産後の子育て中に葉酸サプリは必要?食事でカバーできないの?

産後にも葉酸は摂ったほうが良いって言われていますよね。
母乳を質の良い状態に保ったり、ママ自身の身体の回復のためにも必要で、
もちろん生まれたばかりの赤ちゃんにとっても葉酸は絶対にに必要な栄養のひとつです。

 

でも、不思議じゃないですか?産後にも葉酸が必要なのは聞いて分かっても

  • 産後に葉酸が必要な理由は?
  • 産後の授乳中も葉酸が必要っていうけど、量はどのくらい?
  • 妊娠中に飲んでいた葉酸サプリをそのまま飲んで良いの?
  • それが飲み終わったら、普通に食事でカバーできないの?
  • 産後の授乳中に葉酸が不足したらどうなる?
  • 産後のいつ頃まで葉酸が必要なの?

簡単にざっとあげただけでも、これだけはっきりしない疑問点が出てきます。
それに、なんとなく葉酸が必要って言われていても、
具体的にどのくらい摂るのが良いのか分からないと摂り過ぎが怖いですよね。

 

また、せっかくなら葉酸だけじゃなくて、他の栄養もバランス良く程よい分量で摂れてコスパも良い便利なサプリがあれば嬉しいですよね。
そこでこのページでは、先ほど出てきたような『産後のママが必要としている葉酸を摂るとしたら』について詳しく一緒に見て行きたいと思います。

産後に葉酸が必要な理由は?

特に産後のママに葉酸が必要な理由は、お産が終わった直後の体力使い果たしたママの体の回復とお産で大幅に使った血液を新しくするため。
この2つがママにとっては葉酸が必要な1番大きな理由です。

 

そして、もう一つの側面から見ると産後すぐに始まる赤ちゃんに対しての授乳でも葉酸は必要になります。
その理由は赤ちゃんが飲むおっぱいの現場がままの血液だからなんです。

 

血液が乳腺に運ばれることによって血液の中の糖質や脂質ビタミン類や鉄分など様々なものが渾然一体になって
赤ちゃんの体を外部の病原菌から守ったりする抵抗力になったり、赤ちゃんの成長のために必要な細胞分裂のためのエネルギーである栄養素になったり、
いろいろな方面から葉酸というのは『鍵になる栄養素』と言われています。
これだけの理由があるから葉酸はサンゴも取った方がいいよ。と言われるんです。

産後の授乳中に必要な葉酸の量

産後の授乳中に必要な葉酸の量は、いちにちあたり約340ugと言われています。
これは厚生労働省が発表している正式な数値なのですが、妊娠中が400から450ミリグラムの葉酸が必要だったのに比べると割と低い量になっていますよね。

 

これは、ママの体の中にいた頃の赤ちゃんと違って『体の中心部分になる脊椎や神経群、脳や心臓、肺、肝臓などのいろいろな内蔵系の組織をゼロから作らなくて良いからです。
赤ちゃんの個人差によって違いはありますが、既にある程度の基本形の形が出来上がっている状態で生まれてくるので、産後に葉酸が必要な量が妊娠中に比べると少なくなるという事なんですね。

妊娠中に飲んでた葉酸サプリを飲み続けていいの?

妊娠中に飲んでいた葉酸サプリをそのまま飲み続けて良いのかどうかという点ですが、これは全く心配いらずそのまま飲み続けて大丈夫です。
ただし、もし飲んでいた期間が長く期間が空いてしまっているようならば、サプリそのものと鮮度が落ちてしまっている可能性があります。

 

サプリは薬ではなくあくまでも健康食品ですから、他の生鮮食料品と同じように鮮度が大切。
ですので、できるだけ新しく新鮮なサプリメントを飲むようにすると良いでしょう。
大体の目安というところなのですが、3ヶ月以上期間が開いてしまったサプリメントに関しては『そのまま飲み続けること』はおすすめできません。

 

もし期間があいてしまっている場合は、できるだけ普通に食事で補うようにするか、新しいサプリメントを買うといったような方法を取った方が良いと思われます。

 

今飲んでいる葉酸サプリを飲み終わったらどうする?

妊娠中から飲み続けている葉酸サプリがあって、それが飲み終わったら、さらに新しいサプリを買う必要があるのかどうか。
また普通の食事でカバーできないものかどうかという店に対しても注意が必要だと思います。

 

葉酸サプリはそれなりのお値段がしますから、もし普通に食生活の中でカバーすることができるのであれば、できるだけ普通の食生活でカバーした方が良いと思いますよね。

 

先程の産後に葉酸が340ug必要と言われるのは授乳中の期間に関してのことです。
もちろん赤ちゃんの成長具合や少しでもはが生え揃いつつある状態で離乳食を食べたい年頃になってくるとママのおっぱいをあげることを終了しますから、そうなると赤ちゃんに授乳するために葉酸をとっていたという事は必要なくなります。
もちろんこれは赤ちゃんのためだけを考えるならばその時点で葉酸が終わりということになるのですが、この時に雨で親の体調もちゃんと振り返って考えてみる必要があります。

 

赤ちゃんが離乳食を食べ始めることができたとはいっても、まだ1人で何もかもできる状態ではありませんから、当然いろいろなお世話はママがやってあげたいパパがやってあげる必要があります。

 

そのような子育て中の大変さで体が疲れていませんか?
ちゃんと睡眠は取れていますか?
もし産後に授乳期間が終わった後でクラクラするような体調の悪さやめまいを感じていませんか?

 

もしそのような症状に自覚があるなら、授乳が終わっていても葉酸サプリを取った方が良いと思います。
なぜならば、それらの症状は明らかにママ自身の体の回復がおもわしくない状態であるからなんです。

 

ここでもう少しだけ、産後の子育て中のママの体が求めている栄養素について詳しく見てみましょう。

 

産後のママの子育て中に必要な栄養素ここでもう少しだけ、産後の子育て中のママの体が求めている栄養素について詳しく見てみましょう。

 

産後のままの子育て中に必要な栄養素

当たり前の話ですが、産後の授乳期間を終えた後でも子育ては続きます。
離乳食を程良い暖かさまで温めてあげたり、やっとおっぱいではなくて食事が始められたことで、少しずつですが赤ちゃんのうんちの質も変わってきます。

 

そのような状態で赤ちゃん自体もいろいろな変化に少しずつ気づき始めるでしょう。
前よりもママに対してもっと甘えてくるかもしれません。

 

そのような状態でママ自身の体が、先ほどご紹介したようなクラクラするようなめまいだったり疲れであったり、
突然悲しくなって泣きたくなってしまうような体調の不安定さを感じているようならば、
まだ葉酸を多めに取ることをやめるべきではありません。

 

なぜならば葉酸はビタミンB12との共同作業でママの体の中で必要とされている血液をちゃんと完成した形で作ることができる栄養素なんです。
貧血は鉄分さえ取っていれば良いと思われがちですが、確かに鉄欠乏性貧血をに関しては鉄分だけを補給すれば良いものの、
悪性貧血の場合は根本的に鉄分を補給しただけでは無理なんです。

 

葉酸とビタミンビー12が合わさったことによって作ることができるフェリチンなどの鉄の貯蔵庫とも呼べる物質が作られて
ちゃんと働いていないと鉄と血液の中で貯蔵しておくことができません。
普通の鉄欠乏性貧血をよりもさらに質の悪い『悪性貧血』を起こすような状態になります。
悪性貧血というのは血液を構成する成分のうちの1つである血小板が足りていない状態なんです。

 

血液というのは血小板と鉄分で作られるヘモグロビン(赤血球)水分、タンパク質、カルシウム、マグネシウムなどの栄養素を全てバランスよく含んでいる必要があります。
そうでなければママの体の中でちゃんと栄養色々な所まで運んでいく役割を果たすことができないんです。

 

通常の成人女性の1日に必要な葉酸の量は約240ミリグラムと言われていますが、これでは全然足りないと言われていて、これが実は女性に多い鉄欠乏性貧血悪性貧血と診断されてしまいやすいんですね。

 

もちろんそんな状態では産後の子育てそのものに差し支えがあるだけではなくママ自身も『産後のうつ』などの体調不良から来る精神的な追い詰められたことによるストレスでの疲弊も起こってしまいます。
いくらなんでも大げさな・・・と思うかもしれませんがこれは決して他人事ではないんですよ。
わが身を削って命がけで子育てをしているという意味では、妊娠中と同じくくらいかもしくはもっと大変なのが産後の子育て中なんです。

葉酸の過剰摂取は心配ないの?

葉酸の過剰摂取はほとんど心配する必要がありません。
まずその理由は2つあります。1つ目の理由として葉酸自体が水溶性の栄養素であるということ。
そしてビタミンB郡の1つとして体の中で他の栄養素とのつながりによって働く機会が多いため、厚生労働省の発表しているデータ以上にに葉酸が必要な場合というのも考えられるのです。
これは個人差があるため一概には決められませんが、先程のような産後の貧血のようなクラクラする不快感や体の不調を感じているようならば葉酸を摂りつづけた方が良いといえます。

 

もしそのような症状がなくて全く元気普通に過ごしておられるならば葉酸サプリを取る必要はありませんよ。
そのまま赤ちゃんとのコミニケーションを楽しみながら『蜜月(みつげつ)』とも言われる幸せな『子育てライフ』を送ってください♪

産後の授乳中に葉酸が不足するとどうなる?

産後の授乳中に葉酸が不足すると、いろいろな体の不調が考えられます。
先ほどの鉄欠乏性貧血を悪性貧血もそのうちの1つなのですが、それ以外にもまだまだたくさんあります。
実は葉酸というのは、先ほどもご紹介した通り血液を作る重要な主要構成成分の1つなんです。

 

食事にしてもサプリにしても、基本的に体に不調が起こらない限りは葉酸は充分に足りていると判断することができますが、
現代の日本の私たちの食生活には個人差がたくさんありますよね。

 

葉酸がたくさん取れるような葉物野菜をいっぱい取るような生活をしている人もいればそうでは無い方もおられます。
お肉や炭水化物類が大好きで、太ってしまうことを予防するために食べる量を抑えているというような方もおられます。

 

またお肉やお魚などのタンパク質が大好きという方もおられるでしょう。
そのように食生活というのも人それぞれですしそれによって取れる栄養素というのも人それぞれで当然変わってきます。
今簡単にご紹介した例の中で行けば、1番葉酸を必要とするような食生活というのは炭水化物中心の食生活を送ってしまっている方です。

 

そのような方は糖質を取りすぎてしまう傾向があるため血液もドロドロになりやすいですし普段の食事の後も血糖値の急上昇が気になります。

 

このような状態では血圧も上がってしまいやすいですし、仮にいま何も不調を感じていなかったとしても、
そのうち生活習慣病予備軍のような体のだるさやさまざまな不調を感じるようになるかも知れません。
身体の様々な健康のための各栄養素の仲を取り持つカギともいえる葉酸の存在は覚えておいて損はないと思いますよ。

 

産後いつ頃まで葉酸が必要なの?

産後のいつ頃まで葉酸が必要なのかという疑問ですが、これには先ほども触れた通り、
いまママ自身の体の状態がどのような段階にあるのか、回復がどのくらい進んでいるのか、
ちゃんと健康的な状態なのかといったところによって分かれてきます。

 

基本的に何も現行トラブルが起こっていない場合は授乳が終われば通常の生活で摂るべき葉酸の量を普通に摂っていれば大丈夫です。

 

ですので、もし体に何ら不調を感じていない場合は、基本的に毎日の食生活で足りているということですから、わざわざサプリを用意してまで別口で葉酸を取る必要はありません。

 

問題は先ほどご紹介したような体の不調、貧血などを感じている場合です。
そのような場合は葉酸だけが足りていないとは言い切ることができないんです。もし頭がクラクラするような前頭葉を中心とした
頭痛のようなふらつきを感じる場合はビタミンAが足りていない可能性も高いです。

  • 気分がすっきりしない。
  • 朝気持ちよく目覚めることができない。
  • 夜の寝付きが悪い。
  • 疲れがなかなか取れない

このような不調を感じているならビタミンCやビタミンE、さらに葉酸と同じビタミンB郡が全体的に不足していることも考えられます。
また、旦那さんに対してストレスを感じている場合もあり得るかもしれませんね。

 

そういった場合でも葉酸を取ったり他のビタミンB郡がビタミンA、ビタミンC、タンパク質、カルシウム、
生理痛のような痛みを起こしてしまう物質のプロスタグランジンを抑制するマグネシウムなどの栄養素も必要になってきます。

 

もしそのような体の不調を感じているようならば、ドラッグストアなどで数百円販売されているような葉酸だけが取れるようなサプリでははっきり言って役不足といえます。

 

最低でも20種類以上の栄養素がバランスよく含まれた葉酸サプリで葉酸を摂る必要があるといえます。

 

他にも、ネイチャーメイドのマルチビタミン(大塚製薬)などもありますが、基本的にベースになるマルチビタミンと組み合わせて、特に自分に必要になるサプリを選ぶ必要があります。
わたしも一時期使っていたんですけど、結構面倒でしかも数種類を組み合わせて・・・
なんてなると、自分に何が足りていて何が足りないのかを知っていないと無理ですよね。

 

仮にその点が管理栄養士並みの知識を身に着けてカバーできたとしてもコスパも考えると結果的に損になってしまう事実は変わりません。

 

もし先程のような様々な体の不調を感じているようならおすすめのサプリメントがあるんですよ。
次の段落ではその葉酸サプリを少しだけご紹介したいと思います。

 

産後の授乳期が終わっても体の不調が取れないそんなママにおすすめのサプリは・・・『ベルタ葉酸サプリ』なんです。

ベルタ葉酸サプリの産後のママへのメリット

ベルタ葉酸サプリは、400ugの葉酸を配合していて、妊娠中の必要な葉酸の量(厚生労働省の推奨値)も満たしていて、
さらに27種類のビタミンとミネラルも配合されています。
そして何よりも1番嬉しいのが16mgの鉄分、さらに232mgのカルシウムも配合されているんです!
加えてそれらのの原料となっているのは21種類の野菜からのみとなっていて、当然ながらその野菜は契約農家に作ってもらっている完全無農薬有機栽培の野菜のみを使用しています。
そして、せっかくなら健康でいるだけではなくて肌の調子も美容成分も入っていると嬉しいですよね。ベルタ葉酸サプリならそのような美容成分もしっかり抑えられているんですよ。

 

ベルタ葉酸サプリに含まれている美容成分は、ツバメの巣、コラーゲン、ヒアルロン酸、プラセンタエキス、黒酢もろみ、珊瑚カルシウムの6種類です。

 

ツバメの巣は、ツバメが子育てをするときにママがとってくる餌だけでは足りなくなったときにツバメの子が巣を食べても生き残れるというくらいの栄養成分が豊富で、
なおかつ赤ちゃんツバメにとって1番大切なクチバシを作るためにも必要なタンパク質とアミノ酸の宝庫なんです。

 

中華料理の高級店でもツバメの巣を頼むと、一食あたりで何千円もしますよね。
そのような超高級食材とも言えるツバメの巣を贅沢に使っているのがベルタ葉酸サプリなんです。

 

またコラーゲンやヒアルロン酸、プラセンタなどの栄養素が美容のために良いのはすでに皆さんもご存知の通りだと思いますのでここでは説明を省かせていただきます。

 

健康なママさんは、赤ちゃんをお世話している時も元気で笑顔を失わないものですし、たとえ疲れていてもちゃんとリラックスできる時間を上手に作るための工夫もできていたりするものです。
そのような落ち着いた対応や普段の生活が送れるかどうかというところもちゃんと栄養がしっかり取れているかどうかが深く関係してくるんですよ。

 

実は産後のうつ病に対しても葉酸不足が関係してくるという研究データもあるんです。
さまざまな体の不調だけではなく精神面に対しても与える影響が莫大なものがあるのが産後の授乳中のママにとっての葉酸なんですね。

スポンサードリンク