産後ママに人気のウォーターサーバーの月々の電気代は?

出産後と言うのは、出産の際の分娩費用や、出産後になって
必要になって来るものを購入するためのお金など、
とても高額なお金が必要になってくる時期です。

 

車を持っている人であればチャイルドシートを買うし、
車がなければベビーカーは必須アイテムとなるでしょう。
小さな赤ちゃんのために様々なものを買ったり、生まれてから
1年は何かとイベントもあります。
とても幸せな時期でもありますが、人によってはとても苦しい時期でもあります。

 

それでも出産後にウォーターサーバーを導入される方はとても多く、
あまり詳しくない方は、ウォーターサーバーの電気代などが
すごく高額なイメージをもたれる方が多いのですが、
実際に調べてみると意外と高くないことがわかります。

 

 

このページでは、出産後の費用についてや、ウォーターサーバーにかかる電気代、
出産後にウォーターサーバーを導入することのメリットなどをまとめています。

 

 

目次

 

  • 産後の出費について
  • それでも産後にウォーターサーバーを導入するメリット
  • ウォーターサーバーの気になる電気代は?

 

産後の出費について

出産後にかかるおおまかな費用について、簡単にまとめていきます。

 

赤ちゃんが生まれてから1歳になるまで非常に高額な費用がかかってしまいます。
これはあまり詳しくない方でも簡単に想像がつくでしょう。
実際に分娩費用や、入院費用は場所によって様々ですが、
合わせるとおよそ25万円から100万円と非常に大きな開きがあることがわかります。
その中でも平均はおよそ30万から40万程度です。

 

 

それ以外にも、赤ちゃんのために快適な環境整えてあげるためにも、
洋服やベビーベット、オムツやお風呂グッズなど、
他にも様々なものを購入する必要があります。
中には消耗品もあるので月々の出費にのしかかってくるものもあります。
これらもまた数十万ほど平均的にかかってきます。

 

 

このようにでかい出費がかさんでしまうのは皆同じです。
ですが出産のタイミングをきっかけにウォーターサーバーを導入する家庭が多いのも事実なんです。

 

なぜそういった家庭が多いのか。
それは出産後のタイミングでウォーターサーバーを導入することで大きなメリットがあるからです。

 

次の段落で出産後のタイミングでウォーターサーバーを導入するメリットをまとめているのでチェックしてみましょう

 

 

それでも産後にウォーターサーバーを導入するメリット

出産後にウォーターサーバーを導入することのメリットは、主に赤ちゃんとママにあります。

 

 

まずは電話1本で自宅にお水を届けてくれると言うこと。
当たり前ですがスーパーやコンビニに電話1本入れたところで、
お水を自宅に持ってきてくれるというサービスはありません。
ですがウォーターサーバーであればあらかじめ電話をしておけば、
次の日には自宅に届けてもらうことができます。

 

 

出産後と言うのは赤ちゃんを連れての買い物すらままならないのに
重たい水なんてなかなか買うことができません。
ましてや出産後間もないままさんはおとなしくしていることが第一優先なので
重たい水を買いに行くなんてもってのほかです。
そういった理由からウォーターサーバーのこうしたサービスはママにとても優しいですよね。

 

 

次に冷たい水と温かいお湯がすぐに出てくるということです。

 

いちど経験された方わかるかと思いますが、ミルクを作るのに時間がかかってしまうと赤ちゃんがすぐにぐずりだしてしまうので、ここはできるだけ早く作りたいものです。ミルクを作るには温かいお湯が必要なので、わざわざ沸かすことなくお湯がすぐに出てくるウォーターサーバーはミルクを作って与えているママさんにはとっても嬉しいですよね。いち早く魅力が欲しい赤ちゃんにとって、すぐにミルクができるのは赤ちゃんにとってもうれしいことです。またほとんどのウォーターサーバーには、やけどを防ぐために熱い方止めておくこともできます。安全性もバッチリです。

 

ゴミ捨てに困らないのも大きなメリットの1つ、
ペットボトルで赤ちゃん用の水を購入する形が悩むのは、
空いたペットボトルのゴミ捨てです。

 

2リットルのペットボトルは以外と場所をとるし、
水の消費は結構頻繁なので捨てても捨てても湧き出てくるような感じです。

 

それに対してウォーターサーバーは、空っぽになった容器を業者さんが
引き取りに来てくれるのでお家の中にゴミが溜まってしまうこともありませんし、
わざわざ捨てに行く手間も省けて凄くらくちんです♪

 

このようにウォーターサーバーには、赤ちゃんとママにとっても嬉しいメリットがたくさんあります。

 

メリットが豊富にあるとはいっても、実際に電気代は気になるところです。
次の段落では気になるウォーターサーバーの電気代についてまとめています。

 

ウォーターサーバーの気になる電気代は?

ウォーターサーバーの電気代は、1,000円前後と書いてやるサイトもありますが、
実際に最新の省エネ機能が高性能なウォーターサーバーなどを見ていると、
一ヶ月の電気代が300円台のものもあります。

 

これはとても安い物をピックアップしましたが、
その他にも数100円台の電気代で収まるようなウォーターサーバーが豊富にあるんです♪

 

ウォーターサーバーを導入する上で気になるのはやはり電気代でしたが、
こういった内容であれば、メリットを思い浮かべると安いものかもしれませんね。

 

しかしウォーターサーバーというのはいろいろなメーカーから出ていますし、電気代も追加購入の水の価格もまちまちです。
さらに赤ちゃんにもおすすめでママさんの身体にもいい種類となると迷ってしまいます。

 

そこで産後におすすめしたいウォーターサーバーの特集ページを作りました!

 

産後のウォーターサーバー

スポンサードリンク