産後に生理中の症状を改善するなら豆乳が良い

豆乳が生理中の不快な症状を緩和してくれると言う話はよく聞きますよね?

 

まさに豆乳と言うのは、含まれている成分の特徴から、女性ホルモンのバランスを整えて、
生理痛だけでなく、女性ホルモンが影響する不快なさまざまな症状を改善してくれる働きがあります。

 

このページに来られた方はおそらく、産後に生理中の不快な症状が悪化してしまい、
それを豆乳で改善しようと考えているのではないでしょうか?

 

実際、産後に豆乳を飲むと言う事は、生理中の不快な症状を改善させるだけでなく、
授乳中のママにとって嬉しいことがたくさんあるため、産後に豆乳を飲むのはとても良いことだと言えます。

 

このページでは、産後に悪化しがちな生理中の不快な症状と豆乳との関係について様々なコンテンツをまとめています。

 

産後のみならず、これからの生理中との向き合い方についてのアドバイスにもなるので、
生理中の不快な症状に悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください。

 

目次

 

  • *産後に生理中の不快な症状が悪化する理由
  • *なぜ生理中の不快な症状に豆乳が良いのか
  • *生理中の症状に効果的な豆乳の飲み方とタイミング
  • *産後の生理痛が悪化した場合の改善方法
  • *まとめ

 

産後に生理中の不快な症状が悪化する理由

生理中の不快な症状の中でも、生理痛についてお話ししていきます。
産後に生理痛が悪化してしまう方がとても多いのですが、その理由はいくつかあるんです。

 

妊娠中は生理がなかっため、その分心理的に痛みを強く感じる場合があります。

 

また、産後は妊娠中に変化したホルモンバランスが通常状態戻ろうとしていることや
出産の影響で骨盤が大きく開いたことによる影響もあります。

 

また、お産でダメージを負っている身体を回復させなければいけません。

 

そして、当然ですが、生まれたばかりの赤ちゃんは授乳間隔も短く、
授乳以外のお世話も頻繁なので、眠る時間もないくらい忙しいという方も多いんです。

 

このように、産後の体調不良は、大きく分けて3つの要素が同時進行で起こっているため

 

まずはできるところから始めるという意味で豆乳を飲む習慣をつけるのは良いことなんですよ。

 

なぜ生理中の不快な症状に豆乳が良いのか

生理中の不快な症状の大部分を占めるのは、ホルモンバランスの影響です。
ホルモンバランスは、生活習慣だけでなく、食生活も深く関わっており、不快な症状がきついと言う場合は、食生活を改善する必要があります。その時のポイントとしては、豆乳などを使って、イソフラボンを適度に摂取することです。

 

なぜそうする必要があるのかと言うと、不安定になっている女性ホルモンのバランス、イソフラボンは直接的なアプローチをかける働きがあり、そのおかげで生理中の不快な症状を改善できる効果が期待できるからです。

 

過剰摂取は逆に良くないのですが、適度にイソフラボンを摂取することで、ホルモンバランスを整えてくれるので、生理中の不快な症状を緩和してくれるんですよ。

 

またそれだけでなく、産後の場合は骨盤の状態やストレスも無視できません。

 

特に産後の骨盤は、出産の影響で、大きく位置がずれており、骨盤矯正などでこれを改善することで、まずは妊娠前の時と同じ位のレベルまで改善することができると言われています。

 

また、ストレスですがこれは新しい生活スタイルや、慣れない育児が大きく関わっています。ストレスというのは女性ホルモンのバランスにも悪影響与えてしまうため、ストレスをうまくコントロールすることも生理中の不快な症状を緩和することにつながります。

 

豆乳を飲んでイソフラボンを適度に摂取していくだけでなく、様々な方面からアプローチをしていくことが、生理中の不快な症状を改善する近道です。

 

生理中の症状に効果的な豆乳の飲み方とタイミング

産後の生理中の不快な症状の改善に、豆乳が効果的だということがわかったところで、豆乳を飲む際に、効果を上げるために押さえておきたいポイントをいくつか紹介します。

 

まずは豆乳の飲み方です。まずは豆乳を選ぶ際のポイントですが、無調整豆乳を選ぶのがオススメです。その理由としてはイソフラボンが豊富に含まれている大豆をそのまま生かして豆乳にしたもので、添加物等が含まれていません。

 

それに比べ他の豆乳は、塩、砂糖など、様々なものが加えられており、飲みやすさを求めるのであれば、後者の方をオススメするのですが、より効果を求めるのであれば前者の無調整豆乳を選ぶことをお勧めします。

 

そして豆乳を決めたところで、飲む量についてですが、豆乳の飲み過ぎは、イソフラボンの過剰摂取につながり、イソフラボンの過剰摂取は生理中の不快な症状に逆に悪影響与えてしまうため、適度に飲むことがポイントになってきます。そのためには、目安として1日にコップ2杯までが良いとされています。

 

そして豆乳を飲むタイミングですが、朝起きた直後と、夜の寝る前が良いと言われています。

 

このように豆乳を飲む習慣は、生理中だけでなく、生理前に飲んだ物も、生理中に効果があるため、日常的に今紹介した飲み方を実践することで、産後の生理中の不快な症状を緩和するのに大きな効果を発揮できるでしょう。

スポンサードリンク