マカダミアナッツオイルは産後ママも安心!魅力的な効果と正しい使い方、注意点を大特集

マカダミアナッツオイルには、パルミトレインさんとオレイン酸がたくさん含まれていることから、非常にたくさんの健康効果や美容効果などが期待できます。
しかし、そういった複数の効果を実感するためには、正しい使い方や注意点を把握しておく必要があります。
そこでこのページでは、マカダミアナッツオイルの特徴や効果効能をご紹介するだけでなく、知っておきたい正しい使い方や注意点などについても後半部分でご紹介していきます♪

 

マカダミアナッツオイルの効果効能まとめ

それでは早速、気になるマカダミアナッツオイルの効果効能について簡単にご紹介していきたいと思います。

 

様々な生活習慣病予防する効果

マカダミアナッツオイルのパルミトレイン酸には、悪玉コレステロールを減らす効果があります。
これにより高血圧を防いだり、動脈硬化を予防する効果が期待できます。
その他にも、血管を強くする効果も期待されており、これが脳卒中や心臓病の予防にもつながるんです。

 

胃腸の健康を維持する

マカダミアナッツオイルのオレイン酸が胃の中の環境を整えてくれます。
その働きにより胃潰瘍などをセグ効果が期待されています。
また、オイル独特のすべすべ効果が腸内環境で働き、お通じを通りやすくして便秘の解消に導いてくれます。
継続することで便秘の解消、予防効果が期待できます。

 

お肌を美しくする効果

マカダミアナッツオイルのパルミトレイン酸と言うのは、私たちのお肌の表面にある皮脂にも含まれているんです。
もともとあるものの、年齢等が原因でだんだんと減少していってしまうのが現状で、その影響によりお肌が乾燥したり、シワやたるみの原因となります。
ですが、スキンケアの際にマカダミアナッツオイルを活用することで、そういったお肌の状態を改善に導く効果が期待できます。

 

特に子供出産してから大きなホルモンバランスの変化の真っ只中にある出産後のママさんは、こういった肌トラブルが発生しやすいのですが、そんな状態でもマカダミアナッツオイルのサポート効果が働いてくれます。

 

知っておきたいマカダミアナッツオイルの注意点

基本的に出産後も安心して使えるマカダミアナッツオイルですが、使い方を間違ってしまったり人によってはデメリットにつながることもあるようです。

 

使い方に関しては、マカダミアナッツオイルのメリットを求めて過剰摂取をしてしまったりすると、逆に肌トラブルの元になってしまうこともあります。
そして、温度が高く湿度の多い高温多湿環境で保存してしまうと、いくら長期保存可能なマカダミアナッツオイルとは言え、酸化のリスクが高まってしまうので高温多湿は避けましょう。

 

そして気になる人体への影響ですが、人によってはマカダミアナッツオイルとの相性が悪くアレルギー反応が出てしまう方もいらっしゃるようです。
ですので、本格的に使い始める前にパッチテストを行うことをお勧めします。

 

マカダミアナッツオイルの目的別の正しい使い方

マカダミアナッツオイルは料理に使ったりスキンケアに活用したり、髪の毛のケアに活用することもできます。
目的別で使い方が変わってきますので、それぞれの正しい使い方をご紹介していきます。

 

お肌のケアへの使い方

まずはスキンケアについてですが、シンプルに洗顔をした後に化粧水を付けた後に、マカダミアナッツオイルを2滴程度手に取って顔全体になじませて行きます。
次に、体のケアについてですが、お風呂上がりのちょっと体が濡れている状態でマカダミアナッツオイルを手に取って体全体に薄くなじませて行きます。
べたつきが目立たなくなるまで伸ばしていきます。

 

髪の毛のケアへの使い方

髪の毛のケアについては、風呂上がりのタオルドライをした後にマカダミアナッツオイルを2滴程度手に取って髪の毛全体になじませて行きます。

 

ドライヤーの前に行うのがポイントです。

 

料理での使い方

基本的にマカダミアナッツオイルは沸点も高く、いろんな料理に活用することができます。
出来上がったおかずにかけても良いですし、サラダのドレッシングにも使うことができます。
また、ちょっともったいないですが揚げ物の油にも使うことができます。

 

体の内側と外側に使えるマカダミアナッツオイルで身体全体をケアしていこう

マカダミアナッツオイルは食べるのもよし、体につけるのもよし、髪の毛にもよしで非常に万能ですので、植物由来の天然オイルで体の内側と外側からきれいのために使ってみてはいかがですか?♪

スポンサードリンク