産後ダイエットで美しくやせる為に

産後ダイエットは実はただしい方法、知識などで女性としてとても大事なポイントになるのです。

産後のタイミングは美しくなれるチャンス

このページでは産後ダイエットの最大の魅力を特集しています。産後ダイエットをただ単に痩せるため、体型が戻りさえすればいいと思ってやっていては損をするかもしれませんよ。
産後ダイエットではいいタイミングをつかめれば美しくなる最大のチャンスにも、近道にもなるので注目してください♪

 

出産を終え、女性にとっては今までといろんな環境が変わった産後の時期を迎えます。

産後イメージ

 

この産後の時期と言うのは、出産によって使ったエネルギーや赤ちゃんを体内で育てるために体のメカニズムが妊娠というモードに入った状態から回復する時期でもあり、ホルモンの変化や体の仕組み上、この産後こそ、上手に使ったら女性としても美しくなると同時に体型や体質を変えることすらできるタイミングなのです。

 

せっかくの体の仕組みなのでうまく向き合って産後のダイエットをただしく、効果もただやせるだけではない、美しくなりつつやせる方向に向けてみてはいかがでしょうか?

 

妊娠、出産と体としてはとても大きな変化があった妊娠出産期を乗り越えて、女性の体はこのタイミングで、再び大きな変化を迎えようとしているのです。

 

このタイミングをうまく生かして、出産したからもう女性としては見られないと言われないように、より美しくダイエットできるようにしていきましょう♪
産後ダイエットを最高のタイミングで、間違ってない方法で行うことによって、産後の生まれ変わるチャンスをつかむことができるんです。

 

間違った無理なダイエットをするのではなく、きれいに変化していく痩せ方を産後のこの時期にしていきませんか?

 

タレントさんやモデルさんのように、子供を産んだなんて信じられないような産後の体型や肌ツヤなどは、他人事ではありません。
きっとすごい金額のサロンに通っているんだよねって私も以前思っていましたが、正しいダイエットできれいになることだって可能なんです。

 

このタイミングは誰もが何度も経験することではありません。
うまくチャンスをつかんで、産後のママってイメージを払しょくするくらいきれいになっていきましょうね。

 

ただし産後という時期は気をつけなくてはならないこともあるので、やみくもにダイエット食品や無理なエクササイズなどで頑張ろうという事はしないでください!
出産によって体は体力が低下している状態だし、女性ホルモンの乱れは産後だからと言ってすぐには改善されません。

 

また、ダイエットの食品や飲料などは生まれた赤ちゃんに与える母乳にも影響を与えるために、その選び方も重要なものになるんです。

 

このサイトでは産後のママさん、授乳期のママでも安心して使っていただけるものを特集しているので
あなたの産後ライフを上手に乗り切るためにお使いください♪

 

 

産後は痩せたり、肌の再生にはおすすめといっても
ダイエットもきれい化も失敗する方もおられます。

 

次は産後ダイエットに失敗したり、全然きれいにならないよという方の声と
その原因などをみていきます。

 

産後ダイエットで痩せない方の原因

産後にしっかりと骨盤ベルトを使ったり、産褥体操や産後ヨガをしてみたり
たくさんのことをしても痩せないというママさんも確かにおられるんですよね。

 

また、最初の出産時は産後ダイエットも苦も無くできたけれど
次男の出産のときには全然体型も戻らないというケースもあります。

 

そのような産後ダイエットで痩せない原因というのはどういったところにあるのでしょうか。

 

  • 産後の骨盤のゆがみ
  • 妊娠中に衰えた筋力
  • 普段の生活の中での姿勢

 

この3つが産後ダイエットで成功を阻害している
最大の理由となります。

 

産後の骨盤のゆがみ

 

骨盤の歪みは、初産時には大丈夫という方でも
二人目以降の出産でゆがみやすくなる傾向があり、
それゆえ二人目以降の産後ダイエットの最大の敵でもあるんですよね。

 

出産が終えることで脂肪や水分をため込みやすい特徴のあるホルモンの分泌が終了すると思い込んでいる方は多く、それゆえ何もしなくても痩せれると思っていたら、太りやすい状態が継続してしまったというケースもあるのをご存じでしょうか。

 

これは骨盤が開いたままの状態になっていることで、体がまだ妊娠中だと認識してしまい、その結果太りやすいホルモンの分泌は続いてしまうんです。

 

産後に骨盤の話題が多くなったりするのはこのような理由があったんです。

 

妊娠中に衰えた筋力

妊娠中はお腹が大きくなることによって、普段の行動が制限されたり、あまり動きたくなくなっていくことにより筋力の低下が起こっています。

 

これは出産が終わることで急に筋力が増えるということはなく、筋肉の不足によって代謝も悪くなり、消費エネルギーの低下につながっています。

 

育児や家事で動き回っているというイメージもあると思いますが、その普段の行動や動きに、ほんの少しの工夫を施すことによって筋肉を増やすという意識がダイエットには必要となるんです。

 

普段の生活の中での姿勢

産後は体力の低下や育児や家事により、忙しい毎日を送ることになります。
普段赤ちゃんのお世話はしっかりとしていても、自分のケアとなるとおろそかにしている方が多いのでは?

 

特に姿勢が悪くなっていて、腰や首回りが常にこるという方はサンゴになって増加する傾向にあります。

 

この姿勢の悪化もダイエットに対しては悪い影響を与えてしまうんです。
姿勢が悪くなると血行が滞り、代謝も落ちてしまいます。

 

 

 

 

痩せる方と痩せない方の違い

先ほど痩せられない理由を見ていきましたが、中でも痩せやすい方と痩せにくい方に分かれていきます。
また帝王切開の出産と経膣分娩でも産後の経過は変わってくるため、ダイエットという点においても変化が出てきます。

 

経膣分娩のケースでは出産時に骨盤は最大に開き、おかげで反動が起こり徐々に元通りになっていきます。骨盤が閉まると体が妊娠は終わったんだなと認識してホルモンの分泌は妊娠前の状態へと変化していくんです。

 

その一方帝王切開での出産の場合は、体が出産を認識する前に赤ちゃんが生まれてくるため骨盤の戻りが遅くなる傾向があり、経膣分娩のケースより痩せにくい状態になってしまいます。

 

また、出産後赤ちゃんに対して授乳しているかそうでないかでも痩せやすさは違ってきます。

 

母乳をママの体内で作り出すには、1日当たりおおよそ800~1000キロカロリー消費されるためというのが大きな要因となっているのですが、そのあたりも自身と比べてみてはどうでしょう。

 

TOPへ