あると助かる授乳用マタニティブラジャーの選び方

マタニティブラジャーはサイズ選び、素材、どんなタイプのものを選ぶべきかなど、ブラ選びを迷わせる要素がたくさんあるものです。
ですが、現在は産後(又は妊娠後期)で授乳の為に買うのであれば、サイズについては産後はバストサイズが極端に大きくなることも無いので、シビアになる必要も無いかもしれません。
現在のサイズに少しゆとりを持たせる感じで大丈夫かと思います。

 

このように、妊娠中と産後ではマタニティブラ選びのポイントなども微妙に変わってきます。
ここでは、産後に買う授乳のためのマタニティブラ選びのポイントなどを見ていきたいと思います。

 

授乳用のマタニティブラは主に3種類

一般的に授乳する時用のマタニティーブラは主に3種類あると言われています。
これからその3種類のマタニティーブラの特徴や詳細について簡単に見ていきたいと思います。

 

クロスオープンタイプ

このタイプのマタニティーブラは、ずらすだけで胸を出すことができるタイプであり最も一般的な構造だと言われています。
片手でバストをすぐに出し入れできる楽ちんさが特徴で多くの方から人気があるようです。

 

ただ、胸の大きい方にとっては、胸の張り具合によっては面したままキープしにくい場合があり、少し授乳しにくいと感じることもあるようです。

 

なおこちらのマタニティーブラはノンワイヤーなのに美乳になれるホールド感もあると言われています。
つけ心地も良く、授乳回数が減って外出する機会が増えた頃につけたいブラジャーです。

 

ストラップオープンタイプ

ストラップオープンタイプのブラジャーは、ストラップの留め具を外すことでカップ事ペロンとめくれてくれるタイプの画期的なブラジャーです。
バストをある程度支えつつ大きく開いてくれるため、バストが小さめの方でも釣れることなく授乳しやすいのが特徴です。
授乳のしやすさにこだわりたい方にはお勧めのブラジャーかと思います。

 

フロントオープンタイプ

これはそのままで前開き型のブラジャーです。
ハーフトップと呼ばれる短いタンクトップ型のものによくあると言われており、ジュニアブラジャーみたいな感覚でつけることができます。

 

このタイプのブラジャーは胸を大きく露出するため、1番自然な形で授乳できるのがこのタイプだとも言われています。
授乳も実際に簡単で、値段も安めの設定なので多くの方に人気があるようです。

 

産後に買うマタニティブラ選びのポイント

実際にお店や通販サイトなどでマタニティーブラを選ぶときに気にしたいポイントは、サイズ、素材、どのタイプを選ぶかです。
なお、サイズについては出産後からは大きくバストアップする事はほとんどないと言われていますので、極端なバストアップを想定してのサイズ選びをする必要はなさそうです。

 

次に素材です。基本的にマタニティーブラは妊娠中や授乳中の方のお肌の状態を考慮して作られているものがほとんどですが、その中でもつけた感じは微妙に変わってくるかと思います。

 

出産後間もなくは女性ホルモンのバランスが十分に安定していないこともあり、そういった時期はお肌もとても敏感になっているため素材は柔らかければ柔らかいほど良いと言えるでしょう。

 

最後にどんなタイプのブラを選ぶかです。
一言で授乳用マタニティーブラといっても、先ほどお伝えしたように様々な種類のマタニティーブラがあります。そしてそれぞれバストの出し方も変わってくるためどんなタイプを選ぶかで今後の授乳の際の手間に大きく影響してきます。

 

なお、授乳をしていて1番楽なのが添い乳だという声が多くあります。
そのため、手軽に添い乳ができるタイプのブラジャーを選ぶのもオススメかもしれません。
その際は、クロスオープンタイプで、再度オープンもできるカシュクール構造になっているブラを選ぶと良いかクロスオープンタイプで、再度オープンもできるカシュクール構造になっているブラを選ぶと良いと言われています。

 

サイドもカシュクール構造になっていれば、横からもブラをめくって胸を出すことが可能です。
様々なシーンでの授乳でもやりやすさがありますし、何より添い乳をする際は圧倒的にこのタイプがやりやすいと言う声が多く目立ちます。

 

先輩ママからのアドバイス

インターネットにある相談サイトで投稿されていた、先輩ママからのマタニティーブラ選びのアドバイスをここで1つ紹介したいと思います。
出産後の授乳中にこれを選んで良かった!というブラジャーがあれば教えてください。
と言う質問に対し、
私が付けていてオススメなのはタンクトップにブラジャーが付いているタイプのマタニティーブラです。

 

このタイプであれば寒い時期にブラジャーの上にタンクトップを重ねて着る必要もなく、余計な煩わしさもありません。
ネット通販では、タンクトップにブラが付いていてなおかつ暖かい素材を使っているマタニティーブラも売っています。

 

あと、クロスオープンタイプのブラも持っていました。どちらかと言うとタンクトップタイプの方がよく使っていましたが、寒い時期にはタンクトップタイプのマタニティーブラ、暖かい季節にはクロスオープンタイプのブラを使い分けると言うような感じでしたね。

 

マタニティーブラにも様々な用途に特化したいろんな種類のタイプがあります。
もしお金に余裕があれば、いろんなタイプを買ってみるのもオススメです。後々便利ですよ♪

 

このような回答がありました。
やはりクロスオープンタイプのマタニティーブラは多くの方に人気があるようです。

 

また、寒い時期には先程の紹介にはなかったタンクトップタイプのブラがかなり便利になってくるようですね!

 

ナイトブラを検討中の方、ちょっと待った!

ナイトブラと言えば、おっぱいの形が整う美乳をキープするためのブラジャーですが、授乳中はナイトブラはあまりオススメできないと言われています。

 

バストが大きくなっている授乳期の間にナイトブラを着けて美乳をキープしたい気持ちはよくわかります。
しかし、夜中授乳をすることを考えると、ナイトブラの場合は一々脱がないといけなくてとても面倒になります。

 

そうでなくてももし無理をしてつけたまま授乳をするとブラの形が崩れてしまい、今度はそれが自分の胸の形に悪い影響を及ぼすこともあります。

 

このように様々な理由から授乳中にナイトブラは使い勝手が悪いためあまりオススメされていません。

 

また、授乳期はバストアップ自体があまり好ましくない時期だと言われています。
なのでブラジャー選びも、授乳のしやすさを最優先にして選んだほうがよさそうです。

スポンサードリンク