産後の下半身は痩せない?無理なく痩せる方法

出産を終えて一番気になるのが体重ですよね。
出産したって、いつまでも綺麗な女性でありたいのがママの本音です。

 

でも、体重は妊娠前と変わらないのに、
なぜかボトムのサイズが変わらない・・・なんて思ったことは無いでしょうか。

 

産後のダイエットは、単に体重を落とすのではなく、
下半身の体型を戻すダイエットが必要なんです!

 

このページでは、産後になぜ下半身だけ戻らないのか、
どんな下半身ダイエットが効果的なのかをご紹介していきます!

産後に痩せない下半身|引き締めながら痩せる方法

下半身に効くダイエット法!

下半身ダイエットにはもうこれしかありません。
まずは骨盤ケア・骨盤矯正から始めましょう。

 

手軽にできる骨盤ケア

中には「産後少しだけ骨盤ベルトしてたよー」というママさんもいらっしゃるのではないでしょうか。

 

まずは、骨盤ベルトを引っ張り出してきましょう!
骨盤ベルトは「歩きにくくなるくらいの力でぐっと締めないと効果ないよ」と
私が子供を出産した看護師さんに教えていただきました。

 

実際看護師さんに締めてもらったのですが、両足の内ももがぎゅっとくっついちゃうんじゃない?
っていう程強く締めていただいたのを覚えています。
ただし、締めすぎて体調悪いわ!ということがあったら、それもちゃんと看護士さんに言いましょう。

 

また、骨盤ベルトは運動用など様々な種類が販売されています。
これから新しく購入を考えているママさんは、ぜひ産褥用のものを購入すると、効果が期待できますよ!

 

骨盤ベルトに加え、椅子やソファに座った状態で
膝より上あたりにボールやクッションをはさみ、内側にぐっと力をいれ、10秒ほど維持するトレーニングも効果的です。

 

これなら手軽に自宅で、のんびりテレビでも見ながらできるのでお勧めです!

 

骨盤体操

出産直後のママさんはあまり無理は禁物ですから、
激しい運動などは避け、軽くできるものを選んで行いましょう。

 

ここでご紹介するのは、自宅で簡単にできて負担も少ない方法です。

 

まず、仰向けに寝っころがり、膝を曲げ立てる。
この時、腕はリラックスして広げ、足の裏は床にぺったんこしてください。

 

この状態から、肩が浮かないようお尻だけを浮かせるようにします。
このままの状態を10秒ほど維持しましょう。

 

まずは無理なく2~3セットから始めてみてくださいね!

 

今ご紹介したのは簡単にご家庭で始められる骨盤ケアのダイエット法です。

 

しかしながら、これじゃ物足りない!という方もおられると思います。
ヨガのように本格的に出来るダイエット法もあります。

 

ご自身に合ったダイエット法が見つけられるといいですね!

 

骨盤体操の次は・・・

骨盤ケアを行い、体が痩せる準備ができてきたら、今度は痩せやすい体へと変化させていきましょう。

 

脂肪を燃やすには、血液循環と代謝アップが不可欠です。

 

トレーニングを行いながら、適度にリンパマッサージを行うことで、
老廃物や体に余計な水分などを流し、血液の循環を促し、代謝アップが期待できます。

 

また、出産によって筋力も落ちているはずです。

 

筋トレといってもなかなか難しいですから、
赤ちゃんをあやす要領で、抱っこしたまま腰を横にひねってみたり、
抱っこしたままスクワットなども効果的ですよ。

 

お子さんがある程度大きくなったら、
リフレッシュとウォーキングという意味でも、お散歩に出かけてみてはいかがでしょうか。

 

また、普段から正しい姿勢を心がける事もとっても大切です。
せっかく骨盤ケアをしても、悪い姿勢を続けることで、骨盤が再び歪んでしまう事があります。

 

赤ちゃんを抱っこしたり、授乳したりと、
産後ママは猫背になりがちですから、しっかり正しい姿勢を意識してみましょう。

 

産後の下半身太りの原因は2つ

下半身が太ってしまう原因は、大きく分けて2つあります。

  • 骨盤矯正が充分にできていない
  • 塩分過多によるむくみ

先ほど、骨盤矯正の方法として骨盤ベルトや骨盤ケア、リンパマッサージなどをご紹介してきました。

 

骨盤矯正は産後の下半身太りの最大要因

妊娠中は赤ちゃんが生まれてくるための準備として、
リラキシンというホルモンが骨盤を開くよう働いています。

 

赤ちゃんを守るために壁を作ろうと脂肪も厚くなっていますので、皮膚も伸びてきます。
出産を終えると、皮膚はたるみ、骨盤は出産で子宮口の開大と一緒に最大限に開きます。
この状態は、日常生活ではなかなか元の位置に戻ることはありません。

 

骨盤が開いていることで、内臓が落ちて下っ腹が出やすくなり、お尻も垂れてきます。
また、血液循環が悪くなり、代謝が低下することで脂肪を蓄えやすくなります。
どんなに運動や食事制限を行ったとしても、骨盤の歪みを改善出来なければ、
下半身は太りやすい体質のままとなってしまいます。

 

ヒップ周りと太ももだけが太ってしまっているなら、骨盤矯正とケア、体操やマッサージなどでも効果が見込めます。
しかしながら、『下半身全体でふくらはぎまで太ってしまっている』という方の場合は、“むくみの改善”も同時に行っていく必要があります。
ふくらはぎの“むくみ”が出てしまっている場合は『食生活の塩分過多』が考えられます。

 

先ほどご紹介した『リンパマッサージ』と並行してカリウムの摂取も心がけると良いでしょう。
冷え症も感じているなら、むくみの改善で体質の改善効果も期待できますよ♪
むくみの改善のためには『カリウム』を摂取することが大切です。
カリウムの摂取は『トウモロコシのひげ茶』がおすすめです。
スーパーやショッピングモールなどでも販売されていますし、手軽に手に入るのも魅力です。

 

また、もっと手軽に栄養補給も兼ねて乳酸菌やポリフェノールなどとカリウムを一緒に摂取できるサプリもあります。
もし、下半身太りとむくみ、冷え症、便秘など、複合的な症状に悩まされている方は一度試してみてはいかがでしょうか。

 

むくみ対策サプリ【するるのおめぐ実】の詳細ページはこちら

 

産後の下半身痩せ方法のまとめ

産後、体重が戻っても、お風呂の時など自分の体を見て、
「なんか、たるんだな・・・」なんて思うと、とても寂しい気持になりますよね。
「出産したのに、前と全然変わらないよ!」なんて言ってもらえるように、
産後もキレイママでいられるよう、頑張りましょう!

 

ただし、頑張りすぎは禁物です。
産後の子育て中は慣れないことや分からないこともたくさん出てきますよね。
そういったストレスにすべて真正面からぶつかって、尚且つ自分の下半身痩せも同時に行っていくというのは見た目以上に大変な労力になります。

 

まずは、毎日の疲れをしっかり取ること、充分な睡眠時間を確保するのは難しいと思いますが、
お風呂に入浴剤を入れてスキンケアと同時に疲れを癒しながら入浴するのも疲れが取れるのでおすすめですよ♪

 

また、下半身痩せの方法として骨盤矯正の重要性をご紹介してきましたが、
すでに産後1年以上経過していて骨盤ベルトを使うのに抵抗がある方や下腹が出ているのが気になるという方もおられるでしょう。
そういった方は、骨盤ベルトと補正下着の両方の役割を兼ねてくれて、骨盤ベルトのように『洋服の上からラインが見えてしまう』という心配もなく使えるアイテムがあります。

 

お腹の引き締めと骨盤矯正の1枚2役の補正下着

 

産後の下半身痩せには骨盤ガードル

産後の下半身太りはぜひおすすめしたいダイエットでもあって、この産後という体が生まれ変わりやすい時期を上手に使っていくことで、
ただ痩せるだけではなく素敵なプロポーションを手に入れてほしいと考えています。

 

そこでお勧めしたいアイテムが骨盤ガードルです。
ガードルと聞くと少々おばさん臭いと感じる方もおられるかもしれませんが、
下半身を何とかしようと思ったらまずはお尻や太ももからなんとかしていかないと
スッキリとした脚は手に入りにくく、出産によって骨盤が開いている方は骨盤を閉じることもでき、
お尻と太ももから痩せていくと一気に雰囲気も変わってくるので、ぜひ使って欲しいアイテムなんです。

 

ただし骨盤ガードルといっても様々な商品があるし、最近はおしゃれも兼ね備えているガードルもあるので
おすすめ商品をランキング形式で紹介しているページをご覧ください。

 

 

 

 

スポンサードリンク