母乳の栄養と赤ちゃんの成長

このページでは、赤ちゃんに与える母乳に含まれる栄養についてお話をしたいと思います。
赤ちゃんを育てるためにどうしても欠かせない母乳やミルクの存在ですが特に母乳のほうは神秘的な力を持っていると言われているんです。

 

例えば驚いたことに、出生体重児のままの母乳は素性が通常の赤ちゃんを産んだママの母乳と異なり
小さな赤ちゃんに特に必要な成分が多く含まれていると言われているほど。

 

このように考えると妊娠中に多少のことがあったとしてもそれをさんごの母乳によって補うことができるともいるんですね。
それでは早速、母乳に含まれる栄養について見ていきましょう。

 

母乳には免疫物質がたくさん

出産後数日間にわたって出る上乳ですが、愛ジーエーと言う分泌型免疫グロブリンんと言う成分がたっぷりと含まれています。
そのためできるだけ飲ませてあげたいものです。また、初乳でなくても母乳には赤ちゃんを病気から守る多くの抗菌、後ウィルス、喉炎症、免疫物質がたくさん含まれています具体的な名称で言うとリボ拡散やポリアミンといった物質なのですが、これらは赤ちゃんがアレルギー反応が出てしまうことを防ぐ役割も果たしてくれるんですね。

 

母乳に含まれるタンパク質

生後1年以内の新生児はママのお腹の中にいる時と同じくらいの速度ですぐに成長していきます。その秘密がママの母乳の中に含まれているタンパク質なんです。母乳はママの体内で赤ちゃんの成長のために作られる食品なのですが例えば含まれるタンパク質も赤ちゃんの体に見合う量や素性になっているというのが不思議な神秘の力といえます。消化と吸収がとても良く、まだ未熟で発達段階にある赤ちゃんの胃袋や腎臓にも負担をかけることがないようにうまくできているんですね。このほか母乳に含まれている鉄分もミルクに含まれる鉄分より吸収効率が高いことがわかっているんだそうです。

 

母乳を出すホルモンはママの体にも良い影響が

母乳を出すためのホルモンと言うものがありますさんごのママの体の回復も促す働きがあるのですが赤ちゃんにおっぱいを吸われるとその刺激でママの体から母乳を外に出そうとする乳腺をしぼませる筋肉を収縮させるオキシトシンというホルモンが分泌されます。このホルモンは子宮を収縮させて出血を止める働きもあります。つまりお産直後のすぐの産褥期に母乳をあげる事でママの体の回復も早めてくれるんですね。至急の戻りが速くなるという意味でも非常にママの体のためになってくれるのが母乳を与えると言う事なんですね。また至急の戻りが早くなると、ホルモンバランスの戻りも早くなるので、産後の整理再開によって痩せるママさんも多く、産後ダイエットの為にも効果的と言われています。

 

泣く子も黙る母乳の力

赤ちゃんに母乳を与えることが、赤ちゃんにとっては精神衛生上も非常に高い効果をもたらしてくれます。生の肌に触れ合ってママの乳首を一生懸命吸って母乳を飲む事で不安や寂しさを紛らわすことができるんですね。そう考えてみれば当然と言えるかもしれませんが妊娠中のままの子宮の中にいた赤ちゃんは外界からの刺激や音、光といったものに対してすべてから守られていたわけです。しかもその中に10カ月間いたわけで、生まれてすぐの赤ちゃんが外界からの刺激に対して全てに不安を覚えて、なかなか泣き止んでくれないと言うのも理解できることです。そんな赤ちゃんですらピタッと泣き止ませてしまうのが母乳の力なんです。先ほどご紹介した通り赤ちゃんにとっては何よりも精神安定剤の働きにもなってくれます。

 

ここまで赤ちゃんに対して母乳をあげることによるママのメリットや母乳の力を見てきましたが、
ママによっては個人差で母乳が良くてないと言う方もおられると思います。
ですが決してそれを悲観することはありません。

 

母乳不足になったとしても安心してその場合はミルクを与えてあげてください。
母乳とミルクの混合栄養にする場合は毎回母乳を先で次にミルクと言う順番で飲ませるのが良いようです。
ミルクは母乳に比べて腹持ちもよくよく眠ってくれると言うことで母乳育児をあえて止めてすぐにミルクに切り替えるママもいるくらいなんですよ。
ですので決して母乳の出が良くないからといって自分自身を責めてストレスを感じさせたりしてしまうようなことがないようにしましょうね。

スポンサードリンク