産後(授乳中)もOK!疲れ目に良いサプリはどれ?

産後の授乳期はドライアイや眼精疲労になりやすいと言われています。

 

こういった目の疲れは放っておくと首や肩の凝りに繋がるだけでなく、視力の低下にまで発展することもあるんだそうです。

 

それには、子供を出産してから起こる女性ホルモンのバランスの変化や、授乳による睡眠不足や水分不足や栄養不足、貧血、または生活の変化によるストレスなどが関係しているといわれています。

 

簡単な話、こういった原因が改善できれば早いんです。

 

しかし、誰もが好き好んでそうなったわけではありませんし、改善するのは簡単なことではありません。

 

そこでここでは、産後の眼精疲労の原因や仕組みを見た後、目の疲れに効果的なサプリを紹介したいと思います。

 

産後の眼精疲労に効果的なサプリはどれ?

産後の授乳中の方でも安心して服用することができる眼精疲労に効果的なサプリメントは『一望百景』というサプリです。

 

一望百景には、眼精疲労の改善に効果的なアントシアニンやルテインを豊富に配合しているため、眼精疲労の改善効果はもちろん問題ありません。

 

また、スマートフォンやパソコン画面などから発生するブルーライトに対する高い働きが期待されているルテインという成分に関しては、国内最高の配合量になっています。

 

そのため、眼精疲労を改善するだけでなく、これから起こりうる眼精疲労に対する予防効果も高く期待できます。

 

現在授乳中の方に一望百景がオススメな理由はもう一つあります。
それは、安全性が高いということです。

 

これがどういうことかというと、一望百景は沖縄産の紅イモや八重山かずらなどの沖縄でとれた天然由来の無農薬原料から有効成分だけを抽出して作られたサプリメントだからです。

 

つまり、身体にとって害があるような危険な成分などは一切含まれていないということです。

 

なので、現在授乳中の方はもちろん、妊婦さんに対しても安全性が高いサプリメントとして選ばれているんですよ♪

 

また、年配の方や小さなお子さんでも飲みやすいように粒が小さく、飲みやすいところ。

 

そして、身体の中で溶けやすいソフトカプセルなので吸収率の高さもおすすめのポイントです。

 

これは余談になりますが、一望百景は初回限定で30日間の全額返金保証のサポートを実施しています。

 

こういった、使う側の不安を解消してくれるサポートを行っているところも、
安心して選ぶことができる要素の1つと言えると思います。

 

一望百景

 

授乳期の目の疲れの原因

 

産後の授乳期に目が疲れやすい原因はいくつかあると言われています。
これからその原因を1つずつ詳しく見ていきたいと思います。

 

ホルモンバランスの変化

女性の体は子供を出産すると女性ホルモンの分泌量が一気に減少すると言われています。

 

減少する女性ホルモンの中には、目にうるおいを与える働きを持つエストロゲンというホルモンがあり、このホルモンが減少することによってドライアイになるだけでなく眼精疲労の原因にもなると言われています。

 

授乳による貧血

ご存知の通り母乳は血液から作られます。
そして、実は私たちの涙も血液からできていると言われています。

 

授乳中は体内の血液の多くが母乳として使われるため、水分補給や栄養の補給が十分に行われていないとどうしても貧血になりやすいと言われています。
血液が不足すれば当然涙にも影響が出てしまいます。
涙が不足するとその分目が渇きドライアイになりやすいんです。

 

ドライアイの初期症状として眼精疲労もあると言われています。
なので、貧血になってドライアイになってしまうと、それに関連して目の疲れにも影響が出てしまうということです。

 

寝不足

授乳中は夜中に何度も起こされて、十分な睡眠時間を確保することは非常に困難な時期ですよね。
これは仕方がないことでもあるのですが、睡眠不足の状態が続くとどうしても自律神経が乱れてしまい、涙の質や量が低下してしまうと言われています。

 

そうなってくると目や角膜の細胞が修復されなくなってしまい、目を休ませることができなくなってしまうため、機能が衰えてドライアイになったり眼精疲労が悪化してしまうと言われています。

 

ストレス

子供が生まれて幸せな反面、日常の忙しさや睡眠不足などが続くと、ストレスが溜まってしまうのは仕方がないことです。
このような状態が続くとホルモンバランスの乱れなどと重なり産後鬱になりやすいと言われています。

 

このような状態は自律神経にも大きな乱れを起こし、先ほどもお伝えしたように自律神経の乱れは涙の量と質に悪影響を及ぼします。

 

そうなってくると目が乾いてしまいドライアイになって、眼精疲労の原因となると言われています。

 

このように産後は体の変化や生活の変化など、様々な面で眼精疲労になりやすい状態にあります。
こういった眼精疲労の原因をすぐに改善するのは、非常に困難ではないかと思います。
こういう状況ならば尚更、やはり粒を飲むだけで眼精疲労に効果的な成分が摂取できるサプリメントが有効になってきます。

 

疲れた目に即効性のある対策

このページの前半部分にて、産後の眼精疲労にはサプリメントが効果的だという話をしました。

 

確かにそれはそうなのですが、サプリメントの唯一の欠点としては効果を実感するまでに少し時間がかかってしまうということです。
そのため、サプリメントを摂取しながらも本格的に効果を実感するまでの間に試すと良いと言われている、ちょっとした対策があります。

 

目を温めること

目を温める事はとても大切です。
目を温めることで、周辺の血流が改善していき疲労物質など目の疲れの原因となっていた者たちが効率よく代謝されていく流れを作ることができます。
さらに、眼精疲労改善に効果的な成分をサプリメントで摂取した場合、そういった有効成分を効率よく目に運んであげる効果も期待できます♪

 

また、眼精疲労だけでなくドライアイの改善や睡眠の質が上がるため体のリラックスにも良い影響与えるといわれています。

 

ウォーキングをする

産後間もなくで産褥期だという方はこちらは控えていただきたいのですが、
産褥期を過ぎてある程度体を動かすことが許可された方の場合は、
できるだけ毎日外に出てウォーキングをすることをお勧めします。

 

もちろん、その日の体調と相談しながら決して無理をしないようにしましょうね。

 

そうすることによって妊娠期間を通して衰えてしまった筋肉量を徐々に増やす効果が期待でき、
同時に血流の促進効果も期待できます。

 

このような体の変化は体全体の健康にとってもとてもよいことなんです。
また、血流が改善していくことで眼精疲労に対して良い効果が現れるのは、先ほどお伝えした通りです。

 

授乳期に目薬はNG?

疲れ目やドライアイなどには目薬が効果的なのですが、
薬を控えるべきとされている授乳中も目薬を使っても大丈夫なのか疑問に思われる方もいらっしゃるかもしれません。

 

確かに授乳中は薬には敏感になってしまうところですが、眼精疲労などを改善する市販の目薬基本的に授乳中の方でも問題なく使うことができると言われています。

 

ただし、坑炎症作用がある目薬については、充血、アレルギーの痒み、目がごろごろする、涙目などの症状改善するような目薬は授乳中には使用できない場合があるようです。

 

これは、上記のような目薬には『血管収縮剤』が使われているためで、母乳の産生量を少なくしてしまう可能性も否定できません。

 

もちろん、ミルク育児の方は問題なく使えるとのことですので、場面によって使い分けるというのもひとつの方法かも知れません。

 

いずれにしても自分で判断しきれない場合は薬剤師の方に確認するのが1番安全です。

 

エストロゲンの分泌を促すのはアリ?

産後に眼精疲労になってしまう原因の段落で、
女性ホルモンのエストロゲンが減少することが大きく関わっているという話がありました。

 

そうなると、何らかの方法でエストロゲンを意図的に促して行けばいいんじゃないの?
と思う方も中にはいらっしゃるかもしれません。

 

確かにそれは体の内側からのアプローチ方法としていい考えかもしれませんが、
授乳中の場合はそういったホルモンをコントロールする眼精疲労の改善方法はあまり好ましくないと言われています。

 

なぜならば、授乳中は妊娠期のように女性ホルモンのバランスがシビアになってくるからです。

 

そういった状況に対して意図的に女性ホルモンをコントロールするようなことをしてしまえば、
母乳に対して何らかの悪影響が出てしまう危険性も考えられます。

 

だからこそ、授乳中の場合はそういったアプローチ方法は控えた方が良さそうです。

 

卒乳後なら大丈夫

エストロゲンの分泌を促して眼精疲労の改善に働きかけるというのは、卒乳してからなら特に問題はなさそうです。

 

なお、エストロゲンと言えば大豆イソフラボンという成分がエストロゲンと似た働きをしてくれるということをご存知でしょうか?

 

主に大豆製品などに豊富に含まれる大豆イソフラボンには、女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをしてくれる効果があるため、生理前の不快な症状や美容面など様々な部分で嬉しい力を発揮してくれると言われています。

 

そういった働きは同時に目に潤いをもたらし、眼精疲労にも良い影響を与えてくれると考えられます。

 

またそれ以外にも、プエラリアという成分がエストロゲンのコントロールに効果的です。
プエラリアとは、エストロゲンの分泌を後押ししてくれる働きがあり、バストアップサプリメントなどに多く用いられる成分です。

 

大豆イソフラボンと違ってプエラリアは、直接的にエストロゲンの分泌つをサポートしてくれるため、大豆イソフラボンよりもナチュラルな眼精疲労改善の効果を期待することができます。

 

さらに、プエラリアには

  • バストアップ効果
  • 美肌効果
  • 美髪効果

なども期待できると言われています。

 

出産して授乳期を経た女性の体は、バストの形も悪くなってしまったり、お肌や髪の状態も悪くなってしまうことが多いと言われています。

 

プエラリアを摂取してエストロゲンの分泌を後押しすることで
眼精疲労の改善に効果的なのも嬉しいですが、
同時に上記のようなメリットを得ることが出来るのも女性にとってはとてもありがたい効果だと思います。

 

普段の食事から、プエラリアを意識的に摂取していくのもありかもしれませんね♪

 

一望百景

スポンサードリンク