HMBの正しい飲み方?ベストなタイミングや方法とおすすめアイテムのまとめ

HMBと言うと、近年の肉体改造のお供として多くの方に選ばれている成分ですよね。
そんなHMBは、プロテインと同じように、効果的なタイミングや摂取の方法などがあります。
それを知らないうちに不適切なタイミングや方法で継続してしまうよりは、HMBの特性や人間の体の仕組みに沿ったベストなタイミングや方法で飲み続ける方が、お金をかけた分だけの効果が期待できるでしょう。

 

そこでこの記事では、HMBを摂取する際のベストな方法についてご紹介していきます。
また、HMBアイテムをまだ購入されていない方に向けて、オススメのHMBアイテムのご紹介も後半部分でしていきます。

HMBの説明

HMBの効果的な飲み方を知っていますか?

HMBと言うと、継続して飲みながら筋トレをしていくと効率よく筋肉がついていく。という効果が期待されていますよね。
飲み方やタイミングとして、オススメの方法はありますが、極端な話体の中に入れてしまえばあまり変わらないのでは?
と感じる方もいらっしゃるかもしれませんね。
ですが、例えばお薬とか何かのサプリメントでも同じようなことが言えるのですが、間違った方法やタイミングで摂取すると良くない方向にことが進んでしまったり、間違ってないやり方だったとしても、飲むと効果が半減してしまったりすることがあります。
HMBの場合は、間違ったタイミングなどは特にないかもしれませんが、少なくともこのタイミングで飲むと効果的だと言うタイミングはあるんです。
具体的な方法や体の仕組みとの関係性の話を交えながらお伝えしていきたいと思います。

 

HMBを飲むのは筋トレの前がオススメ

筋力アップをサポートする成分の代名詞でもあるプロテインでは、筋トレをした後の30分以内に飲むのが良いと言われてきましたよね。
HMBもそのタイミングで飲むことは決して間違っていませんが、HMBの場合ですと、効率よく体の中でアミノ酸を供給する働きもありますので、トレーニング終わった時よりは、トレーニングの前に飲んだ方がお勧めです。
その方が、筋トレの最中も効率よくアミノ酸が補給され、体の中で使われていきます。
そうすると質の高いトレーニングや運動ができますので、そうすれば筋トレ自体の効果も高まっていきますよね。
だからこそトレーニングの後よりはトレーニングの前もしくはトレーニングの最中に飲んだ方が良いと言われているんです。

 

もちろん、「このタイミングで飲むとHMBの意味が全くなくなってしまう」といったような厳しいルールはありませんので、思い出したときにでもこういった習慣を実践してみてはいかがでしょうか?

 

HMBは適切な摂取量がある

HMB以外でも似たようなことが言えますが、いくら体に良い成分だったとしても、過剰摂取をすると効果が半減してしまったり、もしくは副作用が発生することだってあります。
HMBの場合は、飲み過ぎで副作用が発生する、といったような心配は無いかもしれませんが、過剰摂取をしてしまうと筋肉をサポートする働きが低下しやすいと言われています。
実際に海外の大学で行われた実験によると、適切な摂取量よりも多く摂取し続けたグループは筋肉サポートの効果が大きく低下したことがわかっているそうです。

 

HMBを飲めば効率よく筋肉が鍛えられるわけですから、可能であればたくさん飲みたいところですよね。
しかし、HMBについては余分に取りすぎてしまうと、逆にもったいないので、適切な量守っていくように心がけましょう。
なお、HMBの適切な摂取量と言うのは、1日あたり1.5グラムから3グラムだと言われています。

 

HMBは分割して飲むと効果的です

HMBは、1日に必要な量をまとめて飲むよりは、少しずつ分割して小分けに飲む方が体の中で効率よく働くと言われています。

 

なぜこのようにしたほうが良いのかと言うと、人間は体に良いものを摂取したとしても、いちどにそれを全て吸収できるわけでは無いそうです。
そしてその時に摂取したものではみ出したものは、残念ながら排泄物として体の外に出てしまうと言われています。

 

わかりやすい例で言うとお水だそうです。
お水は私たちにとって必要不可欠なものですよね。
しかし、水はいちどにまとめて補給してもその全てが吸収されるわけではなく、むしろそのほとんどが尿として体の外に出てしまいます。

 

だからこそ、こまめな水分補給が重要だと言われています。
このような理由とすごく似ています。
もちろんいちどにまとめて補給することが悪いわけではありませんが、
少しでも無駄にしないためにも可能であればこまめに摂取していく方を選んでいきたいですね。

 

普段の食事だけでHMBを補うのはちょっと難しい

HMBはもともとはタンパク質が分解されたり代謝されたりして行き着いた最終地点のようなものです。
つまり大元の部分はタンパク質なので、普段の食事でたくさんタンパク質を摂取すれば良いのでは?と思いたいところですよね。
しかし、なかなかそうもいかないんです。

 

というのも、HMBはタンパク質が分解されたその先にある
ロイシンが代謝されたものなのですが、
たった1グラムのロイシンから作られるHMBは、
およそ0.05グラムから0.1グラムほどしかないそうです。

 

しかし、先ほどもお伝えしたように、1日あたりのHMBの摂取量の目安は1.5グラムから3グラムです(体重によって変わってきます)。
そのため、普段の食事だけでは到底補い切れないことがイメージできます。
しかしHMBのサプリやドリンク等であれば、
そもそもの設定値が1日のHMBの摂取量の目安に設定されていますので、
それをただ飲み方の通りに飲めば良いだけなんです。

 

だからこそ、多くの筋トレ好きの方、ダイエットをされている方、
肉体改造したい方たちが、わざわざ数千円ものお金をかけてHMBアイテムを継続して購入しているんです。

 

HMBは筋肉を減らす動きを防いでくれる

実は私たちの筋肉は、たいして使っていない状態が続くと筋肉が分解されてエネルギーになってなくなってしまいます。
そのため、昔はよく運動していたけど最近は運動しなくなったせいか、筋肉がどんどんなくなって、ぷにぷにになってしまった。
と言う方も少なくないはずです。
ですが常にHMBを補給していれば、筋肉が分解されていくことを防ぐこともできますので、出来上がった体を維持するのにも効果的なんですよ♪

 

どのHMBアイテムを飲むか決まっていますか?

もしもHMBアイテムをどれにするか決まっているのであれば大丈夫なのですが、そうでない方はぜひこれからお話しする内容を参考にしていただければと思います。
というのも、HMBサプリは、検索するといろんなものが出てきます。
中には、値段は安いけれども中身が全然伴っていない粗悪なものもあります。
そういったものを選んだ場合、お金は安く済むかもしれませんが大した効果が期待できないので、結局お金の無駄になってしまいます。
逆に、高ければ良いというわけでもなく、無駄に高くて中身が普通。というものだってあります。
これは論外ですよね(笑)

 

私は私のママ友が飲んでいるHMBサプリであれば、値段も高すぎず安すぎず、
値段の割には中身がしっかりと充実しているため、そこにお金をかける価値が十分にあると感じています。
せっかくだったらそういったものにお金を出したいですよね。
そのサプリがこちらです。

 

ベルタHMBサプリ

 

このサプリは、あの有名なベルタ社から発売されているHMBサプリです。
既にご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、ベルタ社を改めて簡単に紹介すると、これまで数多くの「女性のためのお助けアイテム」を世に排出してきた女性に優しい会社でもあります。
出産後のママのための葉酸サプリとかも出しているメーカーです。
そんなベルタ社から発売されているHMBサプリですので、品質の安全性やクオリティーももちろんですが、女性にとってもうれしい成分もたくさん含まれています。

 

どれにするかまだ決めていないと言う方は、いちどベルタHMBサプリをチェックして、選択肢の1つに加えてみてはいかがでしょうか?

 

また次のページでは最近流行のHMBサプリの中でも女性が使えるもの、
そしてそれらの選び方など詳しく解説しています。

 

 

 

スポンサードリンク