産後も葉酸は必要?摂り方や時期、安全性は?

産後の子育て中にも葉酸を摂ることが大切というのはご存じでしたか?

 

葉酸と言えば、妊娠中に重要な成分として多くの方が意識して摂取したかと思います。
もしかしたら、妊娠中にも『葉酸サプリで葉酸を摂っていた』という方も多いのではないでしょうか。

 

特に妊娠初期は、赤ちゃんの身体の根幹になる神経組織の脊椎(せきつい)を作るのに必須であることなど、
インターネットでも妊娠中の葉酸摂取についての情報がたくさんありますよね。

 

ですが、それと同時に
『産後は葉酸は摂らなくても良いの?もう出産して赤ちゃんも元気だから大丈夫だよね?』
と思う方もいらしゃるのではないでしょうか。

 

冒頭の繰り返しになってしまいますが、実は『産後のほうが葉酸摂取はもっと大事』なんですよ。

 

といっても、じゃあ産後の葉酸摂取はいつまで続ければ良いの?どのくらいの量が必要なの?
どういったものから摂れば良いの?などなど・・・疑問点もたくさん浮かんでくると思います。

 

そこでこのページでは、産後に葉酸が必要な理由や、いつまで摂れば良いのか
産後の葉酸摂取量、葉酸をサプリで摂るのが良い理由など、
産後の葉酸摂取についての疑問にしっかりお答えして行きたいと思います。

 

 

産後に葉酸が必要な2つの理由

先程の段落で産後の授乳期にも、葉酸が必要だという話をしました。

 

そこで、具体的に葉酸が必要になってくる理由を2つ解説していきます。

 

まず授乳期間に関しては、葉酸は母乳を作り出す血液の下になったり、母乳の栄養となって赤ちゃんの成長に関与することから、
葉酸が不足してしまうと、そもそも母乳が十分に作られなかったり、母乳の出が悪くなってしまうなど、赤ちゃんに対する悪影響も出てくるんです。

 

なお、そのような状況になると、赤ちゃんの知力や視力、体型など、主に成長の部分に大きな悪影響が出ると言われているんですよ!

 

次に、自分自身の体の回復についてです。
主に葉酸は子宮回復の向上に大きな力を発揮してくれる大切な成分だと言われています。

 

そもそも葉酸は、新しい細胞えと生まれ変わらせる細胞分裂をサポートする働きを持ち、出産によって受けた子宮のダメージを細胞分裂によって元の状態に回復させる効果があるんです。

 

そういったことから、葉酸をきちんと摂取している事は、産後の体の回復にも大きく関わっているんです。

 

そのため産後に葉酸をきちんと摂取することは母子ともに大切なことなんですね。

 

このように、産後の子育て中のママに必要不可欠な葉酸ですが、いつまで摂りつづければ良いのでしょうか。

産後の葉酸摂取はいつまで?

産後の葉酸摂取は、授乳中はずっと必要というのが答えです。

 

この理由は、赤ちゃんの母乳の原料がママの血液だからです。

 

葉酸は、ビタミンB群のひとつでビタミンB9やビタミンMという別名もあります。
主な働きとしてはビタミンB12と共同で骨髄(こつずい)で赤血球を作ります。

 

赤血球(ヘモグロビン)が酸素と一緒に結びつくことで栄養を運ぶことができるようになるために
葉酸とビタミンB12を一緒に摂ることが必要なんですね。

 

そのため、葉酸は『造血ビタミン』とも呼ばれています。

 

また、細胞分裂とタンパク質を遺伝子の設計図に従って再合成することにも関与しています。

 

赤ちゃんにあげる母乳はママの血液から作られているのですが、母乳のクオリティを向上させるには、血液の質を良くする必要があります。

 

そのため、産後の授乳中に葉酸が不足すると母乳の質が低下しやすく、赤ちゃんの成長曲線に影響を与えてしまう可能性が高くなります。

 

産後の葉酸の摂取量は妊娠中とは違うの?

既に知っている方もいらっしゃるかもしれませんが、実は葉酸には適切な摂取量が大切になってきます。

 

授乳中の1日あたりの葉酸摂取量は『340μg(※マイクログラム)』が推奨量と言われています。

 

妊娠中は、初期から後期にかけて『480μg』であることを考えると、多少は低くなっているのですが
通常の成人女性が貧血予防や健康維持のために葉酸を摂るべき量が『200~240μg』とされていますから
それに比べると、かなり高めの数値となっていますね。

 

とはいえ、葉酸も過剰摂取は良くありません。

 

葉酸の過剰摂取は、<b>1日あたり1,000μg~10,000μgを摂りつづけると“葉酸過敏症”という症状になると言われています。

 

葉酸過敏症の症状は、吐き気、発熱、じんましんなどの症状になることも。

 

ですので、不足するのは良くありませんが、摂り過ぎも良くないというのが葉酸の難しいところなんですね。

 

※1,000μg=1mg(ミリグラム)です。

葉酸の摂取にはタイミングも重要

産後にとても重要な役割を持つ葉酸ですが、摂取量を守ることも大切ですし、それ以外にタイミングもとても重要だということも知っておくと良いでしょう。

 

というのも、結論から言うと、葉酸を効率よく取り入れるのであれば、食事と食事の間の空腹時が良いと言われています。
なぜそうなのかというと、人間の体は空腹時に摂取した成分を体内に効率よく吸収する性質を持っています。なので、葉酸のような体に嬉しい働きを持つ成分は、体内に効率よく吸収してくれる空腹時のタイミングが好ましいんです。

 

そこで食事と食事の間のタイミングであれば、おそらく満腹ではないかと思います。このポイントを頭に入れて効率よく葉酸を摂取しましょう。

 

ただ、胃腸が弱い方は、葉酸を葉酸サプリなどで摂取した際に、胃腸の負担となってしまう可能性があるため、その際は食後が良いと言われています。

 

葉酸摂取にサプリが良い理由

葉酸は、1941年にビタミンの研究の中から発見された栄養素です。

 

緑黄色野菜の葉っぱに含まれる栄養素なのですが、
発見された当時にホウレン草から発見されたため『葉酸』という名前が付きました。

 

このように、わたし達が普段から身近に接している野菜から摂ることができるのですが、
妊娠中・産後の授乳中に葉酸を摂取するのは、サプリメントからが良いと言われています。

 

その理由は3つあります。

  1. 水溶性ビタミンのひとつで加熱調理や水分で壊れやすい
  2. 定量的に摂るためにサプリが便利で安全
  3. 身近な野菜から摂れるだけに残留農薬などの危険があること

このような理由になります。

 

葉酸は、水溶性ビタミン群のひとつで、例えばホウレン草から摂ろうと思った時に約2束必要になります。

 

普通に市販されている野菜には、農薬が含まれていたりする可能性もあり、
表面を洗うのは当然ですが切って『おひたし』などにする時も切り口から水分と一緒に流れ出てしまうので
仮に、上記の『2束』を毎日食べたとしても、実際に葉酸が摂れている量がどのくらいになってしまうのか分からなくなってしまいます。

 

もちろん、枝豆や焼きのりなど、他の食材にも含まれているのですが、
妊娠中や産後の授乳中の葉酸摂取量を満足させるには、それなりの量を食べなければならないので
ちゃんと、安定的に毎日、必要量の葉酸を摂ろうと思うと、それだけで毎日の食事を楽しめなくなってしまう事もあり得ます。

 

今、お話させて頂いた理由は

  • 安全に
  • 必要量を
  • 必要な分だけ摂る

ということを考えると、なかなか面倒なことになってしまいます。

 

このような理由があるため、葉酸サプリで葉酸を摂るのが良いと言われているんですね。

 

また、葉酸サプリを選ぶ際には、吸収率と安全性が高い
“モノグルタミン酸型”という葉酸』であることを確認してからにしましょう。

 

最近では、化学合成された葉酸を使用した格安の葉酸サプリもドラッグストアなどで販売されています。
こういった葉酸は石油系原料から作られた葉酸です。

 

繰り返しになりますが、葉酸サプリで葉酸を摂る場合は、『モノグルタミン酸型葉酸』であることを確認しましょう。

 

産後の葉酸摂取についてのまとめ

必ずしも葉酸を摂取しなければならないというわけではありませんが、このページで解説したように、自分自身と生まれたばかりの大事な赤ちゃんのためにも、適度に葉酸を摂取して行く事は必ずプラスになりますので、ここは妥協すべき点ではないと思います!

 

そして、葉酸の摂取も何でも良いというわけではないので、注意点や、葉酸サプリを選ぶポイントなどをきちんと押さえて摂取するようにしてくださいね♪

スポンサードリンク