ゆっくりペースで産後ダイエットを成功させるコツ

産後ダイエットは、できる限り早く体重を元に戻さないと二度と戻らなくなる
という話を聞いたことがある方もいらっしゃるのではないかと思います。

 

ですが、産後ダイエットは決して焦ってはいけないんです。

 

焦って行う危険な産後ダイエットというのは

  • 食べない
  • 身体の痛みを押して無理をする
  • ストレスを抱えながらそれでも頑張ろうとする
  • 疲れを取らずに無茶をする

こういったダイエットは決してやってはいけないと断言しても良いかと思います。

 

では、どういったダイエットなら産後にやっても良いのかという疑問が残りますよね。

 

産後ダイエットでやって良い具体的な例は

  • 脂質や糖質など血液の質を悪くする恐れがあるものを最低限に抑える
  • ストレッチやヨガを無理せず行う
  • 脂肪分解や燃焼を効率よくする栄養素とミネラルの摂取
  • 骨盤矯正
  • 腹式呼吸と有酸素運動

これらの要素が産後ダイエットを成功させるためのポイントと言われています。

 

やみくもに頑張っても決して成功しないばかりか、
リスクが上がって成果としての取り分は少なくなるのが産後ダイエットなんですね。

 

では、これらの産後ダイエットの良い例と言われる要素をひとつずつ少しだけ詳しく見て行きましょう。

脂質や糖質を抑える方法

脂質や糖質を抑える方法は、単純な話ですがお肉類は余計な脂を落とせる『湯通しや茹でる』などの方法で調理しましょう。

 

なぜ、そうまでしてお肉類を食べなければいけないかというと、お肉にも大切なミネラルがたくさん含まれているからです。

 

例えば、豚肉にはビタミンB1を始めとするビタミンB群が摂れますし、牛肉も同じです。

 

ビタミンB群が大切な理由は、身体の中で新陳代謝のために脂肪分解を促すため。

 

また、もう一つの要素として、糖質も抑えながらも最低限の量は摂る必要があります。

 

なので、精白米やパン、パスタ、うどんなどの炭水化物は体内でデンプンに分解されて糖質になるため
今までの食べ方から減らすのが良いでしょう。“完全な炭水化物抜きダイエット”は危険だからです。

 

それと実は、もう一つ抑えた方が良いものがあります。それは『塩分』です。

 

妊娠中からすでに塩分を限界まで抑えていた方は、それを続けて頂くのが良いです。

 

妊娠中高血圧症候群に注意が必要なのと同じで、産後も高血圧に注意が必要ですよ。

ストレッチやヨガを適度に行う

ストレッチやヨガを適度に行うのは、子育ての疲れを取り除くためにも効果的です。

 

授乳中のママは赤ちゃんのお世話のために、腰を曲げて背中を丸めた姿勢になりやすいので、そういった姿勢が『疲れの蓄積』につながります。

 

また、ストレッチやヨガには呼吸を整えながら行うことでリラックスしながら『気持ちと考えの整理』する効果もあります。

 

これは、産後の子育てや家事に積極参加してくれない旦那さまの場合や御姑さんとの関係など
自分の思い通りにいかないことがある時に、どういった作戦で対抗するかなどの対策を立てる気持ちの整理をする賢いママになりつつも、
ヒステリーを起こして自分自身にその後の自己嫌悪を感じるなどの『産後うつや育児ノイローゼ』の予防にも大切なことでもあります。

脂肪分解と燃焼を助ける栄養とミネラルの摂取

脂肪分解には、体内酵素の中でも脂肪分解を担当するリパーゼを補給することが大切です。

 

また、脂質や糖質を抑える食事の説明をしているところで少しネタバレしてしまいましたが、
豚肉や牛肉にも含まれるビタミンB群は代謝を上げるために必要です。

 

また、それらを充分に働かせるのが体内のミネラルの運び屋でもある代謝酵素なんです。

 

そして、そうして分解された脂肪は燃焼しないと再び定着してしまうため、適度な運動が大切になります。

 

また、普段の生活の中でも尿や自然にかく汗や分泌される皮脂などと同じように『排出も大切』になります。

 

そのためのミネラルのひとつがカリウムで、カリウムの働きで主なものは過剰になった塩分排出の役割があります。

 

こういったミネラルと酵素、栄養素をバランス良く摂るのが産後ダイエットに大切なんですね。

骨盤矯正

骨盤矯正は、出産後すぐに骨盤ベルトを着用する方も多いと思います。
これは、ウエストニッパーなどと同じく妊娠と出産で開いた骨盤の靭帯と正中線を締めてもとに戻してあげる役割があります。

 

産後2ヶ月目頃までは、骨盤の靭帯のゆるみと正中線の開きをコントロールする『リラキシン』というホルモンがでています。

 

そのため、骨盤矯正は『産後2ヶ月目までが勝負』と言われています。

 

しかしながら、骨盤ベルトは普段の生活の中でもお手洗いに行くときなど着脱しなければなりませんよね。

 

そうした中でズレてしまうこともありますし、赤ちゃんの面倒を見る時や授乳中などにズレることもあります。

 

そのため、普通に生活をしながらでも、骨盤矯正を自然に行えるガードルや締める力を加えてくれるショーツなども役立ってくれますよ。

腹式呼吸と有酸素運動

腹式呼吸と有酸素運動も大切な産後ダイエットの要素です。

 

もちろん、産後ダイエットに限らないのですが、妊娠中には少なからず筋力が落ちるので、
それを鍛えることで基礎代謝も上がるのですが、その効率を上げるためには腹式呼吸で酸素をしっかりとることが大切です。

 

また、細胞内のミトコンドリアが筋肉をつけるためのアミノ酸のタンパク質への再合成にも役立ちます。
そのミトコンドリアを活発化させるには酸素が必要なんですね。

無理のない産後ダイエットのまとめ

女性というのは子供を産んだ後、どうしても体型が崩れてしまいます。

 

これはもちろん個人差もあるでしょうが、多かれ少なかれ誰にも起こり得ることです。

 

崩れたままで何もしないと体型が戻らなくなってしまうこともあるだけに、子供を産んだ後にはできるだけ早い段階で産後ダイエットを始める必要があります。

 

しかし、子供を産んだ後というのは女性の体力も落ちている状況で、肉体的にも産後ダイエットに耐え切れないということも多い時期だけに無理をすることは禁物です。

 

産後すぐにダイエットをはじめなければいけないとはいえ、産後の弱った体を痛めつけるようにダイエットするのはとても危険な行為になってしまいます。

 

そのため、産後ダイエットの注意点としては産後すぐに始めるということと同時に、決して無理はしないという点にあります。

 

ダイエットというのは産後にかぎらずとも時間がかかるものですので、あせらずにゆっくりと時間をかけて行っていくのが良いでしょう。

 

また、急なダイエットというのは体に大きな負担をかけてしまいますが、ゆっくりと時間をかけたダイエットはそれほど体に負担をかけません。

 

そのため、あまりダイエット好感を感じられないこともあるかもしれませんが、そのような時にも体力がしっかり戻るまでゆっくりとしたペースで産後ダイエットに励んでみましょう。

スポンサードリンク