コンブチャの副作用は?注意点や選び方を特集

ダイエットと腸内環境の正常化で免疫力の向上効果などダイエットだけではなく健康とさらに美容の効果まで注目されて話題になっているコンブチャ。

 

今日本中の女性にとっては最も注目されている金活ドリンクと呼ばれるコンブチャの副作用についてこのページでは詳しく迫ってみたいと思います。

 

 

このページで添加物や成分の違いなどから見て副作用のところまでしっかりと分解をしていくためにコンブチャが今現在通販で何種類あってどれとどれが手に入るものなのかを詳しく見ていきたいと思います。

 

またこのページの最後の方では産後の授乳中のママさんのためにコンブチャが
副作用は本当に大丈夫なのか。
また、どのような効果やメリットがあるのかという点についてもご紹介したいと思います。

 

産後の授乳中というのは、妊娠とお産からの体の回復を行わなければいけませんし、
さらに母乳やミルクどちらで授乳をしていたとしても
赤ちゃんの授乳間隔は非常に頻繁で睡眠時間もまとまった眠る時間はとってくれないので、
睡眠不足になってしまうという現象が起こりやすいんです。

 

そのためにも実は腸内環境を良くすることでストレスに強い体を作っていかないと
産後の子育て生活があなたにとって非常に負担が大きなものになってしまいかねません。

 

また、産後の授乳中の生活スタイルにも影響があるためこのページでは1番最後のほうで、
しっかりと産後のママにとってのコンブチャクレンズの効果がどういったものなのかを詳しく見ていきましょう。

 

また、現在コンブチャは6種類の商品とドリンクとパウダーの2タイプがあるため、
どちらが自分に合っているのかといったところまで分かるように詳しく見て行きたいと思っています。

 

コンブチャって何種類ある?

実は現在コンブチャとして通販で手に入れることができるダイエットに効果的な栄養素や乳酸菌腸内細菌など直接取ることができるコンブチャは限られています。現在6種類となっています。その6種類のコンブチャとは…

  • ハーブアブソリュートコンブッカ
  • コンブチャクレンズ
  • コンブチャマナ
  • コンブチャキュッティ
  • コンブチャスリム
  • ミネラルコンブチャパウダー

この6種類の中で最初の2つのハーブアブソリュートコンブ科とコンブチャクレンズの2つがドリンクタイプのコンブチャで、残り4種類がパウダータイプのコンブチャとなっています。

 

これらのコンブチャの中で添加物が入っている物はドリンクタイプのコンブチャが2種類とも保存料が入っています。
そしてもう一つのタイプのコンブチャとして挙げられるのが、パウダータイプのコンブチャです。

 

基本的にパウダータイプのコンブチャは保存料が入っていないものが多いようですね。
パウダータイプのコンブチャに保存料が入っていないのは文法タイプになっているものがほとんどだからです。
つまりパッケージを開封しない限りは、外気に触れることもなく雑菌が寄り付くこともないから保存料は必要ないという事なんですね。

 

またドリンクタイプのコンブチャも保存料は入っていますがその分味と風味が良いためそのかわり人工甘味料や香料などは一切入っていないという特徴があります。

 

どちらもいっちょういったんがあるというのがコンブチャの6種類となっています。

 

では早速これらのコンブチャについて副作用がないのかを見ていきましょう。

基本的にコンブチャには副作用はありません

コンブチャにそれぞれ含まれている添加物というのは保存料や香料人口甘味料などが微量ながら含まれているものもあります。
コンブチャキュッティに関しては人工甘味料と参加防止剤、そして香料が入っています。

 

ですがこれらの添加物は普段私たちが生活の中で口にしている加工食品の中には普通に含まれているものばかりとなっています。
ですのでむしろ気にする必要がないと言えるものばかりなんです。

 

このように添加物の角度から見るとコンブチャには副作用は無いということが言えるでしょう。これからコンブチャを飲んで健康的になっていくというのに当たってあまり気にしすぎると精神衛生上良くないといえます。まして普段の生活の中から加工食品を普通に食べていたり、することを考えるとそれらを全部気にしてしまうと「一体何を食べればいいの?」という話になってしまいます。

 

そしていくつかの添加物についてはむしろこれがないと逆に腐敗して悪くなってしまった物を口にすることになり、かえって危険ということが言えるものが多いんです。

 

例えば保存料としてよく知られている合成添加物の安息香酸ナトリウムですが、この安息香酸ナトリウムをというのは、1,950年代から世界中で使われ始めている添加物で、最も歴史が長く今まで副作用の報告が上がったことがない添加物として知られています。

 

ただし、コンブチャに限った話ではないかもしれませんが原料の種類によっては食物アレルギーの心配がある方はいらっしゃいます。

 

では次に副作用の1つとして考えられるアレルギーについて見ていきましょう。

コンブチャの原料でアレルギーはどう?

コンブチャの原料に使われているもの、アレルギーの可能性があるものはいくつかあります。

 

大豆、山芋、カシューナッツ、落花生などの原料がコンブチャの中に主に使われている食物アレルギーの可能性がある食材となっています。
ですのでこれらの4種類の原料に対してアレルギーを持っていない方なら安心して飲むことができるというのがコンブチャと言えると思います。

コンブチャは産後の授乳中に副作用は?

次に、産後の授乳中のコンブチャの副作用について詳しく見ていきたいと思います。

 

産後の授乳中のママにとって心配なのはやはり産後ダイエットでコンブチャを使ったときに副作用がないのかどうかという点ですよね。
産後の授乳中は、ママが口にした物がそのまま母乳となって赤ちゃんのお口に入ります。

 

ですので、心配が尽きないという気持ちはとてもよくわかります。
この点についてもコンブチャのアレルギーの心配以外は、ほぼ問題ないと思います。

 

むしろ、乳酸菌や酵母菌の働きで、腸内環境が改善されるとママの血液の質が良くなり結果として
それは母乳にも反映されます。妊娠中の場合は、
母体の血液の質がそのままへその緒を通して赤ちゃんの成長に必要な栄養素として
赤ちゃんに送り込まれるため非常にダイレクトなものになるのですが、

 

産後の授乳中は一旦母乳という形に変換されてから赤ちゃんのお口に入るため
ママ自身がコンブチャを使ってデトックスを行うことで老廃物(宿便など)の排出がちゃんとできれば、赤ちゃんには良い影響が出ると言えるんですね。

 

ただし産後の授乳中にママの体に起こる変化として便秘に悩まれる方が多いのですが、
この便秘の悩みは、授乳中の水分不足によって起こるものが大部分を占めていると言われています。

 

そのため、ママの腸内環境が乳酸菌や酵母菌の働きで良くなる事が毒素によって
血液の質が落ちてしまうことを防ぐことにつながるんですよ。

 

コンブチャの乳酸菌や酵母菌もしくは200種類以上とも言われる野菜や果物からとれるポリフェノールなどのミネラルの働きで
ターンオーバーが良くなると、産後ダイエットに良い影響が出るのは当然ですが、結果的にそれは赤ちゃんにとっても良い影響として反映されることになるんですね。

 

ただし、コンブチャの発行母体として使われる原料のアレルギーに関しては注意が必要です。

 

ですのでその点にだけ細心の注意を払ってコンブチャを産後ダイエットに利用されるかどうかを検討されると良いかと思います。

産後ダイエットにおけるコンブチャのまとめ

産後ダイエットにおいてはコンブチャの効果は赤ちゃんへの母乳の質の向上などの良い影響がメリットとして挙げられるということがわかりました。

 

ただし1つだけ注意しなければいけない点が、
原料の中に食物アレルギーの食材として知られるものも含まれているため、
それらの食材に対してアレルギーを持っている方は注意が必要であることもわかりました。

 

添加物の心配は普通の現代人の私たちの食生活をしている限りは、コンブチャに含まれているものではほぼ心配がないといえます。

 

あまり心配をしすぎてしまっても体のために良い栄養素を取ったり体内環境を良くするための選択肢を狭めてしまったり、
産後ダイエットのチャンスを逃すことにもなってしまいかねないので、あまり神経質になりすぎるのもよくないと言えると思います。

 

ですので結論としては、食物アレルギーの有無にだけ気をつけて
パウダータイプとドリンクタイプ。自分の生活リズムやパターンにとってどちらがより良いのかという事を考えて「自分にとって最適なコンブチャを選ぶこと」が大切なんですね。

スポンサードリンク