産後ダイエットにもおすすめコンブチャ3選

産後の授乳中の比較的早い時期の産後6ヶ月は体型を一気に戻して
なおかつ妊娠前よりもスリムなプロポーションを作ったりすることができる可能性がある黄金期と言われています。

 

そんな時期にそのチャンスを広げるためにコンブチャを使いたいと思って
いらっしゃる産後の授乳中のママさんも多いのではないでしょうか。

 

そこでこのページでは授乳中に安心して使えるコンブチャを3つご紹介したいと思います。

冷たいコンブチャ

コンブチャは実際に海外セレブでもミランダカーや日本でも出産経験がある
山田優さんなどが実際に産後ダイエットに使って妊娠前よりもきれいになったんじゃないの?
って言われる位の効果があることを実証しています。

 

そのようなダイエットと健康管理のための非常に効果的な菌活ドリンクと呼ばれるコンブチャの中でも
特に安心して使える母乳の質を上げるための栄養補給としても使えるコンブチャを特集しています。

 

まず、産後の授乳中に使えるコンブチャを絞り込んでご紹介いたします。

 

産後の授乳中に安心して使えるコンブチャ3つ

産後の授乳中は、ある意味妊娠中よりも口にするものに対して気を使わなければなりませんよね。
その理由はやはり授乳中ということで、自分が口にしたものがそのまま母乳に反映されてしまうからです。
そこでここでご紹介するコンブチャは次のような条件で選びました。

  • 母乳の質を上げる栄養補給として使える
  • 添加物が極力使われていないもの
  • カフェインが含まれていないもの

シンプルなように見えますが、
この2つをクリアしている物を産後の授乳中に使えるコンブチャとしてご紹介いたします。

 

そのコンブチャは…

  • コンブチャクレンズ
  • コンブチャマナ
  • コンブチャスリム

この3つのコンブチャになります。
既にご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、
コンブチャクレンズは山田優さんが実際に産後ダイエットのために飲んでいたコンブチャになります。
そしてこの3つのコンブチャの中でドリンクタイプのコンブチャはこのコンブチャ9レンズのみです。

 

また、残る2つのコンブチャマナとコンブチャスリムについてはスティックパウダータイプのコンブチャとなっています。

 

一杯当たり1包で、それぞれ分泡タイプとなっているため、非常に高い安全性と衛生面での条件が整っており、
このパウダータイプの2つのコンブチャに関しては保存料すら使われておらず完全な無添加を実現しています。

 

(コンブチャクレンズに使われている保存料も離乳食のパック詰めに使われているような非常に安全な保存料です)

 

先程の条件の中で栄養補給という意味ではどのコンブチャも非常に優れているものです。
というのもそもそもコンブチャ自体が100種類以上の野菜や果物、野草といったビタミンやミネラル、ポリフェノールなどの
産後のダイエットや母乳のための血液の質の向上にも使えるため、授乳中の産後のダイエットには最適なコンブチャと言えるんですね。

 

またm中でもコンブチャマナについては、産後の授乳中にも必要と言われている葉酸を含んでいるケフィアという
ドイツ製の乳酸菌が含まれており、腸内環境の正常化による産後の便秘解消、むくみ、冷え性の改善など産後の授乳中にママの体の中で起こる悩みの改善にも効果が期待できます。

 

またこれらの3つのコンブチャはいずれも「母乳回の意向が心配されるカフェイン不使用」が特徴として挙げられるコンブチャで、
赤ちゃんの夜泣き、菜かな寝付いてくれないといった悩みにもつながりにくいコンブチャとなっています。

 

では、このページでご紹介したそれぞれのコンブチャについて軽く特徴をご紹介したいと思います。

コンブチャクレンズの特徴

コンブチャクレンズの特徴は、何と言っても『燃焼系スーパーフード・オーガニック・ボタニカル・ドリンク』というキャッチフレーズにも表れています。
10種類以上のスーパーフード、ビタミンCの爆弾とも呼ばれる『カムカムの実』
お砂糖の1.3倍の甘みを持つと言われる『オーガニックアガベ』
むくみの改善に効果的なカリウムを摂れる『ココナツウォーター』
冷え性や産後の体の回復期に起こる基礎体温の低下を改善してくれる『金時ショウガ』と『カイエンペッパー』の使用で身体を内側から温めてくれます。

 

さらに他のコンブチャに比べてケタ違いの『5兆個の乳酸菌』が含まれている
酵母菌によって熟成発酵させた200種類以上の植物由来の酵素、
産後の便秘改善に役立ってくれる食物繊維とさらに5兆個の乳酸菌を腸内で育てることができるオリゴ糖も含まれています。

 

このような働きで妊娠中にホルモンバランスの変化によって蓄えられた脂肪の燃焼に非常に効果的と言われているんですね。
また、栄養バランスにおいても、葉酸を始めとするビタミンB群をまんべんなく補給できることから、母乳の出も挙げられるという特徴持っています。

 

ただし、一杯当たり(原液30ミリリットル)のカロリーは48.6キロカロリーとちょっと高めになっているのがコンブチャクレンズの特徴です。

 

コンブチャクレンズの特集ページ

 

コンブチャマナの特徴

コンブチャマナの特徴は、生きた酵素や酵母菌、乳酸菌の働きで、より腸内環境の正常化という意味でダイエットに非常に効果的に働きかける特徴を持っています。

 

また、先ほども軽くご紹介しましたがスティックパウダータイプでいっぱいあたりの分包タイプにもなっているため
非常に安全性と衛生面が高くそのため完全無添加(保存料すら使われていない)といった特別な処方が目立ちます。

 

そのため、産後ダイエットにおいて安全性をなによりも優先したいという方には掛け値なしにおすすめできるコンブチャと言えます。

 

さらに150億個の乳酸菌とドイツ製のケフィアという特別な乳酸菌(酪酸産生菌)という長期熟成発酵された特別な乳酸菌も使っており、
このケフィアは葉酸も豊富に含まれていることから、産後の体の回復とデトックス効率の両面から産後ダイエットをサポートするダイエットドリンクということができます。

 

また、一杯当たりのカロリー(1包あたり17.3キロカロリーで全コンブチャの中で圧倒的な低カロリー)でありながら、味はあっさりとしたアップルティー風味で飲みやすさも特徴です。

 

コンブチャマナの特集ページ

 

コンブチャスリムの特徴

コンブチャスリムの特徴はダイエットとエイジングケア、菌活の3つのアプローチから産後ダイエットが安全にできるコンブチャとなっています。

 

日本人の体に最も合った創業245年の歴史を持つイチビキ醤油の醤油蔵から採取した酵母菌を使った国産の乳酸菌を使っているところが特徴です。

 

また乳酸菌の量自体も非常に多く3,000億個の乳酸菌(味噌由来)の乳酸菌で
昔からお醤油やお味噌、塩漬けのおつけもの、納豆などの発酵食品と古くから親しんで育ってきた
私たち日本人の体に最もなじみの深い乳酸菌を使っているというところが最も吸収力の高い乳酸菌ということができると思います。

 

また食物酵素500ミリグラム、紅茶キノコ1,250ミリグラム、そして乳酸菌を腸内で育てるために必要なオリゴ糖も250ミリグラム含まれており
「自然と痩せやすく太りにくい体」を作るための継続的な菌活をテーマに開発されたコンブチャということができます。

 

また定期購入は6ヶ月継続が条件となっていますが、初回500円というとても始めやすい価格というのも魅力の1つと言えるかもしれませんね。

 

コンブチャスリムの特集ページ

スポンサードリンク