母乳ダイエットで二人目の場合は痩せにくい?その理由と対策方法

母乳ダイエットは、その仕組みからすると痩せるのに非常に効果的ですが、二人目を出産された方の声を見ると、母乳ダイエットをしていてもなかなか体重が減らない。と言う方が圧倒的に多いのです。特に状況が変わっていなくても、一人目と二人目でこのような差が出てしまうのは一体何故なのでしょうか?
それについてこのページで一緒に考えていきたいと思います。また、二人目の産後ダイエットを成功させるためのポイントについても見ていきましょう。

 

なぜ二人目の母乳ダイエットでは痩せにくいの?

二人目の母乳ダイエットで絶対痩せないわけでは無いのですが、
多くの方が一人目よりも二人目のダイエットの時の方がかなり時間と労力がかかる。
とお答えしている方が圧倒的に多いのは事実です。しかし、なぜそうなってしまうのでしょうか。
考えられる原因としては

  • 筋肉量の減少や年齢による基礎代謝の減少
  • 一人目の育児もある事から、他の面でのダイエットがおろそかになっている

などが考えられます。
母乳ダイエットはそもそも非常にシンプルで、母乳育児中の1日の消費エネルギーが大きくなることで痩せやすくなる。
と言うものです。これ自体は二人目であっても3人目であっても変わりません。
しかし、年齢を重ねるごとに人間の体は衰えがちですし、2人目ともなれば、
子供を持つ前に比べると安静にしている期間が長くなってしまいがちですので、それだけ筋肉量が全体的に低下します。

 

これらの要因から全体的な基礎代謝量が低下してしまいダイエットしにくい体になってしまっていることが考えられます。
また、母乳をあげるだけで、後は好きなだけ食べても痩せる。
と思われている方も中にはいらっしゃるようなのですが、母乳をあげ続けるということは、
ただ単にエネルギーをたくさん消費するだけです。

 

つまり、好きなものを好きなだけ食べてしまっていてはせっかくたくさんのエネルギーを消費してしまっているのに、
それを軽減させてしまう、もしくはプラマイゼロに自ら持っていってしまっている。ということにもなります。
では、これらの考えられる原因から、2人目以降の母乳ダイエットをうまく軌道に乗せるために、どんなことができるのか次の段落で見ていきましょう。

 

二人目の母乳ダイエットを成功させるコツ

これからお伝えする内容は、二人目はもちろんのこと、2人目以降の時の母乳ダイエットにも役立ちます。ではどんなポイントを意識すれば良いのかと言うと、やはり重要になってくるのは食事の要素と運動の要素です。
二人目の母乳ダイエットがなかなかうまくいかない大きな原因として、基礎代謝量が減少してしまっていることや、他の面でうまくダイエット要素を取り入れることができていないことが考えられます。つまり、ここをどうにかすることで、二人目の母乳ダイエットもきっと軌道に乗せることができます。

 

まず基礎代謝量についてですが、年齢に伴う基礎代謝量の減少は仕方がない部分もあるかもしれませんが、筋肉をつけること、ウォーキングを継続すること。などの運動の要素を取り入れることで基礎代謝量を向上させることは十分に可能です。子育てや家事の中で運動の要素を取り入れるのは簡単なことではないかもしれませんが、可能であればお家の中で筋トレを取り入れたり、赤ちゃんが成長して子供たちを連れて外を散歩できるようになれば、その時に子供たちと一緒にたくさん歩くことを習慣化するのも1つの手段です。
また、食事の要素では、基本的な内容になりますが、栄養のバランスを意識し、限りなく低カロリーな食材を選ぶことを意識していきましょう。ここで重要なのは母乳によって消費するカロリーを食事によって± 0にしないことです。

 

骨盤矯正をするとさらに痩せやすくなる

母乳ダイエットとは少し関係のない内容となってしまいますが、二人目の出産後ダイエットを成功させるためには、やはり骨盤矯正の要素は欠かせません。産後の骨盤を放置してしまうと、開きっぱなしになってそれが固定されてしまいます。開いたところに本来あるべき位置にある内臓がだんだんと下に下がってきて血流を圧迫してしまいます。そうすると体の循環が悪くなり基礎代謝が向上するなど、いわゆる痩せにくく太りやすい体になってしまうのです。なので、これを骨盤矯正し内臓を正しい位置に戻してあげることで、母乳ダイエットの効率を高めることにもつながります。
先程の段落で私は、可能であればお家の中で筋トレを取り入れることがお勧めです。とお伝えしましたが、そのメニューに骨盤スクワットを取り入れたり、股関節周辺の筋肉をストレッチするなど、そういった運動を取り入れると良いかもしれません。

 

赤ちゃんが飲みたくなる質の高い母乳作りも重要

母乳ダイエットでは、いかに赤ちゃんがたくさん母乳を飲んでくれるかが鍵を握ります。女性の体は赤ちゃんが母乳を飲んでくれるたびに体の内側で新たな母乳が作られる。このようなサイクルになっています。つまり、赤ちゃんが母乳を飲まなくなってしまうと、母乳ダイエットも行き詰まってしまいます。それ以前に赤ちゃんが母乳を飲まなくなってしまうこと自体が良いことではありません。
そうなってしまわないためにも、赤ちゃんが飲みたくなるような質の高い母乳を作ることが大切です。質の高い母乳作りについては、こちらのページで詳しく特集されていますのでぜひ参考にしてみてください。

 

 

二人目の母乳ダイエットまとめ

確かに二人目の母乳ダイエットは、一人目の母乳ダイエットに比べて不利か有利かと言われたら不利かもしれません。しかし、二人目だからといって母乳ダイエットができないわけではありません。
ページ内でお伝えした母乳ダイエットのコツを取り入れることで、母乳ダイエットの効率もきっと変わってくると思います。ぜひ二人目の母乳ダイエットを成功させてくださいね♪

 

スポンサードリンク