産後の脂肪は〇〇だから落としやすい!簡単に脂肪燃焼させる秘訣

悩み

産後ダイエットで真っ先に考えるのが、妊娠期間にたまりに溜まった脂肪を燃焼させることではないでしょうか?

 

今現在、産後のダイエットで運動などをしていてもなお苦戦されている方もいらっしゃるかもしれませんが、実は妊娠期間に蓄えられた脂肪と言うのは、普通の脂肪とは違い特徴があるんです。
その特徴を抑えて、それに合ったダイエット取り組めば、誰でも簡単に効率よく脂肪燃焼させることができちゃいます♪

 

ここでは、その方法を皆さんにわかりやすくお伝えしていきたいと思います(^^)

 

また、ページの最後の部分では、本気のダイエットを検討されている方だけに見ていただきたいとっておきのダイエット方法も特集しています。

 

妊娠中に蓄えられた脂肪の特徴とは?

脂肪というのは、ステアリン酸,パルミチン酸などの飽和脂肪酸を成分として多く含んでいます。
ただ、妊娠中に蓄えられた脂肪というのは、普通の脂肪とはちょっと違うんです。

 

というのも、妊娠中の女性は赤ちゃんを育てるために、
しっかりと栄養を補給し、出産のためのエネルギーである脂肪も
蓄えようと体が仕組みとして太るようになっています。
妊娠中に蓄えた脂肪は、妊娠脂肪と呼び、これもまた通常の脂肪と違いがあるんです。

 

一言で言うと、水分を多く含んだ柔らかい状態の脂肪です。

 

なぜ妊娠すると脂肪が付きやすいの?

妊娠脂肪というものは、妊娠している状態を維持するためという働きと、
赤ちゃんのための栄養を確保するためという2つの働きがあります。
妊婦さんの食べる食事が不足したとしても赤ちゃんに安定した栄養を送るために
必要になるんですね。
また出産が終わっても妊娠脂肪は授乳時の母乳のためにも使われるのです。
こういった理由から妊娠すると脂肪が付きやすいといわれているんですね。

 

妊娠脂肪を素早く落とすには・・・

妊娠脂肪を素早く落とすには、低脂肪+高タンパク+ミネラル豊富な食事を摂りながら運動を行って体温を高く保っておく必要があります。
これは、妊娠脂肪が水分を多く含んだ柔らかい脂肪で、代謝酵素の効果による代謝アップが分解と燃焼に効果的だからです。

 

ちなみに、妊娠中に15kgも太った藤本美貴さんは、産後半年間に『グラビティ・トレーニング』という加圧トレーニングを行って、体型を「妊娠前かもっと細いんじゃないの?」というくらいになるまで戻しました。

 

ですが、実際には難しいと言わざるを得ませんよね・・・

 

藤本美貴さんのお宅では、旦那さんの庄司さんが子育てにも積極的で、彼女がトレーニングに行くと言えば『俺が見とくから大丈夫だよ。行っておいで♪』と言ってくれる環境があります。

 

でも、そんな環境にないママさんがほとんどなので、その部分は何か他のもので埋める必要があります。
それが、身体の中で基礎代謝と体温を上げるための代謝酵素を作り出せる身体にすることなんです。

 

妊娠脂肪は産後10ヶ月までに落とすのが理想

また、いつまでに妊娠脂肪を落とす必要があるのかというと・・・
具体的には、産後半年から9・10ヵ月頃の赤ちゃんが離乳食を食べ始める頃までです。

 

その頃までに妊娠脂肪を落としてしまわないと『通常脂肪として体に定着してしまう』事が分かっています。

つまり、産後ダイエットは無理はできませんけど、のんびりしている時間もないという事なんですね。

 

産後の育児や家事でも体内酵素の働きを上げる方法

産後の育児中や家事が重なっている忙しさの中でも、体内酵素の働きを上げる方法があります。

 

先ほども、基礎代謝を上げるためには酵素を補給することと体温を高く保つ必要があるとご紹介しました。
そのためには、血流を活発化させて、身体の巡りを良くする必要があります。

 

その働きが期待できるものとして『ポリフェノール』があります。

 

ミランダ・カーや道端ジェシカさんなど、一流モデルの方(30代過ぎの方)がスーパーフードを食べることに夢中になるのは、ミランダ・カーさんなら出産も経験した33歳という年齢のため。
そして、道端ジェシカさんも32歳という年齢を感じているから。

 

脂肪の分解と燃焼力を高く保っておくために血流を活発化してくれるポリフェノールを摂っているというわけなんです。
とはいえ、普段の食事で毎日毎日ポリフェノールのことばかり考えてられませんよね・・・。

 

そんな時は、ポリフェノールサプリを活用するのも1つの手ですよ♪

 

妊娠脂肪と通常の脂肪との違い

少し前の段落でも、妊娠脂肪の特徴や早めに燃焼した方が良い。という話はしましたが、ここではそれについて、より詳しく理由や根拠をお話したいと思います。

 

妊娠脂肪と言うのは、通常の脂肪と違って妊娠中に赤ちゃんを守るためや出産のために蓄えた特別な脂肪です。
比較的おとしやすい(痩せやすい)脂肪と言えます。

 

個人差はあるものの出産後6ヶ月くらいまでは妊娠脂肪は、とてもやわらかい特性をもっているのですが、その後だんだんとおとすのが困難な脂肪へと変わって行くんです!

 

妊娠脂肪が通常の脂肪と違う点は、授乳とともに消費されて行きやすく、これは、母乳の成分の中に、赤ちゃんの身体を病原菌やウイルスから守る抵抗力をつけるための脂肪が含まれているためです。

 

なので、母乳育児をしているママの方が産後ダイエットは比較的簡単に進むのですが、妊娠脂肪はママ自身の身体を回復させるためのエネルギーとしても使われる特性を持っています。

 

ですが、産後6ヶ月~8か月経過して、母乳の質が『移行乳』と呼ばれるサラッとした母乳になっていくに従って、徐々にママ自身の身体を回復させるためのエネルギーや赤ちゃんにとって身体を守るための熱量として使われなくなっていきます。

 

そうなってしまう前に、妊娠脂肪を落としてしまわないと、通常の脂肪と同じ消費されにくい脂肪へと変わって行ってしまうんですね。

 

妊娠脂肪がやわらかいのは、流動性があって、女性の体がその脂肪を消費しやすくできており、妊娠中の安定期に運動を控えていても体が平気に作られているのは、この妊娠脂肪のおかげとも言えます。

 

妊娠脂肪のこわいところ・・・

産後についた脂肪ってどんなもの?

妊娠脂肪は女性の出産、そして産後ととても意味のある大事な脂肪なんですね。
しかしながら、ここで逆にデメリットでもある、知っておかないと怖い部分もあることを述べなくてはなりません。

 

妊娠脂肪はとても柔らかく、流動性があって、消費されやすい脂肪であるにもかかわらず、水分が多い為にその脂肪がお腹や背中、バストやヒップと余計な部分について、そのお肉が垂れてしまう懸念があるのです。

 

妊娠脂肪を放置するとやっかいなセルライトになる恐れも

妊娠脂肪がどのくらいつくのかというのも個人差があり、放置していても解決できる方もおられれば、産後いくら時間がたってもお肉が落ちないと悩む方もおられます。

 

このサイトでも述べているように、産後は様々な理由で美しくダイエットする最大のチャンスでもあるのですが、この時期を逃してしまうと、垂れた妊娠脂肪が通常の脂肪へと変わり、ダイエットが困難になっていきます。

 

妊娠脂肪を落としやすい時期が過ぎると、妊娠脂肪は脂肪細胞の周りに老廃物と一緒になってどんどん肥大して、肌の表面に凸凹を作るセルライトを作り出しやすくなります。

 

その表れとも言えるのが、セルライトはボコボコしている部分は触ると“固いしこり”のように感じますよね。
これは、時間が経つにつれて、少しずつ脂肪が固くなって行っている証拠なんですよ。

 

よく出産を終えることで、あなたの周りでもきれいになった方と、一気に老けたり、
太ったり、女性としての魅力が減った方と、2通りおられませんか?


芸能人の方をみてもわかると思います。

 

それらの原因は、この妊娠脂肪とどれだけうまく付き合えるかが大きなポイントになる為なんです!
だからこそ、ちゃんと効果のあって無理なく続けることができるドリンクやサプリメントは、この時期だからこそおすすめできるんですね。

 

運動の時間があまり取れない方は、菌や酵素の力で妊娠脂肪をスピード分解

このページの最後の部分で皆さんにお伝えしたいのが、こうじ菌や酵母菌、酵素などの力を活用して産後ダイエットの足かせとなる妊娠脂肪をスピード分解していく方法です。

 

妊娠脂肪に限らず、普通の脂肪でも同じことが言えますが、菌や酵素などの力を活用すると、一生懸命運動したりするだけでは実現できないような脂肪燃焼効果につながります。

 

例えばですが、たくさんの種類がある酵素の中でもリパーゼと言う酵素には、体の脂肪を直接分解する作用があります。
体脂肪は1度分解されてから燃焼されるため、このプロセスをサポートするリパーゼは妊娠脂肪をスピード燃焼させるために、かなり役に立つ酵素なんです。

 

また、このページの中で妊娠脂肪を素早く燃やすためには、基礎代謝を高めることが重要だとお話しました。
たくさんの生酵素が体の中で働くと、体の中の老廃物などの余計なものがガンガン排出され巡りが良くなるため、以前にも増して基礎代謝が高まっていきます。
そうすると、分解された脂肪が燃えやすい環境が作れるので、リパーゼと組み合わさるとかなり効率の良い脂肪燃焼が期待できます。

 

そして、こうじ菌は体の中の酵素を増やす働きがあるため、それ自体を摂取するのも非常に効果的です。

 

ただ、こうじ菌とかリパーゼとか、正直言うと模範的な食生活を送れていないと継続的な摂取はかなり難しいです。。

 

そこで役にたつのがサプリメントです。

 

食事の見直しをしたくない方は絶対に買わないでください!

私が個人的にも気にいっているのは、ベルタこうじ生酵素というサプリメントです。

 

このサプリメントには、体の巡りを良くする生酵素が豊富に含まれているのはもちろんのこと、先ほどお話しした脂肪分解酵素のリパーゼも入ってますし、体内の酵素量を増やすこうじ菌炭水化物などを餌にして成長する酵母菌などなど、脂肪燃焼にピンポイントでアプローチする菌などが集結しています。

 

また、たくさんの野菜や果物、スーパーフードなどが使われているため、出産後の授乳中の方に嬉しい赤ちゃんのために必要なビタミンや栄養素も豊富に含まれています。

 

ただ、こういった優秀なサプリメントを使っても、見直すべき食生活を根本から見直すことができなければ、ダイエット効果が結果として現れるのは正直難しい部分があります。
なぜなら、食事の要素と言うのは良かれ悪かれ影響力がかなり大きいからです。

 

そうなれば結果として、貴重な生活費から捻出したお金が無駄になってしまいますし、お勧めしている側としては、あなたにそういう思いをして欲しくありません。

 

だからこそ、あえて「食事の見直しはしたくない」という方は絶対に買わないでください。とトゲのある言い方でお伝えさせていただきました!

 

ですが逆を言うと、見直すべき食事の見直しができて、菌や酵素の力を活用することができれば、妊娠脂肪を始め、出産後についてしまった頑固な脂肪、浮腫、セルライトの解消などを行う事は十分に可能です。
それらの成分には、それができるだけのポテンシャルがあります。

 

それが集結しているサプリが、1日約100円程度で継続できるのです。

 

巷にはとにかく安い酵素ドリンクやサプリ等はたくさんありますが、ここまで内容が優れたサプリでこれだけのコスパの良さは、他に見たことがありません。

 

もしもあなたが本気の産後ダイエットを検討しているのであれば、ベルタこうじ生酵素を継続することで値段以上の価値を実感できると私は思います。

 

購入前に、より詳しい情報を知っておきたいと言う方はこちらからチェックすることができます↓

 

スポンサードリンク