授乳中のママに天然ハーブティーが人気になるわけ

赤ちゃんに授乳をする時期のママさんに天然のハーブティーが人気になるのをごぞんじでしょうか。
たまひよクラブなどの育児雑誌などでも見たことがあるかもしれませんが、これにはちゃんとした理由があるんです。

 

このあとしっかりと解説していきますが、授乳中のママさんがハーブティーを求める傾向にあるのは、
便秘の解消と、母乳をより出すためにという2つの目的があるのです。

 

妊娠中にママは便秘になりやすいと言われるのですが、出産を終えたあなたも経験したかもしれませんね。
更に産後にも便秘になりやすいというのを聞いたことはありますか?
妊娠中の便秘とは理由が異なるのですが、産後の便秘は母乳にママの栄養や水分を取られてしまうので、体に水分が不足している状態に気がつかないうちになっているんです。また、育児などの忙しさで、水分の不足しているママの体に、こまめに水分補給をすることができにくかったりとこういった要因が重なって便秘になりやすくなっていくんです。

 

こんな状態の授乳中のママが便秘を何とかしようと思っても、母乳への影響を考えると変な薬などは使うことができずに、同じような理由で添加物の入っているような便秘解消のサプリメントなども使うのを控えておきたくもなります。

 

そんな授乳中のママの便秘解消に注目されるのが、天然のハーブティーという理由なんです。
便秘は女性にとっては常に悩まされる病の一つとも言われたりもしますが、便秘のつらさに加えて、肌荒れ、冷え性、食欲不振などといったものまで引き連れてきてしまうのでやっかいなんですよね。

 

また、出産を終えたママさんにとっては便秘の解消を産後の体型崩れの対策としても使いたいという声も多いのも事実なんです。

 

また、母乳のためにもハーブティーはよく注目されるようになってきました。
ハーブというのはとても多くの種類があり、天然の薬草でもあるので、授乳期というとてもデリケートな時期に薬や処方箋のような
副作用を考えなければならないものではなく、体に安心して使えて、赤ちゃんにも問題がなく使えるという部分において人気が集まるようになっているんですね。

 

もちろん母乳のためにはハーブはどれでもいいというわけではなく、効果的なハーブティーの選び方が重要になってきます。

 

産後ダイエットにと、このサイトでは様々なものを提案したりしていますが、体にやさしく、きれいにという意味では天然のハーブティーも同じ目的でもあると言えます。
授乳中のママさんは赤ちゃんのお世話や出産による体力の低下だとか忙しかったりするので、無理はしないように体を大事にしていってくださいね♪

 

では、具体的に妊娠後期や授乳中のママさんでも、上記での便秘改善や母乳がたくさんでるように期待できるハーブティーというのはどういったものなのかを見ていきましょう。

 

妊娠後期や授乳期でもおすすめしたいハーブティー

妊娠後期や授乳期というのは、赤ちゃんへの影響や、母乳を作るママさんの身体への健康を第一に考えた食事や飲み物を考えなければなりません。
また、ハーブティーは様々なメーカーからたくさんの商品が発売されていて、その成分や配合比率なども各社様々です。

 

ハーブごとに注意したほうがいいものや、すすんで摂取したいものなどをまとめてもいいのですが、それらを実際に販売されているハーブティーと見比べて
選んでいくのはとても大変な作業になるので、わかりやすく管理人である私が実際に調べておすすめしたいハーブティーを選びました。

 

 

 

カフェインレスでも注意が必要なハーブティー

妊娠中や授乳中はカフェインやアルコールを避けるようにすることは誰もが知っているのですが、
カフェインレスの飲み物だって大事なこれらの期間には避けたほうがいい飲み物があるんです。

 

ペパーミント茶などのハーブティー

いきなりでびっくりしませんでした?先ほどは母乳や便秘解消、体型戻しなどハーブティーがおすすめだよと
言っていたのに飲んではいけないハーブティーってどういうこと?って。

 

ペパーミントというハーブは、ストレスや不安を和らげ、抗菌、抗炎症作用もあるので、
健康のためにも飲んでいる方も多いのですが、授乳中は母乳を作るのを妨げるといわれているんです。
多少ならいいとされていますが、なるべく避けるようにしましょう。

 

スギナが配合されている健康茶

スギナというのはつくしのことで、最近は様々なお茶が開発され、たくさんの成分がブレンドされている
健康茶が発売されています。カフェインが入っていないからなんか成分が多いほうがいいかもなんて思っていると、
間違った選び方をするかもしれませんよ。

 

本来スギナはミネラルが豊富でマグネシウム、カルシウム、カリウムがたっぷり入っているけれど
授乳中のママさんにはビタミンBなどの吸収阻害を引き起こしてしまうんです。

 

ビタミンB類というのは、お肌のためになるようなイメージがあるでしょうが、粘膜炎症・胃腸障害だけではなく
神経系の障害の懸念があるので、そういったリスクを母乳に含ませたらと考えたら怖くないですか?

 

正しいハーブティー選びをしていきましょうね!

 

 

スポンサードリンク