産後の白髪染めは泡or液体どっちが良いの?

このページでは、市販の白髪染めでは泡or液体どっちが良いのかと言う点や、
美容院での白髪染めについて、授乳中に安全を最優先にするならどんな白髪染めが良いのか?
といった産後の白髪染めに関する内容をみていきたいと思います。

 

それでは最初の疑問である

 

産後の白髪染めは泡or液体どっちが良いのか

 

についてみていきたいと思います。

 

これについて結論から言うと、安全性については
どちらも良くないというのが答えで、白髪を染める為のモノとして選びたいのは、液体の方です。

 

もちろん何を優先するかが人それぞれであるため、正解はありません。
ただ、泡より液体がオススメな理由は、白髪の染まり具合や
髪へのダメージを考えたときに、液体タイプの方が断然良いからです。

 

とは言っても、安全性を最優先にしたい授乳中の方にとっては、
そもそも市販の物はあまりお勧めできないというのが一般的な捉え方です。

 

あなたが授乳中なら市販のカラー剤は避けた方が良いかも・・・

あなたが現在授乳中であれば、市販のカラー剤は避けた方が良さそうです。
それは、授乳中は白髪染めの染まり具合や使い勝手よりも、母乳を通して赤ちゃんに悪影響がないかを最優先に考えるべきだからです。

 

市販の一般的なカラー剤はジアミン系染料と言う成分が配合されています。
この成分は、例えば妊娠中のママさんが使うと、子宮に入り込んで胎児に対してアレルギーやアトピー、免疫力低下、将来のガンの確率を上げるなどと言うデメリットが指摘されている成分なんです。

 

この成分は、白髪染めをしていると体内に吸収されるため、母乳を通して赤ちゃんへ移ってしまう可能性が考えられます。

 

ただ現段階では、白髪染めの成分が赤ちゃんに対して何らかの悪影響を及ぼしたと言う報告はされておらず、最近では病院の先生からも、このような毒性の強い成分が赤ちゃんに何らかの悪影響を及ぼす心配は無い。
という意見も出ています。

 

…とは言っても、結局のところ安全性が100%保証されているとも言われてないため、安全性を重視したい授乳中の時期は、市販のカラー剤ではなく、できれば美容院に行くのをオススメします。

 

美容院はいつから行っていいの?

産後の美容院デビューは一般的に

 

  • 産後の一か月検診で体の回復が順調だと認められた場合
  • 長時間座ることが困難でない場合
  • 赤ちゃんの授乳間隔が3時間おきの場合

 

これらの3つの条件が整っている場合、多くの方が美容院で白髪染めを行っているようです。
ただ中には、美容院での白髪染めも警戒して授乳が終わるまで我慢しているママさんもいらっしゃるようです。

 

ですが、このような条件を満たしてから美容院にて白髪染めを行っているママさんもたくさんいらっしゃいます。

 

美容院に行けない場合はどうしたらいいの?

中には、産後1ヵ月を過ぎてもなかなか美容院に行けなくて困ってしまう場合もあります。
かといって市販のカラー剤は、先程の内容を見る限り危なくて使ってられません。

 

そういった場合は、カラートリートメントを使った白髪染めがオススメです。

 

実際に産後の白髪にお悩みで、事情があって美容院になかなか行けない。でも、安全性が高い白髪染めじゃないと怖くてできない。それでも何とかして白髪染めをしたい!

 

そういった悩みをお持ちの授乳中の方に多く選ばれている手段がカラートリートメントなんです。

 

白髪染めをする上で怖いのが、子供にとって危険なリスクがある成分が体内に吸収されること。
ですがカラートリートメントの場合は、成分の分子が通常のカラー剤に比べて圧倒的に大きくできているため、頭皮から吸収されにくい性質を持っています。
そのため、通常のカラー剤よりも断然安心感が違ってきます。

 

それに加えて最近のカラートリートメントは、妊娠中や授乳中の方でも安心して使えるような作りになっているものが多くなっています。
そういった安全性の高いカラートリートメントは無添加で天然成分によって作られているため、先ほどのジアミン系染料のような毒性の強い成分を心配する必要がありません。

 

だからこそ授乳中のママさんでも多くの方が安心して使っているんですよ♪

 

どのカラートリートメントを選んだらよいかわからないという方はコレ!

授乳中の白髪染めはカラートリートメントが良いとは言っても、多くの方がカラートリートメントを使うのが初めてでは無いでしょうか?

 

元々どんなカラートリートメントが安全性が高くてお勧めなのかを知っている方は、そちらをお選びになったら良いかと思います。

 

一方で、私は初めてでよくわからない!

 

と言う方の場合は、利尻ヘアカラートリートメントを選ぶことをお勧めします。
その理由は、利尻ヘアカラートリートメントは、先ほどお伝えした安全性の高いカラートリートメントになっているからです。

 

こちらも無添加で天然成分の作りになっており、ジアミン系染料も勿論含まれていません。
さらに、地肌に優しい作りになっていると言う事から、
抜け毛に悩みがちな産後でも、抜け毛のリスクを最小限に抑えながら白髪を染めることができるんです。

 

しかもこれは、自宅で簡単にできるものですので、忙しい日常の中でもいつものシャワータイムの流れで簡単に白髪染めをすることができます。
こまめに使うこともできますので、できるだけ頻繁に白髪染めを行いたいと言うママさんにも好都合です♪

 

このように利尻ヘアカラートリートメントは、授乳中のママさんにとって多くのメリットがあります。
どれを選んだら良いか分からなくなった場合は、利尻ヘアカラートリートメントを選べば間違いありません♪

 

白髪そのものを予防することも大事

産後の髪の毛は、

 

  • ホルモンバランスの影響
  • 授乳による栄養不足
  • ストレスによる血管収縮

 

これらのことが原因で白髪になりやすいと言われています。
また抜け毛の原因も同じです。

 

1番最初のホルモンバランスの影響については、いってみれば仕方がないことですので、こればかりは対処するのは厳しいと言えます。
ですが、栄養不足やストレスに関する内容に関しては、日常の中で改善して行くことで原因を潰す事は可能です。

 

ですので白髪染めと共に、日常の中で髪の毛の成長に必要なミネラルやタンパク質などの栄養素を意識してきちんと補給することや、ストレスと上手に向き合うことを気にしてみると白髪や抜け毛が今よりも大幅に軽減されるかもしれません。

 

私も経験したことがあるので、今の時期は特に忙しさからストレスが溜まりやすかったり、自分自身の食事や自己管理がおろそかになってしまいがちな気持ちもよくわかります。
しかしそういった中でもそこを見直して改善することで、白髪や抜け毛のリスクを軽減することもでき、その分白髪染め代も浮いて家計にとってプラスにもなります。

 

可能であれば、そういった予防対策もできると良いですね♪

 

まとめ

それではここで一度、ここまでの内容を簡単に振り返ってみたいと思います。

 

  • 産後の白髪染めは、泡も液体も市販の物を選ぶならば大きな差は無い
  • 市販のカラー剤は赤ちゃんの影響がゼロでは無い
  • 美容院に行けるタイミングは、自分の体の回復が順調で赤ちゃんの授乳間隔や安全が確保できる状態であること
  • どうしても美容院に行けない場合はカラートリートメントがオススメ
  • カラートリートメント選びに困った時は利尻ヘアカラートリートメントが間違いなし
  • 日常の白髪予防も重要

 

あなたが現在授乳中であれば、泡か液体かどちらかを選ぶと言うことよりも、まず市販のカラー剤を使うのを避けた方が良さそうです。

 

また、先ほど紹介したように、美容院でなくてもカラートリートメントを使うことで授乳中でも安全に白髪染めをすることができます。
安全性を最優先にしたいのであれば、カラートリートメントを選ぶのをオススメします。

スポンサードリンク