グルテンフリーダイエットの停滞期|授乳中の克服法は?

2017年の1月に放映されたダイエット総選挙を見て、
グルテンフリーダイエットを行ってみようと思った方も多いのではないでしょうか。

授乳中のグルテンフリーダイエットの停滞期対策

特に産後の授乳中のママさんは妊娠中に太ってしまった体型を
少しでも早く元に戻っしたいという思いがありますし、
実際にダイエット総選挙であれだけの効果を発揮しているグルテンフリーダイエットの魅力を目の当たりにすれば、
グルテンフリーダイエットをやってみたいと思うのも当然です。

 

グルテンフリーダイエットとは、
海外セレブや一流アスリート、モデルの方も行っているダイエット方法で、
血糖値を急激に上げてしまうグルテンを摂らないことによって
体に脂肪が蓄えられてしまうことを予防することが目的です。

 

またそうしていくことによって、妊娠中に蓄えられた脂肪を産後に燃焼することもできるので、
産後ダイエットにとっても非常に好影響を与えるダイエット方法であるといえますね。

 

ですが、そんなグルテンフリーダイエットでも
産後の授乳中に行っていても必ずダイエットの「停滞期」というのは訪れます。

 

そこで今回は、産後の授乳中のママや授乳が終わって、
通常の生地を行っている最中のママがグルテンフリーダイエットを行って
ダイエットの停滞期を迎えた場合の対処法を詳しく見ていきたいと思います。

 

グルテンフリーダイエットの停滞期とは

妊娠中に蓄えた脂肪が燃焼されにくくなってきたり、
体重が減らなくなってきたらグルテンフリーダイエットの停滞期と考えることができます。

 

ですが、だからといってその上でさらに過激な食事制限を行ったり、
急激に合わせて運動をし始めたりといった事はあまりオススメできません。

 

次の段落で、産後の授乳中や育児中に行える
グルテンフリーダイエットの停滞期の乗り越え方について具体的に見て行きましょう

 

グルテンフリーダイエットの停滞期が来たらどうする?

産後の授乳中や育児中は、睡眠時間が十分に取れないことであったり、
赤ちゃんがなかなか自分が思った通りの発育をしてくれなかったり
といったことで不安やストレスを抱えてしまっている場合も多いんです。

 

そこでいきなり過激な食事制限を始めてしまうと、
ストレスをさらに悪化させてしまうため、自律神経の働きが乱れてしまうことも。
すると、余計にダイエットの停滞期の影響を大きくしてしまうことも考えられます。

 

先ほども軽く触れましたが、グルテンフリーダイエットは血糖値を上げることで
インスリンによって血糖値が下がった分の芝生に置き換えられてしまうことを防ぐために
新たな脂肪蓄積がない分、今までの脂肪が燃焼、分解されていきやすくなる
というのはグルテンフリーダイエットの効果と仕組みなのですが、
血糖値が永遠に下がり続ける事はありませんし、
体が慣れてくればグルテンフリーダイエットの効果を実感しにくくなるということで
ダイエットの停滞期を迎えてしまったと感じてしまう方も多いかと思います。

 

その場合は、やはり体内酵素の活性化と水分補給によってデトックスを進めていくことが1番大切になってきます。
5月17日に放映された第2回のダイエット総選挙でも、
2連覇を果たしたMCTオイルダイエットのチームですら、
ダイエットの停滞期が訪れて苦しんでいたのご覧になった方もいらっしゃると思います。

 

そのダイエットの停滞期の理由は便秘だったのですが、
グルテンフリーダイエットの場合も、食生活のスタイル自体が変わってしまった分だけ
便秘になりやすいとも言えるんです。
もちろん便秘自体は、自分自身で明らかに具体的な症状を感じるものですので、
水分補給や体内酵素の活性化で体の外に老廃物でもある宿便が排出されていく働きを強める必要があります。
そうすることによって、便秘が解消されればお腹周りもスッキリと引き締まってきますし、
体が身軽になればその分気分も優れてきて授乳中や卒乳後の子育てに対しても良い影響を与えてくれます。

 

また体型戻しのためには、妊娠中に蓄えた水分もデトックスすることが大切ですので、
そのためにも水分補給は欠かせないんですね。

 

またヨーグルトなどの乳酸菌を取ることによっても腸内環境を改善して
便秘解消の効果を得ることができます。

 

この点は、ダイエット総選挙のようにチームリーダーの指示に従って、
指示されたこと以外のダイエットメニューを行ってはいけないと言った事はありませんので
自分自身便秘やむくみなどのダイエット停滞期が訪れやすい原因になる
体の症状を感じた場合は適宜行っていくようにしましょう。

 

ダイエット停滞期を乗り越えるには焦りが禁物

ダイエット停滞期はグルテンフリーダイエットの場合でも必ず訪れるということを先ほどご紹介した通りです。
ですがこの時に、慌てて急激な食事制限や断食を行う事はお勧めできません。

 

むしろこの場合はあせらず騒がず、今自分の体に起こっている
便秘などの症状があればそれを解消する事をまず最優先に考えて、
それらを解消して、まずは体調を整えていく事を大切にしましょう。

 

そのためのひとつの方法としては酵素サプリメントを使って
体内酵素の活性化を行ったり水分補給を積極的に行って、
デトックスの効果を高めていくといったことも
ダイエットの停滞期を乗り越えるための具体的な対策のひとつとして効果があります。

 

また、適度な運動として赤ちゃんを表に連れ出して
一緒にお散歩する(もちろん抱っこやベビーカーに乗せて)これは気分転換にもなりますし、
ママにとっては赤ちゃんを抱っこしている状態や、ベビーカーを押して歩くこと自体が
ウォーキングによる消費カロリーを上げる体に対しての負荷を与えることにもなるので、
適度な運動としてはオススメですよ♪

 

とにかく産後の授乳中や育児中に行うダイエットの最中に
最も避けなければならないのが「ストレス」であることを意識してあせらず、
そして戦略的にダイエットを実践していってくださいね。

スポンサードリンク