コンブチャの飲み方を効果を上げるデトックスで!

このページでは、菌活ドリンクとして有名なコンブチャの産後デトックスダイエットに対しての最も効果的な飲み方により詳しく迫ってみたいと思います。
コンブチャは、酵素ドリンクと同じように酵素の働きによって体内の巡りを活性化させて老廃物のデトックスや、乳酸菌の働きによる腸内環境の改善正常化によって便秘解消の効果が期待できると言うドリンクです。
コンブチャにはドリンクタイプとパウダータイプの2つがありますが、このページではその両方のコンブチャに対して産後のデトックスダイエットと言う側面から見たより効果的な飲み方を詳しく見ていきます。

 

出産は最高のデトックス?

出産こそが最高のデトックスと言う意見もありますが、
それでも産後の育児中のママにとって1番の悩みであることが『便秘』でもあります。

 

これは妊娠中のホルモンバランスの変化によって起こった妊娠中の『蓄え体質』の影響が残っているからでもあり、
なおかつ産後の育児中の水分不足や生活が不規則になったことによる自律神経の乱れなど
いろいろな条件が影響しています。

 

またもう一つの要素としては、産後の割と早い時期の産褥期にお産のダメージによって
会陰切開や会陰裂傷などの傷の回復が遅れてしまったり、
妊娠中に赤ちゃんの成長に伴って大きくなった子宮が少しずつ元に戻っていく子宮の戻りなど
身体の回復に個人差があり思わしくない状態になることも考えられるといった側面もあります。

 

こういった状態であるにもかかわらず、産後の育児中は授乳間隔が
とても小刻みで赤ちゃんもまだ生まれてまもなくの頃は、
どうしても一度にたくさんのミルクや母乳を飲むことができないためこまめなお世話をしなければいけません。
このような変化もあり、
さらに疲れやストレスといったものも産後のママの体の中に
宿便や老廃物が溜まりやすい『デトックスが必要な状態』になります。

 

こういった産後のママの体の状態を考えるとやはり、
コンブチャの体内環境の活性化と正常化は、できるだけ効果を最大限にすることが必要になりますね。

 

そこでまずコンブチャの基本的な飲み方としてはデトックスの効果を上げるために、
通常のダイエットよりはコンブチャを薄めて飲む必要が出てきます。
というのも、産後の体型戻しのためにも水分をたくさんとって基礎代謝を活性化させる必要もあるからです。

 

新陳代謝のためには新しく細胞が生まれて古くなった細胞は
どんどん剥がれ落ちていったり老廃物として体の外に排出される必要があります。
そのためにも水分が必要になってくるんですね。

 

また水分が必要なもう一つの理由としては、先ほどご紹介した『産後の便秘を解消するため』と言う理由があります。
これは、母乳を体の中で作るためにも血液が水分として使われるためでそのためママの体は、
どうしても便を柔らかく保つための水分が不足しやすくなるんです。

 

またこういった便秘が続くことによる『体のだるさや疲れ』があるにもかかわらず
それでも赤ちゃんのお世話は待ってはくれないと言う理由もあり、
そういった状態で栄養補給と+水分不足の解消を同時に行わなければならないことから
バランスの良い栄養をとることができるコンブチャの特徴を生かしてそれを水分でより薄めて飲むことによって
水分補給と栄養補給の両方を叶えようと言う考え方なんです。

 

では具体的にどういった薄め方をしてどのくらい1日で飲めば良いのかと言う具体的な点について見ていきましょう。

産後デトックスのためのコンブチャの飲み方

産後のデトックスのためのコンブチャの飲み方として1番大切なのは、先ほどもご紹介した通りできるだけ『水分を多めに摂取する飲み方』を行うことです。

 

それと、もう一つはできるだけ冷たく冷やさないように少しぬるめの自分の体温より少し高い位の温度のぬるま湯で割るように心がけると良いでしょう。
また薄めに割るとご紹介しましたが、通常の場合コンブチャクレンズだと、計量カップ30ミリリットル(原液)に対して
お水が150ccから200ccなのに対し、ほぼ倍の量である300cc前後のお水がぬるめの白湯で割るようにしましょう。
もし便秘で悩んでいるならこのやり方が最も効果が期待できます。

 

またこの方法によってお通じが戻ってきた場合その後はさらにそれによって腸内環境がもっと改善されるようにヨーグルトを加えて
コンブチャをヨーグルトがけにして食べて乳酸菌をもっと多くとるようにしたり、
通常の食事をコンブチャに置き換えて置き換えダイエットなどを行うことによってさらにデトックスの効率を高めていきます。

 

このように効率を高めていくための産後ダイエットを含んだデトックスでできるだけ妊娠中に蓄えてしまった脂肪や水分といったものも同時に体の外に排出するようにしていきましょう。

 

さらに、妊娠中に起こったホルモンバランスの変化による蓄え体質によって蓄えられた水分は『むくみ』となって産後の体型戻しにも影響を与えています。
このような妊娠中に起こったむくみを改善するためにも産後ダイエット中は特に体を冷やさないようにすることが大切です。

 

妊娠中のむくみを産後に取る方法

先ほど妊娠中に蓄え体質になることで起こったむくみを取る方法のうちの1つとしてできるだけ体を冷やさないということをご紹介しましたが、これはできるだけ体を冷やさないことによって汗を積極的にかくための方法として捉えてください。

 

そして実はむくみが気になるからといってほとんどの方が抑えてしまう水分摂取を意識的に行う必要があるんです。
つまり、むくみが気になればなるほど、逆に水分量を増やしてあげなければもっとむくみが悪化してしまうことにつながるんです。

 

不思議な感じがするかもしれませんが、人間の体は塩分と水分によってミネラルバランス(体内の水分の浸透圧)を一定に保とうとしています。

 

これを『ナトリウムカリウムポンプ』という働きなのですが、この働きによって塩分をとればとるほどそして水分を控えれば控えるほど
どんどん体の中に塩分濃度が高まっていく分だけ余計に食べ物からでも
そして他の部分の血液や体液からでも水分をかき集めて体の中に留めようとしてしまうんです。

 

これが体の中で塩分を溜め込まないためのシステムとして働いています。ですので水分をたくさん取ることによって汗や尿を通して
水分とともに塩分を排出する事で効果的に『むくみを取っていく』ことができるんですね。
まずこの仕組みが根底にあるということを忘れないようにしましょう。

 

くれぐれもむくむから嫌だと言って水分量を抑えないようにしてください。それによる水分不足が便秘にもつながっているのですから。

スポンサードリンク