産後授乳期の場合白髪染め成分は確かに危険

妊婦の方にとってもそうですが、白髪染めの成分が危険なのは産後の授乳期の方でも同じことが言えます。
ですが、産後の授乳期は白髪が生えてきやすいタイミングでもあり、白髪染めをしている人がいるのも事実です。

産後の白髪染めはある成分が危険!授乳期でも安全な解決法

大丈夫なら私もしたいけど、本当に大丈夫なの?

 

そう思われている方も少なくないのではないでしょうか?
ただ、調べてみたところ授乳中の方にとって白髪染めの成分が危険なのは事実のようです。

 

ですが、授乳中の方でも安心して白髪染めをする解決策はきちんとあります。

 

そこでこのページでは、産後に白髪の成分が危険な理由や、授乳中だけども白髪染めをしたい!と言う方に向けて、安全な白髪染めの方法や白髪を予防する方法などを一緒に見ていきたいと思います。

 

目次

  • 産後の白髪染め成分が危険な理由
  • 一方で産後の白髪染めは問題ないという意見も
  • つまり産後の授乳期の白髪染めは100%安全ではない
  • 産後の白髪の仕組みからわかる日常の対策法
  • まとめ

 

産後の白髪染め成分が危険な理由

 

それではまず初めに、授乳中に白髪染めの成分が危険な理由についてみていきたいと思います。

 

一般的なヘアカラー剤に含まれているジアミン系染料には、強い毒性があります。
この成分には、

  • アレルギーを起こす
  • 発癌作用がある
  • 毒の強さが農薬の100倍以上
  • 欧米では使用禁止されている
  • 頭皮から吸収され体内に留まる

 

このような性質があります。
つまり白髪染めを行うと、これほどにも危険性の高い成分が母乳に混ざり赤ちゃんに行き渡ってしまうということも考えられます。

 

・・・しかし実際には、白髪染めやヘアカラーが授乳中の赤ちゃんに悪影響を及ぼすと言うはっきりとしたデータは出ていないようです。

 

とは言っても、1%でも赤ちゃんに悪影響がある可能性があるならやめた方が良さそうと考える方が多いと思います。
このような考えが広まり、一般的に授乳中の白髪染めが良くないと言われるようになっているんです。

 

一方で産後の白髪染めは問題ないという意見も

 

授乳中の白髪染めが危険な理由は先ほどお伝えした通りなのですが、そういった中でも授乳中の白髪染めは特に問題がない。
と言うお医者さんもいるようです。

 

そのような意見をお持ちのお医者さん曰く、確かにカラー剤には強い毒性をもつ成分があり、皮膚を通って体内に吸収されるものです。

 

ですが、それが突然大きな病気になるものではありません。
そのため、頻繁に使うのでなければ問題はなく、妊娠中や授乳中の方でも使っても特に影響はない。

 

と言うことなんです。
今ではこのような意見を持つ医師がとても多く、この考えが広まりつつあり、最近では授乳中の方でも受け入れる美容院が増えているようです。

 

先ほどお伝えしたように、カラー剤に毒性が強い成分が含まれていることや、その成分が体内に吸収されてしまうと言うことには変わりありません。

 

さらに、頻繁に使わなければ問題ないと言うだけであり、その頻度も明確になっていないため、100%安全と言うわけではありません。

 

つまり産後の授乳期の白髪染めは100%安全ではない

 

先程の段落からわかるように、授乳中の白髪染めは不可能ではないけれども、100%安全ではありません。
授乳中のお母さんは、生まれたばかりの大事な赤ちゃんに母乳をあげると言う使命があるため、1パーセントでも危険が伴うとなれば怖くなってしまうのも仕方がありません。

 

…とは言っても白髪が生えたままの状態はイヤ、できることなら白髪染めをしたい!

 

そういった方にお勧めな白髪染めの方法がヘアマニキュアを使う方法です。

 

最近のヘアマニキュアはオーガニックで安全性が高い

最近のヘアマニキュアは妊婦さんや授乳中のママさんでも安心して使えるような、無添加で天然成分で作られているものが多くあります。
なので、通常のヘアカラー剤のように毒性の強い成分を心配する必要はありません。

 

さらに、ヘアマニキュアの特徴として、成分の分子が通常のカラー剤よりも大きくなっているため、仮に悪い成分が含まれていたとしても頭皮に浸透しにくくなっているんです。

 

このような理由から、妊娠中や産後の授乳中のママさん達から、オーガニックのヘアマニキュアが大変注目を集めているんです♪

 

オススメは利尻ヘアカラートリートメント

 

いくつかあるヘアマニキュアの中でもオススメなのが利尻ヘアカラートリートメントです。
こちらは、先ほどお伝えしたように妊娠中や授乳中の方でも安心して使える無添加、天然成分の作りになっているヘアマニキュアです。

 

さらに、実際に多くのママさん達が利用しているということもあり、そういった面でも安心感が違います。

 

もしあなたがどんなものが良いか分からない。
そういった場合は、利尻ヘアカラートリートメントを選んでみると良いかもしれません^^

 

産後の白髪の仕組みからわかる日常の対策法

 

産後白髪になりやすい原因はいくつかあります。
中には日常の対策をとることで、その原因を攻略することも可能です。

 

そうすることで白髪の割合も減ってくるため、日常の中で何か対策がないかとお探しの場合は、以下の対策を試してみると良いかもしれません。

 

栄養のバランスを見直す

妊娠中は栄養のバランスがきちんと意識できていても、産後は忙しさなどから自分自身の食事の栄養バランスを崩してしまう方が多くいらっしゃいます。
さらに、髪に必要なミネラルなどの栄養なども母乳と共に赤ちゃんに優先的に送られていきます。
これらの理由から、実は栄養のバランスが乱れてしまう方が多くいらっしゃるんです。

 

ですが、髪の毛にとって栄養はとても重要で、特にチロシンと言う栄養が不足してしまうのは、髪にとってあまり良い状態ではありません。
この成分はチーズ、大豆、納豆、豆腐などに豊富に含まれています。
中にはサプリメントでこのような不足した栄養素を補う方もいらっしゃいます。

 

もしご自身が栄養のバランスが良くなかったと言う自覚があるのであれば、いちど見直してみると良いかもしれません。

 

ストレスを見直す

髪の毛がきちんと育つためには、髪の毛に必要な栄養素をきちんと補給しなければなりません。
またせっかく栄養をきちんと補給できても、頭皮や毛先にまで栄養が行き届かなければ意味がありません。

 

もしストレスが継続した状態だと、栄養を届けるための血管が収縮してしまい、十分に栄養が行き届かなくなってしまうこともあるんです。

 

だからこそ、ストレスとの向き合い方も白髪の予防には必要なポイントになってきます。
ストレスに溢れた日常の中でも、自分にとってストレスが解消できる内容を所々取り入れたりしてストレスを上手にコントロールしていけると、白髪の予防に効果的です。

 

まとめ

それでは、ここまでの内容をシンプルにまとめてみたいと思います。

 

  • 産後の授乳中に白髪染めの成分が危険な理由は、胎児に悪影響与える可能性がゼロでは無いため。
  • その一方で授乳中の白髪染めが特に問題ないという医師もいる。
  • 安全性を気にされる方には利尻ヘアカラートリートメントがオススメ
  • 日常的な対策を取ると白髪のリスクも減る

 

従来のヘアカラーは、確かに毒性の強い成分があります。
ですが、最近では授乳中でも特に問題がないと言う考えも広まりつつあるため、深く気にする必要もないのかもしれません。

 

それでも毒性の強い成分が気になる。でも白髪染めはしたい!

 

と言う方は、先ほど紹介した授乳中の方に支持されている利尻ヘアカラートリートメントを使って白髪染めをすることをお勧めします。

スポンサードリンク