産後ケアをご存じですか?将来的に仕事にも!

産後ケアについてみなさんはご存知でしょうか?

 

産後ケアと言うのは、産後のママさんのボディーケアや
赤ちゃんのお世話のためのわからないことに対する相談やお手伝い、
またママ自身のストレスの原因になってしまう、家族からの手助けが得られないママに対しての
お手伝いといったことも全部含まれた内容になっています。

 

主に産後4ヶ月以内のママさんを対象にしているサービスとなっていて
デイケアで送り迎えサービスがあったり、電話相談も受け付けているそうです。
日本では今後各地で『助産院』として事業形態が伸びて行くということになりますね。

産後ケアとは

地方自治体などで産後ケア事業として、ショートステイやデイケアでの産後のお母さんのためのサポートをしてくれるところが増えています。

 

財団法人などもどんどん産後の不安なママさんをサポートする為のサポート体制を敷いているところです。
内容は様々ですが、産後のママさんの為の育児相談から、乳児のケアなど幅広く専門スタッフがアドバイスしてくれます。

 

現代は情報化社会と言ってもこのように実際にスタッフさんにあってアドバイスをもらえること自体とっても心強いですし、精神的に助かりますよね♪

 

初産のママで不安を覚えているママさんや、パパさんにはすごく助かったりありがたかったりするものです。
お住まいの地域に産後ケアのスポットがないのか確認してみるのもいいかもですね♪

 

また、お住まいの地域になくても一般社団法人日本産後ケア協会という団体があります。
とても助かるサービスを実施されているので、ぜひ参考にしてみてください。

 

このような施設としての産後ケアセンターはまだまだ全国には不足している状況ですが、
少子化が叫ばれている昨今、政府の方針として今後どんどん拡大していっていくそうなので、
都市部だけではなく、地方でも助産師さん常駐の産後ケアセンターは増えて行くようです。

産後のケア施設の今後の充実

産後に赤ちゃんの育児不安や出産を終えたママさんの体調不良があり、
ご家族などから支援を受けられない方など多くの方が産後、または妊娠中から不安に思われています。
育児は家族や地方自治体など周りの環境
すべて協力してもらい総体制で行っていくことが理想ですが、なかなかそうもいってられない方も結構おられます。

 

産後ケアは、こうした過酷な環境に置かれてしまっているママを助ける存在になって
ゆくゆくは『日本全体の100年計画ともいえる少子化対策』の決め手対策にもなるのでは?と期待されている事業なんです。

 

そこでここ最近登場したのが地方自治体が基本運営する産後ケアの施設です。
産後ケア事業の多くは、産後4か月未満の母子を対象に行われていて、

  • 母体ケア
  • 乳児ケア

育児相談・指導などを専門スタッフが行います。
ショートステイ(宿泊)、デイケア(日帰り)で利用できたりするところもあります。

 

こういった政府や地方自治体が産後のママさんや妊娠中の妊婦さんに、
しっかりアドバイスをしていくことは育児に対して不安に感じている多くの方の助けになると思います。

 

まだまだ都市部中心ですが、今後はこういった産後のママさんをサポートしていく施設もどんどん増えていくそうなので、
安心して育児にそして社会に安心してでられる世の中になっていくと考えられています。

 

そのためにも先輩ママさんや、話を聞きやすい環境など自分の置かれている環境の中で
利用できるものなどをしっかりと確認しておくことが重要になっていきそうですね。

産後ケアリストになってみませんか?

産後にとても助けになってくれる産後ケアの存在ですが、まだ今のところ都市部でしか上されておらず
これからどんどん日本の国策の1つとして日本全国に広めていくということが基本的な方針として決まっているそうです。

 

先ほども軽く触れましたが日本は今現在少子化に悩まされていて、
現在の政府の中にも少子化対策を専門に取り扱っている内閣府設置の組織があります。
これはテレビのニュースでもよく取り上げられているのでご存知の方も多いのではないでしょうか。
結婚率の低下や赤ちゃんの出生率の低下。
そして家族関係の社会資質自体が低下していることによって国のGNPやGDP自体が下がってしまうということなんです。
この流れがそのまま続いていてしまうと当然国としてはそのまま人口が減少していってしまうわけで、
日本国民の私たちの税金で運営されている政府からしてみれば、絶対にクリアしなければならない対策なんですね。

 

そのために注目されている事業のうちの1つが産後ケアなんです。
ですので、これからますます必要とされていく仕事であることは間違いないというところに結論的には落ち着きます。
社団法人産後ケア協会が取り仕切る形にはなっていますが実質は国がそのバックについているということになるんですね。

 

そしてこの産後ケアリストと言うのは国家資格でもあるそうです。
現在の介護福祉士と比べて、競争率が低い近くでもあり狭き門とは言えませんが、
事業としての価値は高まっていると言えるのではないでしょうか。

 

日本政府がこれから力を入れて取り組んでいく事業の1つとなっていますから間違いなく国策として伸びていく事業であり、
その資格を取っておくということが、現在の産後のママの大変さを自分自身の経験として、新たに後輩ママたちに対してフィードバックしてあげることで
自分自身の喜びにも今現在苦しんでいるママに対しての助けにもなります。

 

産後ケアリスト資格取得の詳細については下記のリンク先をご覧ください。

 

産後ケアリストの資格取得について

スポンサードリンク