産後のビキニラインに出来る黒ずみの正体とは?

産後のビキニラインに黒ずみができてしまうと、いくらなれた間柄でも旦那に黒ずみが見られるのは恥ずかしい。
こういった悩みをお持ちのママさんは少なくありません。

 

体に大きな害があるものではなかったとしても、気になってしまうものは気になってしまいますよね。

 

また、黒ずんだデリケートゾーンが『旦那さんのやる気を削いでしまう』ことも。

 

そんなビキニラインに発生している黒ずみの正体は、妊娠期に大量発生したメラニン色素です。

 

本来肌を守るために発生するものなのですが、これが皮膚に色素沈着すると黒ずみとして現れてしまうんです。

 

ここではそんな産後のビキニラインに発生している黒ずみの原因や改善方法、
これからの発生を防ぐための予防方法などについても見ていきたいと思います。

 

産後のビキニラインの黒ずみはなぜ?

黒ずみに対しては改善策も大事ですが、なんで産後はビキニラインに黒ずみができるの?と純粋に気になる部分でもあります。

 

産後に限らず、黒ずみが発生してしまう原因は外部からの刺激が挙げられます。

 

紫外線や衣類が擦れた時、こういったことが外部からの刺激に該当します。

 

そういったことから皮膚を守ろうとしてメラニン色素を作り出してしまいます。

 

これが黒ずみが発生してしまう原因なのですが、
実は妊娠中に女性ホルモンの分泌が盛んになったことがこういった動きを加速させてしまっていたんです。

 

妊娠中にたくさん分泌された女性ホルモンのプロゲステロンには、
メラニン色素の分泌を増加させる働きがあると言われているんです。

 

つまり、外部からの刺激を受けた際に生成されるメラニン色素をの量が妊娠中はいつもより多くなってしまうんです。

 

そうなると皮膚に色素沈着する機会が増えてしまうため黒ずみができやすいんです。

 

そしてさらに、ショーツを入っていたり下着のサイズが小さかったり下着の素材が硬かったりすると、その分外部からの刺激も増えてしまいます。
また、自転車をこぐだけでもぴったりとしたホットパンツなどを履いているとどうしても刺激が強く発生してしまいますので、それに皮膚が反応してしまうんです。

 

このように、妊娠期間に外部からの刺激を受ける機会が多かった方は、特に産後のビキニラインの黒ずみが多くできているのではないかと考えられます。

 

産後の黒ずみ対策はいつからできる?

産後は体がとてもデリケートな状態であり、
こういった黒ずみ対策をするにも適切なタイミングがあるのではないか?と思いますよね。

 

ですが、黒ずみ対策に対しては特に適切なタイミング等はなく、
自分の行いたい時にすることができるようです。

 

ただし、産後の黒ずみビキニラインの黒ずみ対策の効率は
生理再開後に一層良くなると言えるでしょう。

 

というのも、妊娠中の女性ホルモンのバランスは特別な状態で、
エストロゲンとプロゲステロンが両方とも分泌されている状態だからです。

 

そういった『特殊な状態』が治まるのが『産後の生理再開』が目安ともいえるからです。

 

ただし、先ほども言いましたが、肌に刺激を与えない方法で、しっかりメラニン対策を行うのは
『産後すぐ』からでもできますので、安心してくださいね。

 

ビキニラインの黒ずみの改善方法

産後のビキニラインの黒ずみを改善したいという場合は、できる事はたくさんあるのですが結局のところ肌のターンオーバーを正常に機能させる。
これに尽きると言われています。

 

皮膚に埋め込まれたような形で存在する黒ずみは、ターンオーバーを繰り返すことで徐々に表面に上がってきてやがて消えると言われています。

 

そのためには、ビタミンをたくさん摂りましょう、十分な睡眠をとりましょう、美白クリームを塗りましょう。
などいろいろな対策があるのですが、これらはどれも結局は肌のターンオーバーを正常に機能させるための方法なんです。

 

つまり、産後のビキニラインの黒ずみ対策を行いたい!改善したい!

 

という場合は、肌のターンオーバーを正常に機能させる事に励むことが最善の手段だといえます。

 

肌のターンオーバーを正常に機能させるには、

 

  • 十分な睡眠をとる(肌のゴールデンタイムの夜10時から深夜2時の間は特に)
  • 適度な運動を行う
  • ストレスをコントロールする
  • バランスの良い食事をとる
  • 正しいスキンケアを行う

 

肌のターンオーバーを正常に機能させる際は特別何かアイテムを使ったりする必要はありません。

 

一般的に正しい生活習慣、適切な自己管理などを行うことで、
肌のターンオーバーを正常に機能させることが可能になるようです。

 

それに加えてターンオーバーを促すための成分が含まれた美白クリームなどを使うと
より効果が期待できるといえますよ。

 

逆を言うと、

 

  • 睡眠不足
  • 運動不足
  • ストレスをためてしまう
  • 炭水化物に偏った食生活
  • 間違ったスキンケア

 

このような習慣があるとターンオーバーが鈍ってしまうため、
黒ずみがいつまでも皮膚に滞在した状態が続いてしまうということも考えられます。

 

産後のビキニラインの黒ずみを予防するには

先ほど紹介したようなビキニラインに発生した黒ずみの改善方法は、ビキニラインに限らず乳首や脇の下などの黒ずみにももちろん効果があります。

 

では次に、今後黒ずみが発生しないように予防するためにはどうしたら良いのかについて見ていきます。

 

原因の部分で紹介しましたが、黒ずみの原因であるメラニン色素は、
外部からの刺激に反応して作り出されてしまうという話をしました。

 

つまり、外部からの刺激を最低限に抑えてあげることでビキニラインで発生する黒ずみを予防することが可能です。

 

そのためには、

 

  • 皮膚の表面を清潔に保つ
  • ムダ毛処理を雑に行わない
  • 自転車に乗るのを控える
  • 下着やパンツなどは柔らかい素材を選ぶ

 

これらのポイントを意識することでビキニラインに与える刺激を限りなくを抑えることができます。

 

しかし、自転車に乗るのを控えるということに関しては通勤手段である方にとっては厳しい内容だと思いますので、その他の面でできる限り刺激を与えないような工夫ができると良いと思います。

 

黒ずみ対策でやってはいけないこと

 

黒ずみ対策をする上でやってはいけないことがあります。
それはゴシゴシ洗ってしまうことです。
ある程度月日が経つとターンオーバーの働きによって黒ずみがだんだんと浮かび上がってきます。

 

そうなるとゴシゴシこすると落ちそうな気がして、皮膚の表面をゴシゴシ洗ってしまう方が稀にいらっしゃいます。

 

ですがもう少し待てばきれいに落ちるはずの黒ずみも、ゴシゴシ洗うことによって皮膚の表面が傷つきメラニン色素が大量に発生する原因になってしまいます。

 

またそうなると洗ったら黒ずみのきっかけになってしまいますので、焦ることなくターンオーバーの働きに任せてゴシゴシするのは控えたいところです。

 

産後の黒ずみは自然に治るって本当?

これについては『答えは“YES”』です。

 

ただし、これにはここで紹介した肌のターンオーバーが関係しています。

 

産後は、妊娠期に盛んに分泌された女性ホルモンが減少していきますので、
メラニン色素をが大量に生成されるという現象も落ち着いてきます。

 

この時に肌のターンオーバーが正常に機能していれば数カ月後には黒ずみも改善されていくと言われています。

 

ただし、何らかの影響で女性ホルモンの変化が妊娠前の状態に戻らないということもあり得ます。

 

ターンオーバーが正常に機能していなかったりすると、この自然治癒のタイミングで
思うように黒ずみが改善されないということも考えられます。

 

そのようなことも踏まえて、ビキニラインの黒ずみ対策をお考えなのであれば、
肌のターンオーバーを正常に機能させる事に集中することが大切になってきます。

 

産後ママも安心の黒ずみ対策クリーム

生活習慣を改善した上でターンオーバーを促す美白成分が配合されている美白クリームを使うことで、より黒ずみが改善されやすいという話がありました。

 

そこで産後のママにとって安全に使えて、なおかつ効果が高い美白クリームを紹介したいと思います。
イビサクリームというアイテムをご存知でしょうか。

 

 

まとめ

 

それではここまでの内容を簡単にまとめてみたいと思います。

 

  • 黒ずみの正体はメラニン色素
  • 妊娠期のホルモンの影響から産後は黒ずみができやすい
  • 産後の黒ずみ対策は基本的にいつからでも行える
  • 黒ずみ改善方法は肌のターンオーバーを正常に機能させること
  • ビキニラインの黒ずみを予防するためには外部からの刺激を最小限に抑えること
  • 黒ずみ対策では皮膚をゴシゴシすることは絶対に控えること
  • ターンオーバーを正常に機能させることで自然治癒による黒ずみ改善を期待できる

 

繰り返しになりますが、産後の黒ずみを改善するにはターンオーバーを正常化させる、鈍らせないことが何よりも重要です。
上手くいけば、数ヵ月後にはきれいに改善されていることも期待できます♪

スポンサードリンク