産休が終わった後の産後女性の職場復帰について

妊娠、出産というのは女性のとても大きなイベントですが、それから職場復帰しようとすると、まだまだ認識の差や女性の難しさなどにぶつかる方が多いようです。
アベノミクスとはいってもまだまだ日本は経済が完全には回復しておらず、出産後にそのまま主婦と言う方もおられますが、共働きをしなくてはならない、だんな様の収入では不安だと言った方はとても多いのが実情です。また、企業側でも産休制度や産休が終わった方の職場復帰についての制度がしっかりとなされている企業がまだ一部だというのも、女性側からしたら不安なポイントにもなっているようです。

 

更に現在では、女性でも出産した後でも働きたいという方も増えてきて、今後の日本も女性の力がとても伸びて行くことが見込まれています。

現在の産後女性の職場復帰の現状

妊娠前にフルタイムの仕事をしていて、出産のためにその仕事を辞めた方は、ある調査では43%もおられるようです。この数字はとても大きく、出産を終えて職場に復帰するということはとても難しいという現れとなっています。

 

その為に女性は出産のために、一度仕事を辞めて、仕事ができるようになってから再就職をするというスタイルをとらざるを得ないという現状なのです。
待機児童の問題、地方の企業の産休制度や育児制度の実施状況など、多くの問題があるのですが、パートタイムやアルバイトでの仕事を考慮に入れたりと現状を打破しなくてはなりません。

 

また、育児と仕事の両立はとても難しく、様々なところに気をつけなくてはなりません。

  • 子どもの風邪などの病気で呼び出されることがある
  • 子どもを迎えに行かなくてはならない
  • 病気で休む場合の看病
これら以外でも予定になかったことが起こるのが育児です。

 

なので、そういった事情を理解してくれる環境。だんな様や両親と言った理解は絶対に必要ですし、自分の相談ができるような友人関係なども大事になってきます。ママ友など新しい交流も生まれてきますが、すべてを語れる友人関係も大事なので、様々なところに気をつけて行きたいものです。

 

産後の職場復帰で注意したいストレス

出産休暇や育児休暇をとって、その後職場復帰した場合ストレスに悩む方がとても多く、
これから職場復帰する方に向けて、どういったストレスがあるのかを紹介していきますね。

 

なお、ユースキン製薬さんの「働くままのストレスに関する実態調査」を参考に見ていきましょう。

 

産後のママのストレスは、ママ友や近所づきあい、職場環境の人間関係が主なものだと思われてきましたが
この実態調査で興味深い結果が判明しました。

 

調査結果としては「時間のなさ」が圧倒的にストレスとして感じやすく、復職をした方の4割以上が
一度は仕事と育児や家事の両立が難しく辞めたいと考えたことがあるということもわかりました。

 

仕事を辞めたいと感じる方の中で6割以上が職場復帰後3か月未満という直後の時期に感じるそうです!
これはまだ仕事と育児に慣れていないためで、自分なりの習慣ができないまではかなりのストレスを感じるんだそうです。

 

 

スポンサードリンク