ケルセチン配糖体は授乳中ママのダイエットにおすすめ

ケルセチン配糖体という成分は、ダイエットにとても効果的とされていますよね。
サントリーの特徴等の特保マークのドリンクも含まれていることで有名ですので
ご存知の方も多いと思います。

 

そんなケルセチン配糖体なのですが、産後のママのダイエットにとっては、
どのような効果や注意点があるのかなどをこのページでは詳しく見ていきたいと思います。
まずは、ケルセチン配糖体という成分っていうのは一体何安全なものといったところから一緒に見ていきましょう。

 

ケルセチン配糖体ってなに?

ケルセチン配糖体とは、地球上に約5,000種類も存在すると言われるポリフェノールのうちの一種で、
玉ねぎの皮やブロッコリーなどの果菜類に豊富に含まれている成分のひとつです。
特保マークの特茶含まれている成分であることは先ほどもご紹介した通りですが、
このケルセチン配糖体というのは大手食品メーカーのサントリーやハウス食品、なども研究中の成分ということで
まだわかっていない所がいくつかあります。
ただし安全性と摂取量、そして効果といったところに関しては大方わかっているところがあるのでそこをご紹介していきたいと思います。

たまねぎの皮

ケルセチン配糖体の効果は?

ケルセチン配糖体の効果は、まず、血流の活性化ができる
血液をサラサラにしてくれる効果によって基礎代謝を上げてくれる働きがあります。
この働きによって、基礎代謝が大幅に効率アップが期待できることから、特保マークの特茶に配合されたり、食品メーカーがサプリメントに入れて販売していたりします。
サプリメントでは有名なところで言うと、富士フイルムが発売している「メタバリアスリム』などがケルセチン配糖体を摂取することができるサプリメントですね。

 

また、このケルセチン配糖体が1番最初に発見されたアメリカでも、ダグラスラボというアメリカの一流サプリメントメーカーがケルセチン配糖体のサプリメントを販売しており、
アメリカでは相当なシェアを獲得しているようです。

 

メタボリック症候群の社会問題化している深刻さという意味では日本よりもアメリカの方がはるかに状況が悪化していますから、
その意味でもケルセチン配糖体が受け入れられる社会的な下地があったということでしょうね。

 

さてこのように健康的な血流活性化の効果によって基礎代謝を向上させていることで痩せられるということが
ケルセチン配糖体の働きであるというところまではわかりいただけたかと思います。
ですがケルセチン配糖体の効果はそれだけではなさそうなんです。

 

このほかにも考えられるケルセチン配糖体の効果を簡単にご紹介したいと思います。

  • 抗アレルギー作用
  • アルツハイマー症状の改善
  • ビタミンCの吸収を助ける
  • 活性酸素の還元
  • 脂肪吸収を抑制する
  • 後炎症作用
  • 抗ガン作用

これらの効果が期待できると言われています。特にケルセチン配糖体の効果として
ここ最近注目され始めているのが高脂血症や高血圧、血栓予防といった
循環器系の病気の予防や改善といった効果が非常に注目されています。

 

また、動脈硬化の予防と改善に有効という研究結果も注目を集めていて、
体の全体的な老化やその他の病気リスクといった物全体に効果が期待できると言われています。

 

ケルセチン配糖体の副作用

ケルセチン配糖体の効果はここまでご紹介した通りですが、
これほどの効果が様々なものが期待できるケルセチン配糖体に
産後の授乳中のママや母乳を通してママが飲んだり食べたりしたものを受け取る赤ちゃんにとって
ケルセチン配糖体は副作用の心配がないのでしょうかその点についても調べてみました。

 

今のところ、人間を解消にした産後の授乳中のママや赤ちゃんに対しての実験といったものはありませんが
極めて人間と似た遺伝子配列を持っているチンパンジーや実験動物として定番のマウス、ラットといった
動物に対しての妊娠中や産後の授乳中といったタイミングでの
ケルセチン配糖体の摂取に対して今のところ副作用といった危険な物は報告されていません。

 

さまざまな効果が期待できるポリフェノールの一種である事は先ほどもご紹介した通りですが、
赤ワインで取れるポリフェノールや野菜や果物でとることができるポリフェノールと全く同類の安全性を持っているということのようです。
ただし、過剰摂取として1日あたり16,000ミリグラムという通常では考えられないような量のケルセチン配糖体を摂取した場合に
人間で呼吸が乱れることが一時的な不整脈などの作用が起こる可能性があると指摘されています。

 

ただし、この1万6,000ミリグラムのケルセチン配糖体というのは、現在安全にケルセチン配糖体をとることができるハウス食品の『タマネギの力』や
富士フイルムのメタバリアスリムなどのサプリメントで言うと1日あたりに通常の推奨摂取量の30倍もの量を飲まなければとることができない摂取量となっています。
この摂取量を特茶に置き換えると、150本ほどを一度に一気飲みなどしない限りは1万6,000ミリグラムといったようにはならないのでほぼ通常の常識的なケルセチン配糖体を含まれている食品やサプリメントで摂取している限りはまず心配のない成分と考えて良さそうです。

 

もちろんこれは人間で実証されたデータではありませんから、もしどうしてもケルセチン配糖体の摂取が心配という方はかかりつけのお医者さんに相談してみてくださいね。

 

では次に、産後ダイエットに対してのケルセチン配糖体の効果がどういったものなのかを具体的にイメージできるようにご紹介していきたいと思います。

ケルセチン配糖体の産後ダイエットの効果

産後ダイエットに対してはケルセチン配糖体のダイエット効果が
どのように作用するのかというところをできるだけわかりやすくイメージできるようにご紹介していきたいと思います。
ケルセチン配糖体は先ほどダイエット効果があるというところで、
血流の活性化と改善によって基礎代謝を上げる効果が期待できるとご紹介しました。

 

ご存知の方もおられると思いますが、車の場合は人間にとっての血液がオイルに当たります。このオイルがとても各部の動きをなめらかにしてくれるためにまず1日に使えるエネルギーの量がアップします。同じだけの燃料を燃やしたとしても前に進む距離が多くなるといったようなイメージと考えていただいたらわかりやすいかと思います。
つまり、エネルギー効率が良くなることで、体のだるさや重さ、つらさといった悩みを解消する効果も期待できるのではないかと思います。

 

つまり、体がスムーズに元気に動けるようになってなおかつその結果として子育てもダイエットもエネルギッシュに頑張ることができて、
当然のようにダイエットの成果として実感できるといった働きになるのではないかと思われます。

 

ケルセチン配糖体の飲み方

ケルセチン配糖体の飲み方ですが、このページの冒頭でもご紹介した通りケルセチン配糖体をとることができる
野菜やその可食部といったところが非常に限定されているというのはちょっと珍しい存在であるということができると思います。
ケルセチン配糖体を特保マークの特茶と同じ量である110ミリグラムを摂取しようと思うと、
ブロッコリーの場合だと300グラム程度を食べなければいけないということになるそうです。

 

また実際に食べらればしませんが、玉ねぎの皮を使った場合は、約60グラムと玉ねぎの皮があれば特徴と同じようなケルセチン配糖体入りのお茶を入れることができます。
ただし普通ならば料理に使う場合は玉ねぎの皮はほとんどしてるんですよね。
ですので、足の良いか悪いかといったところも考えてケルセチン配糖体をどのように取るべきかを考えると、やはりサプリメントで取るのが1番効率的なのではないかと思います。

 

産後ダイエットに対してのケルセチン配糖体の効果が非常に高いものであり、
なおかつ体のその他の部分に対してもとても健康的なメリットが大きい成分であるということがお分かりいただけたかと思います。
ですので特保マークのお茶を飲むにしても、サプリメントなどでとるにしても自分にとって1番信頼できて安心できる
「これなら!」と思えるものでケルセチン配糖体を使った産後のダイエットと健康効果の良いとこ取りをしていませんか。

スポンサードリンク