産後の骨盤ゆがみはいつまでに矯正すれば良い?やり方と効果

産後の骨盤のゆがみについて

産後のママの悩みの一つに『骨盤のゆがみ』があります。

 

お産で赤ちゃんが通ってくることができる産道が広がらないと赤ちゃんが通れませんから
骨盤が開くことは当然と言えば当然なのですが、
問題は産後の骨盤の開きは『産後のある程度の時点までに矯正しないといけない』という点です。

 

まずは、産後の骨盤の開きを矯正できずにゆがみにつながってしまうとどんな影響があるのかについてご紹介しておく必要があります。

産後の骨盤の開きが“ゆがみ”になると・・・

産後に体型が崩れてしまう大きな原因の一つが、骨盤のゆがみと言われています。
この骨盤のゆがみというものは、実は様々な弊害を引き起こすんです。

 

  • 老化現象の加速
  • 下半身太り
  • 便秘
  • 姿勢が悪くなる

 

大きく分けると、このようなものを骨盤のゆがみは引き起こしてしまいます。
骨盤がゆがむと、血流が悪くなり、代謝も悪くなっていきます。
疲れも取れなくなりますし、行動も老化が進んだような消極的な行動になってしまうんですね。

 

痩せたいと思っていなくても姿勢が悪いとか、いつもねこ背だという方も多いのではないでしょうか。
産後ダイエットに成功しても、骨盤の影響で下半身太りは解消できていないという方も多いはずです。

 

しかし、妊娠する前に着ていた洋服が出産した後に着れないとか、履けなくなっているというのは女性にとってショックそのものです。
だから産後のダイエットはみんな努力するのですが、特に下半身太りや、ポッコリお腹で悩んでいるという方は、この骨盤のゆがみが原因でなっているかもしれませんよ。

 

このページでは、そんな産後の骨盤ゆがみをいつまでにどのようなケアで矯正すれば良いのか、
仮にそれが順調に計画通りに行かなかった場合はどうすれば?といった部分も一緒に詳しく見て行きたいと思います。

 

まずは、産後の骨盤ゆがみがいつまでにどのような変化でどうなるのかといった部分を見て行きましょう。

産後の骨盤の開きはいつまでに矯正するのが良い?

産後の骨盤矯正は、多少の個人差がありますが、産後半年以内を目安に正しい『元の状態に矯正するのが良い』と言われています。

 

その理由はお産に向けて骨盤の恥骨まわりの靭帯(じんたい)をゆるめて柔らかくするリラキシンというホルモンが
妊娠中の3ヵ月目ころから産後の産褥期(およそ2ヶ月)まで分泌されると言われていて、その影響が産後約半年頃まで続くと考えられているからです。

 

なので、この期間中は骨盤ベルトを着けたまま生活するようにした方が良いと思います。
骨盤ベルトは、骨盤の状態を正しく元通りに戻す力が加え続けることができるからです。

 

ちなみに産婦人科でも、お産(分娩)が終わってすぐに助産師さんが骨盤ベルトを巻いてくれて、
母親学級などでも事前に正しい巻き方やいつまで巻いたまま生活するのかなどの細かいところまで教えてくれる病院もありますよ。

 

とはいえ、骨盤ベルトを巻いたまま生活するのはなかなか大変です。
トイレやお風呂のたびに毎回取り外して、また装着して・・と行うのが面倒で途中でやめてしまうママもいます。
そこで、次の段落では忙しい子育て中の生活で骨盤ベルトを使いたくなくなってしまった場合の対策についても見て行きたいと思います。

産後に骨盤ベルト生活は面倒!良い方法はない?

産後すぐに装着される骨盤ベルトですが、産褥中は比較的安静にする時間や機会があるという方でも
その時期が終わったら面倒だし、締め付ける感覚がイヤだから着けていたくないという方も多いんです。

 

そういった場合は、ストレスを抱えてまで着けたまま続けなければいけないということはありません。
産後の授乳中は、ほんのわずかなストレスでも体調を崩したり、母乳の出が良くなくなったりします。

 

そのため、できるだけ産後の授乳中はストレスフリーな生活を心がけたほうが良いと言えます。
それに前述の通り、骨盤を柔らかくするリラキシンの分泌が終わったとしても
『産後半年内を目安に矯正すれば良い』とご紹介した通り、決して焦る必要はありません。

 

ではそういった場合にどのようにして骨盤矯正を進めて行くのかを見て行きましょう。

産後の骨盤矯正はベルト以外にも方法が!

産後の骨盤矯正のための方法は、確かに骨盤ベルトの装着が一番一般的な方法ですが、
それだけしかないのかというとそうでもないんです。
その方法をいくつかに分けてご紹介します。

  • 産後の授乳中の姿勢や座り方に注意する
  • 背筋を伸ばして生活する
  • 腰痛軽減のシムス位を取るなどの工夫をする
  • 整骨院や整体などのマッサージ術を受ける

ざっと数えるだけでもこれらの方法があります。
また、骨盤矯正ガードルや矯正下着など着圧で骨盤矯正に導いてくれるアイテムもありますよ。
具体名を出すと、芸能人のヒロミさんがプロデュースしている『Vアップシェイプリフト』などがそれに当たります。

 

また、普段の生活の中での姿勢の大切さもあります。
次の段落では、骨盤のゆがみがなかなか治らない原因にもなる『姿勢』についても見て行きましょう。

産後の骨盤のゆがみは生活の中にも理由が・・・

骨盤は出産によってゆがむのは多くの方がご存知だと思います。
しかし、それとは別にも骨盤のゆがみが起こる理由があることを知っていますか?

 

女性は赤ちゃんを産むために骨盤が開いて、出産を終えて約6か月をかけて徐々に骨盤は閉じていくと言われています。
しかし、日常の生活の中には骨盤をさらにゆがませるような要因になるものがあることを、意外とみなさん知らなかったりします。
その結果、なかなか骨盤が治らず、産後のダイエットも正しいアプローチで出来ていないために失敗やリバウンドをするような痩せ方をしてしまったりするんです!

 

生活の中での骨盤のゆがみの原因は、姿勢なんです。

 

姿勢が悪いと骨盤は正しいポジションを保てません。そうなるとよりどんどんゆがんでいきます。
姿勢と言っても、普段から座る時によく足を組む、立っているとどちらかに重心を傾けがち、バッグなどを左右決まった方向にしかかけないなど
姿勢が悪くなってしまう要因は生活の中ではとても多くあるんです。
普段ならそんなに気にしなくてもいいのかもしれませんが、産後という特別な時期だからこそ、姿勢を気にしてほしいんです。
この時期に気にするだけで、産後ダイエットの成功確率も大きく変わってくるはずです。

産後すぐの骨盤矯正について

産後の骨盤矯正は、できるだけお産が終わったすぐ直後から行われる骨盤ベルトの装着から始まります。

 

産後の骨盤矯正は、お産が終わったすぐ直後から行われる骨盤ベルトの装着から始まります。
この骨盤ベルトを装着する理由は何故かと言うと、お産の時に赤ちゃんが通過できるだけの広い産道を確保するために骨盤を開かせるホルモンであるリラキシンが分泌されている間に『骨盤が歪まず元の正規の形に戻ることを助けるため』です。

 

骨盤ベルトには、有名なメーカーのトコちゃんベルトや犬印本舗の骨盤ベルト、ワコールの骨盤ガードルなど、いろいろな種類のものがあります。
ちなみに日本国内の産婦人科で1番病院自体が推奨している骨盤ベルトは『トコちゃんベルト』と言われています。

 

このような骨盤ベルトを装着することによって産褥期間中に分泌され続けているリラキシンによって骨盤の靭帯が緩んでいるところを骨盤ベルトでしっかりと閉めてあげることが目的です。このお産直後の産褥期間中に骨盤ベルトを装着しない場合は、骨盤が開いている状態からもともとの本来の形に戻らず『骨盤の歪み』の原因となります。

 

骨盤が歪んでしまうと、このページの冒頭でもお話しした通り産後太りや老化現象、腰痛や肩こり、姿勢の悪さによる産後の子育て中のストレス、痛み、便秘、疲れなど様々なトラブルの元になってしまいます。ですので、お産が終わってすぐの時点から骨盤ベルトでしっかり骨盤を固定してあげると言う事はとても大切な事なんですね。

 

また、骨盤の歪みが大きい場合、自力で歩くことができないほど痛みがひどくなってしまうケースもあります。ですので骨盤ベルトはしっかりと閉めた状態で過ごすようにしましょう。またこの時期に骨盤ベルトをしっかり閉めて骨盤底部の筋肉や恥骨がちゃんと元に戻ることで、しっかりと回復することで、子宮復古もスムーズに進み、骨盤が開いて子宮が下の方まで下がったことによる内臓の位置のズレも回復し、産後の子育て中の便秘予防にも役立ちます。
また、産後の尿漏れトラブルや恥骨痛などのその他のトラブルも回避することができます。
骨盤矯正をできるだけ早い段階で『安全にしっかり行うこと』によって、ママ自身の今後の人生の中で起こる体調不良も予防できる効果が期待できるんですね。

骨盤ベルトはいつまでつけて過ごすの?

骨盤ベルトを産後いつまでつけたまま過ごすのかというところは気になるところでは無いでしょうか。

 

骨盤ベルトは、かなりきつめにしっかりと閉めないと『ちゃんと効かない』とも言われており、産後の子育て中でも窮屈に感じるママさんも多いんです。
この産後の骨盤ベルトは何時まで?という疑問についてですが、リラキシンというホルモンが分泌されているのが、産後8週間位までと言われており、
その期間中はできるだけ骨盤ベルトを装着したまま過ごす事がお勧めです。

 

とは言え、おトイレで用を足したり、産後の1ヵ月検診が終わるころから入ることができるお風呂の時などは外すので、
再び装着するときに正しく装着するための方法などもお産の前に『母親学級』等でしっかりと学んでおくことも大切です。

 

こうして、産後の産褥期を骨盤ベルトを装着してできるだけ安静にして過ごすことで、骨盤の歪みを起こすことなく、回復することができ、
先ほども軽く触れたような腰痛や肩こりなどの『産後に起こりやすいトラブル』を予防することができるんですね。

 

また、産後の骨盤矯正がスムーズに行われることで、身体の中心を通る大動脈の血流が元通りにしっかりと確保されることで産後ダイエットもスムーズに行えるようになりますよ。

スポンサードリンク