産後にキレイになる低インシュリンダイエットのすすめ

産後ダイエットとしても注目されている低インシュリンダイエットをご存知でしょうか。

 

出産が終わったタイミングというのは、体も出産の準備から解放されているとはいえ、体型は妊娠前の状態には戻っておらず、
特に下半身についたお肉を気にされる方がとても多いのも特徴の一つです。

 

また下半身とともに、出産によって下腹部を中心にお腹周りのお肉も気になる方も多いと思います。

 

産後の体型崩れは、授乳期間というタイミングを区切りに、痩せていく方が多いのですが、なかなか痩せていけない方も多くおられます。

 

歌手の安室奈美恵ちゃんや、女優の菅野美穂さんが行っていることでも注目された、低インシュリンダイエットをこのページでは特集しています。

低インシュリンダイエットとは

低インシュリンダイエットというのは、摂取カロリーを抑えるのではなく、血糖値を急激に上げてしまう糖質の摂取を控えるダイエット方法です。

 

『低GI食品』というのを聞いた事がありませんか?
低インシュリンダイエットでは、この『低GI食品』を食べるというやり方になるため、自分が食べている食材のGI値を知ることが低インシュリンダイエットになるんです。

 

GI値とは、食事の後で2時間以内に血糖値が上がる速度を数値化したものでグリセミックインデックス=GIというものです。

 

低GI食品とは

低GI食品とは、身体を動かすエネルギー源となるカロリーは持っていながらも
血糖値の急上昇をさせてしまう炭水化物やデンプンを低く抑えた食品のことです。

 

分かりやすい例を挙げると

  • 白米は、高GI食品(GI値88)
  • 玄米は、低GI食品(GI値55)

となっています。

 

低インシュリンダイエットと聞けば、難しそうなイメージがあるかと思いますが、実は意外に多くの方が実践されている内容のダイエット方法でもあるんですよ。

 

低インシュリンダイエットというのは、血糖値を上げにくい食材を中心に食事をとるダイエット方法になります。

 

そもそもインシュリンというものを摂取していくと、血液中の使われなかったエネルギーなどを蓄えるようになっていくので、
それらが結果として脂肪へと変化していくのです。

 

多くの方が実践されている、食事のときは野菜や果物から食べ始めるというのも、実は低インシュリンダイエットのひとつなんですよ!
産後という時期は、子供も生まれたばかりで、育児や家事などでママさんはとても忙しいものです。

 

時間的な余裕とともに、体力的な問題もあるため、手軽にできる低インシュリンダイエットは効率のいい痩せる方法ともいえるんですね。

 

低インシュリンダイエットの効果

低インシュリンダイエットの効果は、体脂肪を作らないことによる内臓脂肪の減少や血糖値の低下です。

 

つまり、血管や肌、内臓が健康になるため、自然とキレイになるし、肌のツヤや血色も良くなって健康診断でも良い数値を叩くようになります。

 

低インシュリンダイエットは先ほどご紹介した通り、低GI食品を食べることです。

 

まずは、現状把握がすべての始まりになるので、自分が食べたものを記録するところから始めましょう。

 

低GI食品はどんなもの?

玄米・・・・・(55)
ライ麦パン・・・・・(55)
オートミール・・・・・(54)
全粒粉パン・・・・・(50)
そば・・・・・(54)

 

これらの食品が低GI食品となっていますが、確かにヘルシーな食べ物のイメージですよね。

 

産後の身体の不調は、貧血や生理再開がなかなか来ないなど、
もしかしたらわたしの身体は『もう二度と元気な状態に戻れないんじゃ・・・』と心細くなってしまうものが多いと思います。

 

それだけに、まずは体の巡り(血液循環)をしっかり良質な状態を確保するきっかけになる低インシュリンダイエットは大きなターニングポイントになるかも知れませんよ。

スポンサードリンク