この食品はグルテンフリーダイエット中でも食べれる?

グルテンフリーダイエットは、海外セレブや一流モデル、アスリートなどの間では
今や常識になりつつあります。
このページでは、グルテンフリーダイエットを行う際に食べていいものをご紹介しています。

 

グルテンフリーダイエットとは、ご存知の通り小麦や大麦、ライ麦などに含まれる
タンパク質の一種であるグルテンを一切とらず、普段の食生活から完全にグルテンを遠ざけるというダイエット方法です。
小麦粉を使った食品を食べてはいけないという事になるので、パン屋パスタ、うどんといった食材は当然ながら、意外なことに私たちの身近にある調味料にまでその制限が及びます。
この制限の範囲があまりにも広いため、どちらかというと食べてはいけないものというよりも食べていいものを知りたいという方が多いんですね。それがこのページを作った理由です。
また、最近ではグルテンが引き起こす健康被害についても様々な病気が報告されているので、その点についてもページの後半で軽く触れておきたいと思います。

 

グルテンフリーダイエット中に食べて良いもの一覧表

まずはグルテンフリーダイエットで食べて良い食材から見ていきましょう。

このような食材や調味料がグルテンフリーダイエット中に口にして良いものとなっています。
普段の食生活の中で私たちが身近に使っている調味料の中にも
グルテンが含まれているものはたくさんあります。
これを見逃してしまうと、完全なグルテンフリーダイエットが成功しないということになってしまうんですよ。

 

実は私たち日本人にとって1番なじみの深い調味料であるお醤油やお味噌といったものにも小麦粉が使われているものがたくさんあります。
最近では特に多いのがめんつゆで、この中には小麦発酵調味液が使われています。

 

そのため、このページで先ほどご紹介した食材以外にも
たった今ご紹介したお醤油や味噌、めんつゆなどの調味料にも注意が必要になってくるんですね。
グルテンフリーダイエットとは普段の食生活の中から完全にグルテンを取り除いて、
血糖値が上がらないようにしたり、子供に、小麦アレルギーを起こさせないようにしたり、
またはセリアック病などの病気の原因とも言われているグルテンを取らないようにすることで
健康的な体を作っていくということがグルテンフリーダイエットの目的です。

 

ただ痩せるだけただ太らないようにするだけというのはグルテンフリーダイエットではないんですね。

 

ですので、先ほど一覧でご紹介した調味料で使って良い物がありましたが、
その中に記載されている調味料であれば使う事は全く問題ありませんので、
普段の食生活の中から完全なグルテンフリーを目指していきましょう!

 

グルテンフリーダイエットのやり方とコツ特集

スポンサードリンク

食材 お米、餅(もち)、稗(ヒエ)、粟(アワ)、黍(キビ)、キヌア、アマランサス、十割そば、ビーフン、フォー (ベトナム麺)、春雨、米粉麺、米粉、玄米粉、そば粉、大豆粉、片栗粉、葛粉(くずこ)、コーンスターチ、ココナッツパウダー、タピオカ粉、ホワイトソルガム粉、魚介類、お肉、卵、芋類、とうもろこし、野菜、果物、豆類、豆腐、納豆、こんにゃく、バター、チーズ、ヨーグルト、団子、大福、ポップコーン、ゼリー、チョコレート、ナッツ、ドライフルーツ
調味料 塩、胡椒、米味噌(普通の味噌は麦が使われています)、ハーブ類、米酢、ワインビネガー、バルサミコ酢、りんご酢、砂糖、黒糖、蜂蜜、メープルシロップ、アガベシロップ、油、生姜、ニンニク、わさび、オリーブオイル、ココナッツオイル