度も怒られましたがご飯やパンなどが食べたくてたまらず我慢するとストレスになってもっと食べてしまうという悪循環。
結局上手に体重をコントロールできないまま出産し、産後3日目に体重を測ってみると56キロもあって愕然としました。

 

妊娠前は158センチの47キロで標準体型だったのですが、鏡で自分を見ると
あごは二重になり肩や背中、腕、太ももなど体のあらゆるところに肉が付いたのがよく分かりました。
お腹もポッコリしていて赤ちゃんは産まれたのにまだ何か入っているような印象でした。
妊娠7ヶ月と言っても疑われないような姿にショックを受け、絶対に痩せようと思いました。

 

完全母乳で育てていたので退院してから産後1ヶ月までには努力しなくても4キロ落ちました。
睡眠不足でやつれていたこともあり、顔はずいぶん細くなった印象でした。
食べたいだけ食べても面白いように体重が減るのでさらに食事を減らして早くダイエットしようと思いました。

 

しかしカロリーの高いお米をカットしてみると急に胸が張らなくなってしまいました。

 

母乳の出が悪くなったようで息子はお腹を空かせて泣き叫び、しぼんだ胸を息子の口に当てながらこちらまで泣きたくなりました。
食べる量を増やすと母乳はまた作られるようになりましたが、それまでのように簡単には体重は減らなくなりました。
食べる量が少なすぎると母乳が出なくなったり夜中にお腹が空いて眠れなくなったりするのでコントロールが難しいと感じました。

 

妊娠中から育児雑誌を読んでいたので生クリームなどの甘い食べ物が母乳に悪いことは知っていました。
なのでスイーツは大好物だったのですが、産後はずっと我慢していました。

 

しかし毎日夜しっかり眠れないストレスや甘いものが食べられないストレス、夫が育児を手伝ってくれないストレス、
子供が何を欲しがっているのか分らないストレスなどが重なって産後2ヶ月くらいのときに爆発してしまいました。

 

息子を抱いてコンビニに行くとロールケーキや大福など我慢していたものを大量に買い、
家で一人で泣きながら食べました。食べたいストレスは解消されたのですが情けなさとむなしさでまた泣きました。
次の日、胸がカチカチに固くなり息子に吸わせても搾乳機を使っても母乳は出なくなりました。
あたふたしているあいだに熱まで出て産婦人科に駆け込むと乳腺炎と診断されました。

 

それからはストレスをためないことを第一に考え、甘いものも少し食べるようになりました。
食事も我慢しすぎは私にとっては逆効果なのでバランスを見ながらムリのない範囲で制限するようにしました。
その結果産後半年には体重は49キロまで戻り、自分でも体が軽くなったと感じました。

そこで妊娠前に履いていたスリムジーンズに挑戦しました。

 

プラス2キロなら余裕で入るだろうと思ったのですが、腰のところで止まってしまいお腹をへこませてもまったく歯が立たない状態でした。
体重は戻ったけれど体型は戻っていないと実感した瞬間でした。

 

妊娠・出産で骨盤が開くことは知っていて、骨盤を元に戻すことは産後ダイエットに効果的だということも聞いたことがありました。

骨盤

出産直前は歩きにくくて骨盤ベルトを愛用していたのですが、産後は育児と家事に追われて骨盤のことなんてすっかり忘れていました。
もう産後半年が過ぎていたので骨盤を戻すことは難しいと諦め、二人目を産むときには産後忘れずに
骨盤ベルトを使おうと心に決めました。
体重だけはほとんど元に戻りましたが、お腹にはたっぷり贅肉が付き全体的にしまりのないおばさん体型になりました。

 

ストレスをためすぎたこと、骨盤ベルトを使わなかったことという息子のときの失敗を踏まえて、
娘が産まれてからは焦らずにダイエットに励みました。毎日体重を測りながら母乳と食事量のバランスに気を配り、
甘いものもときどき食べました。骨盤ベルトは産後1ヶ月から使いました。

 

小さな子供が2人いるのに朝時間をかけて装着するのは大変だったのですが、着けてしまえは夜までそのままで過ごせるのでなんとか続けられました。夫にも我慢せずに育児の協力を頼めるようになり、二人目なので子育ての基本は分っていたためストレスは減りました。息子の世話で動き回っていることもありますが、娘が1歳になった今の体重は44キロで妊娠前より軽くなっています。産後半年まで使った骨盤ベルトのおかげで妊娠前のジーンズはゆるくなり、お腹もへこんでいます。現在の課題はお腹の皮がたるんでいることと未だに消えない正中線ですが、一人目のときの教訓を生かしてダイエットでき結果を出せたのでよかったと思います。

スポンサードリンク