女性の飲酒によるアルコール依存のリスク

妊娠中は出産があるので、赤ちゃんの為にも飲酒は避けましょう♪きっとそんなことは誰もが守り通すでしょう。愛の結晶である我が子のためにも。
しかし、出産が終わって産後になってから、以前からお酒が大好きだった方は飲酒する機会が増える方がおられます。

 

実際、厚生労働省も、女性の飲酒傾向が近年増加傾向にあり、アルコール依存症も女性の患者さんが増えていると警鐘をならしております。
参照元 厚生労働省ホームページより⇒厚生労働省のアルコール依存症ページ

 

これは昔よりも女性の社会進出のチャンスが広がって、女性も働きに出る傾向が増えて、それに伴い付き合いも、ストレスも増えるだとか様々な理由が存在します。

 

産後のママさんにとっても同じことがいえるんですね。妊娠中に飲酒を我慢すると、人間は抑制された欲望が解放されたときに、その反動として以前以上の飲酒をする場合があります。そうなったら、アルコール依存症のリスクは格段に増えてきます。もちろん、妊娠中から飲酒を我慢しないでくださいと言っているわけではありません!
ただ、この状況を理解しているだけでも、自分の飲酒をコントロールできるかという部分では違うと思うんですね。
アルコール依存症は、周囲多くの方に迷惑をかけてしまいます。ましてや、生まれたばかりの愛する我が子にまで悪影響を与えかねません。

 

アルコール依存症は、環境要因と遺伝要因と両方が原因としてあるそうなのですが、遺伝要因は自分では何とかしようがありません。しかし、飲酒をコントロールすることによって環境要因は違いが出てきます。
せっかく産後の時期なので、お酒が大すきな方もおられると思いますので、一度自分を見直すチャンスだと思います。

 

私もお酒は好きですが、今はだんな様の晩酌につきあうとか、友人と飲みに行くにしても量をしっかり押さえるようにしています。
きっと少しの心の持ちようだと思うんですよね。

 

ダイエットドリンクの中にはアルコール成分が入っているものもあるので、いくら出産が終わった後でもダイエット商品はしっかりと
正しい選び方をしなくてはならないんですよ!

 

キッチンドランカーに要注意

キッチンドランカーと言う言葉を知っていますか?
キッチンドランカーとは料理をしながらお酒を飲む習慣がついてしまっている方のことです。

 

私も料理をしながらお酒を飲んでいた時期が一時期あったのですが、料理をしながらお酒を飲むとできたばかりの料理をつまむこともできとても都合が良いんですよね。

 

しかしこれを継続して続けてしまうとアルコール依存症になりかねませんので、十分に注意が必要です。

心の問題を放置するとアルコール依存症になりやすい

キッチンドランカーに限らず出産後にアルコール依存症になる方の多くは、日々のストレスや不安等の心の問題を放置してお酒で解消してしまう方が多いようです。

 

確かにお酒を飲んでいるうちは気分も良くなって嫌なことも忘れられます。
ですがそれを習慣的に行ってしまうとアルコール依存症になってしまう可能性もありますので、心の問題をアルコールで対処しようとせずに他の方法で向き合う必要があります。

 

なおこちらのページでは、産後のストレスをアロマの力で対処する方法について詳しくされています。

 

★『産後のストレスにアロマオイルの自宅アーユルヴェーダ♪

 

良い香りは直接的に人の心を穏やかにする効果が証明されていますので、産後のストレス対策にオススメかもしれません。

スポンサードリンク